1: 動物園φ ★2018/03/20(火) 14:04:39.70
韓国の人気コリアンBBQレストランが遂に日本上陸!「サムゴリプジュッカン」、渋谷にオープン

韓国・ソウルで2015年にオープンして以来高い人気を誇り、タイやマレーシアにも店舗を展開しているコリアンBBQレストラン、サムゴリプジュッカンが2018年3月16日(金)、東京・渋谷にオープン。スタイリッシュな空間でサムギョプサルやプルコギを中心としたコリアンBBQが楽しめる。


no title

サムゴリプジュッカンはBIGBANG、WINNER、iKON、BLACKPINKなどが所属する韓国の大手芸能プロダクションの日本法人、YGエンタテインメントジャパンが手がけるレストラン。シグネチャーメニューの「サムギョプサル」は独自の製法で熟成させ旨味を引き出した、柔らかい厚切り肉が特徴だ。特製のガーリックマスタード、アンチョビ、玉ねぎ唐辛子醤油、日本オリジナルのワサビクリームなどの4種のソースで味の変化を楽しめるほか、付け合わせに3種の小皿が。

また「サムゴリプルコギ」はテーブルに設置されたプルコギパンで味付けした肉を焼き、さらに甘みのあるオリジナルのスープで野菜や春雨を煮込みながら、野菜と牛肉の美味しさを一緒に味わえるもの。他にも「プジュッカンドンバブ(豚キムチチャーハン)」や「サムゴリキムチチゲ(キムチチゲ)」、シメには韓国式のそうめん「チョンヤンムルキムチグッス(カブと小松菜の水キムチそうめん)」など、本格的な韓国の味を体験できるのが嬉しい。

写真中央:「サムゴリプルコギ」1人前\1,500(2人前より注文可)
JFcIE0Q-1200

小豆、白玉、豆乳プリン、いちごをのせた日本オリジナルのスイーツメニュー「サムゴリパフェ」や、マッコリの飲み比べセットなど、フードメニュー以外も充実。店内では遊び心たっぷりの「サムゴリプジュッカン」オリジナルグッズなども販売されるので、そちらにも注目したい。食を通じて韓国の最新カルチャーを体感できる場、ランチに、ディナーにと活用できそう!

http://www.3geoributchers.jp/

https://spur.hpplus.jp/culture/news/201803/16/KQhXOVY/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

99_201411171020091: 動物園φ ★2018/03/20(火) 20:44:19.89
(機械翻訳)

文、ベトナムで戦争謝罪しないよう... 「ベトナムが要求していない」

ノーカットニュース 2018-03-20 17:47

「相手国の立場をまず考えなければならない」

[CBSノーカットニュース川ヘイン記者]

ムン・ジェイン大統領が22日、ベトナム歴訪へ韓国を離れる中、過去の歴史に対する謝罪や遺憾表明があるのかという観測が出てきた中で、「ベトナム政府はそのような(謝罪)の要求をしていない」と大統領府が20日発表した。

青瓦台の関係者はこの日、記者たちと会って、「相手国(ベトナム)の立場を考えなければならない」とし「韓国と日本の関係をベトナムにそのまま投影して『私たちはなぜ謝罪しないのか』と考えている部分がありますが、日本とベトナムは状況が違う」と述べた。

この関係者は、ベトナム政府は、私たちが日本側に「慰安婦」被害者のための真の謝罪を要求するとは異なり、私たちの政府に、このような要求をしていないことを説明しながら「でも、私たちは心に借金があるので、別のパスを介して、私たちの心を表現する」と述べた。

例えばODA(Official Development Assistance・発展途上国の経済発展などを目的とする援助)や災害発生時の米などの食糧支援などの部分である。 この関係者は、「ベトナムは韓国ODA支援国の中で1位」と説明した。

別の青瓦台の関係者も「ベトナムには、私たち国賓が訪問するたびに、この問題が引き続き発生がされるが、外交は一人でするのではなく、相手がいるので、相手の認識を考慮離れることができない」とベトナムが謝罪を要求していないと説明した。

彼と金大中大統領がベトナムを初めて訪問した当時を言及して "その時から、ベトナムの反応は「これからよろしくとされている」ということだった」と語った。

また、過去の問題が浮き彫りにされていることについて、ベトナムでの懸念を示しているという点も言及しながら「ベトナムの内部では、過去の不幸な歴史が浮き彫りにされていることを望まない立場を堅持してきた」と述べた。

これにより、ベトナム参戦のために文の大統領の別のリンゴはないと思われる。 ただし「心の借金」と表現するほどのベトナムとの経済協力などを強調するものと観測される。

一方、ベトナムの場合、私たちは日本軍の被害者であると逆に私たちが加害者の位置にあるので、民間人虐殺などについて謝罪しなければならないという立場が着実に提起されてきた。

文大統領のベトナム訪問日程が知られている直後に青瓦台国民請願掲示板にも、このような文が上がってきている。

http://news.nate.com/view/20180320n34913?mid=n1006

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: ザ・ワールド ★ 2018/03/20(火) 17:30:45.79
netgeek

加計学園問題を告発した後、元上司の加戸前知事に「ただの勘違い」と指摘された前川喜平氏が
「右傾化を深く憂慮する一市民@brahmslover 」という名前でTwitterの裏アカウントを所有していることが分かった。

2012年からの利用で反日発言がたくさん。こんな人物が文部科学事務次官だったとは…。

no title

brahmslover-6

rf

bandicam 2018-03-20 18-01-54-423

no title

問題のアカウントは「前川喜平」という名前を出さずに6人のみをフォローしている。その中には東京新聞・望月衣塑子記者も含まれており、お察しといったところ。基本的には自分の独り言を垂れ流すアカウントとして使っているようだ。

このアカウントは過去に多数、前川喜平氏のスケジュールと一致する発言を行っていたため、特定に繋がった。また、ごく一部の人間は昔からこのアカウントのことを知っていたようだ。

現在はアカウントが非公開にされ閲覧できなくなっている。netgeek編集部ではアカウントが非公開にされる前からひっそりと調査を進め、前川喜平氏の問題発言を集めていた。ざっと紹介していきたい。

(1)「天皇は廃止すべき」「安倍総理が君が代で仕事始めを行うのはグロテスク」
(2)前川喜平は極左の人間ということが分かる。
(3)制服向上委員会が好き。※「制服向上委員会」というのはアイドルグループ
(4)鳥越俊太郎を応援していた。
(5)靖国神社反対派。
(6)自身の立場と矛盾した思想をもっている。
(7)少なくとも2013年からずっと安倍総理のことが大嫌いなようだ。
(8)安倍総理にケチをつけたがる。こうしてTwitterで1人ひっそりと愚痴をこぼすのはひどく根暗といった印象。
(9)「百田尚樹は頭がおかしい」
(10)2014年も安倍総理が嫌い。
(11)「吉永小百合を総理大臣にしたい」

前川喜平氏としてはひっそりと自分の本音を垂れ流して憂さを晴らすために使っていたのに、加計学園問題の告発ですっかり有名になってしまい、ここに来て負の遺産で苦しむことになったといったところ。

アカウントを消すことさえしないものの、今ではフォロー申請をことごとくブロックして対応している。

なんとも虚しい人ではないか。総合的に考えるに、前川喜平氏は安倍憎しの気持ちを暴走させてしまい、安倍総理が不正をやったに違いないと思い込んでしまったのだろう。加計学園問題では結局、何の証拠も提示できず、「~だと思った」という主観を述べるにとどまった。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/03/20(火) 12:24:39.58
2018年3月20日(火) 6時20分

2018年3月19日、韓国・中央日報によると、ハリウッド映画「ブラックパンサー」の撮影を記念してウォルト・ディズニー社が韓国の釜山に設置したブラックパンサーの彫像が、何者かに壊され、撤去された。

記事によると、釜山映像委員会は18日、「釜山中区光復路に設置したブラックパンサーの彫像が16日夜から17日朝の間に破損された」と明らかにした。

彫像は土台から落ちて地面に転がっている状態で市民に発見されたという。片方の足首は完全に折れ、「見るも無残な状態」だったという。ウォルト・ディズニーは釜山で映画を撮影したことを記念し、先月の公開を前に同彫像を設置していた。

db007528-e4a6-41f2-867d-a30294928ecb

bandicam 2018-03-20 14-16-34-586

f12de60d-d0d9-4a28-993b-8bb2c413a74f

同委員会関係者は「設置から数日後に足の爪の部分が破損される事件があったが、約1カ月で完全に折られるという恥ずかしい事件が起きた」とし、「酔っ払いの犯行ではないかと予想している。ウォルト・ディズニーと協議した上で捜査の依頼や法的措置を決定する」と述べた。

韓国のネット上では壊された彫像の写真が急速に広まっており、ネットユーザーからは
「残念だ」

「市民意識のレベルが低い」

「国民性の先進化にはあと100年はかかる」

「今後、韓国で撮影しようと考える映画会社は現れないだろう」
などと嘆く声が上がっている。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2018/03/20(火) 11:16:13.04
食べ残したスープまで集めて...衝撃的なおかず使い回し
SBS 2018-03-20 07:42

<アンカー>
今このようなお店はほとんどないだろうと思っても、必ずまた新たに一つずつ出てきます。忠清北道清州の市外バスターミナルのレストランで、客が食べ残したおかずやチゲ(※)までリサイクルしている光景がカメラに捉えられました。

※肉・魚介・豆腐・野菜などを味噌(みそ)や唐辛子風味の調味料で煮込んだ朝鮮の鍋料理

CJBのク・ジュンフェ記者です。

<記者>
客が食べ残したおかずを捨てず、おかず容器に再び集めています。

bandicam 2018-03-20 11-58-42-796

おかずが間違って混ざったのか、容器をチェックして再び取り出しています。

このように集めたおかずをまるで新品かのように皿に乗せます。食べ残したおかずをそのまま出したりもします。

bandicam 2018-03-20 11-59-32-922

[元従業員:食べ残しの水キムチを捨てたら「なぜ捨てるんだ」と、残飯容器へ取り出して洗って出したこともあります。]

問題のシーンはまだあります。食べ残しのチゲを棚の下に隠されたボウルに集めます。スープまで余すことなく回収します。

[元従業員:罪悪感がたくさんありますよね。私なら食べません。]

しかし、レストラン側は意図的なおかずの使い回しは決してなかったと嘆願します。(中略)

このレストランでは、一日900回往復する市外バスの運転手とバス利用者まで、毎日数百人が食事をします。


http://news.nate.com/view/20180320n04372

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/03/19(月) 17:33:46.97
2018年3月19日(月) 17時20分 レコードチャイナ

2018年3月18日、韓国・ノーカットニュースは「バドミントン界で最も権威のある全英オープンで致命的なミスがあった」と報じた。

記事は「韓国バトミントン男子シングルスの看板選手であるソン・ワンホが世界で最も権威ある全英オープンで3位になったが、電光掲示板で選手を紹介する際に日本の国旗が使われる悲しいハプニングが起こった」と伝えている。

AKR20180318017500007_01_i

記事によると、ソン選手は17日、英国で行われた2018全英オープンバドミントン選手権大会男子シングルスの準決勝に挑んだ。しかしソン選手が入場する際、電光掲示板には韓国の国旗ではなく、日本の国旗が映し出されたという。

これについて、記事は「日本と韓国の特殊な関係を考えると、単純なミスで片付けられない状況だった」と指摘。

ソン選手について「現在は世界ランキング3位、昨年は1位を記録したほどトップクラスの実力を備えている」と説明した上で、「国際舞台で有名な選手であるため、国籍を間違えることは理解しがたい。世界で最も権威ある大会でのミスということがさらに残念」と伝えている。

電光掲示板に背を向けていたソン選手は気付かなかったとみられ、また競技後には掲示板に謝罪文も掲載されたというが、記事は「それにしても深刻なミス」と主張している。なおソン選手は同試合で中国選手に敗れ、決勝進出を逃した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは
「基本がなっていない」

「たとえ無名の選手でも許されない。本当に腹が立つ」

「英国は紳士の国というが、自国のことしか頭になく他国のことには無関心」

「自国に対するプライドの高さは英国が世界一。アジアやアフリカのことは国として扱ってくれない」

「ソン選手も見たかもしれない。スポーツの試合で精神面はとても大事なのに!」
など批判的な声が数多く上がっている。

また
「彼はとても有名な選手。ミスではなくわざとでは?」

「常識的に考えて単純なミスではない。故意にソン選手を侮辱したんだ」

「スポーツを政治に利用してはならない。韓国の担当者がすぐに抗議して試合を中断させるべきだった」
と主張する声も。

一方で「職員のミスだろうし、謝罪文まで掲載されたのになぜそこまで批判する?」と擁護する声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b583537-s0-c50.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2018/03/19(月) 16:10:08.29
香山リカ@rkayama
新聞、テレビ、出版社、医療界、役所にいる知人から、奇しくも同じ内容のメールが来てる。

「ウチの上司、安倍政権が終わったら我が身も危ないんで、いますごくイライラしてるんですよ。」

権力と癒着して威勢をふるう人たちを各業界に生み出したことこそが、現政権の問題だ。みなさん失脚でどうぞ。

https://twitter.com/rkayama/status/975214992600387584

79de0bf4

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★ 2018/03/19(月) 08:53:04.54
NAVER/中央日報(韓国語)

80代の在日僑胞の監督が慰安婦被害のハルモニたちの闘争史を映画にして、東京市民の涙を誘った。

JTBCの『ニュースルーム』は18日、東京市内のある小劇場で『沈黙、立ち上がる慰安婦』が上映される現場を紹介した。映画を見た日本の観客からはため息が漏れた。

no title

no title


映画を見た日本の男性客は、「日本は慰安婦問題と関連して何をやっているのか。(この映画を)早く色んな人に見て欲しい」と話した。


no title


この映画は東京市内でチャング(太鼓)を叩いて平和デモを行うイ・オクスンさんの姿など、20数年にわたるハルモニの闘争史を盛り込んだ。

パク・スナム監督は、「慰安婦問題はうんざりだと言う人に絶対に話したい事がある」とし、「知らなければいけない。(知らなければ)このような事があったという事自体がなくなるからです」と話した。

no title

パク・スナム監督は1991年に沖縄の慰安婦被害者ペ・ボンギさんを取り上げた映画『アリランのうた』を皮切りに、お婆さんをカメラに収めてきた。

今回の映画は2015年12月に韓日慰安婦合意が締結されるのを見て、20数年間記録しておいたハルモニたちの足跡を映画にしたと明らかにした。パク・スナム監督は、「勝手に韓日合意をした」とし、「それに対する怒りで(映画を作った)」と話した。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002805901

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ばーど ★ 2018/03/19(月) 21:26:24.87
500万人分の個人情報が中国業者に 年金情報入力を再委託
3月19日 19時05  NHK NEWS WEB

日本年金機構からデータ入力の業務を委託された東京の会社が、契約に違反しておよそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたことが厚生労働省などへの取材でわかりました。

日本年金機構は、去年8月、東京・豊島区にある情報処理会社におよそ500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報の入力業務を委託していました。

ところが、厚生労働省などによりますと、この会社は、中国の業者にデータの一部を渡し、入力業務を任せていたということです。

https://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/0/2/0280b46f.jpg

これらの個人情報は、公的年金の受給者が所得税の控除を受けるために日本年金機構に提出したもので、年金機構とこの情報処理会社が交わした契約では、個人情報を保護するため、別の業者への再委託を禁止していました。

厚生労働省によりますと、中国の業者から個人情報が外部に流出した事実は今のところ確認されていないということです。

この情報処理会社については、データの入力が進まず、少なくとも6万7000人の受給者が所得税控除が受けられず、本来よりも少ない年金しか受け取れない事態となっていて、日本年金機構が、中国の業者への再委託との関連など詳しいいきさつを調べています。

情報処理会社は、NHKの取材に対し「コメントできない」としています。

一方、日本年金機構は「現在調査中でコメントを差し控えたい」としています。

■「委託先の業者を厳格にチェックへ」

個人情報の保護に詳しい立命館大学情報理工学部の上原哲太郎教授は「国が集めた個人情報は本来、厳格に管理する必要があり、業者に委託する場合は入力が終わればデータを消去するなど細かい決まりが設けられているが、再委託をすると、こうした厳格なルールが及ばなくなるおそれがある。国や日本年金機構などは、委託先の業者が適正に個人情報を扱っているのか厳格にチェックしていくことが強く求められている」と指摘しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180319/k10011371391000.html

★1が立った時間 2018/03/19(月) 19:20:51.36
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521459720/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ