1: スタス ★ 2018/07/01(日) 12:39:03.43
Samsungの最新スマホ、端末内の写真を勝手に送信していることが判明
iPhone Mania

Samsungの最新スマートフォンGalaxy S9などが、端末に保存されている画像をユーザーの知らないうちに送信していることが海外掲示板サイトで発見されました。送信履歴が残されないため、ユーザーが気付くのが困難な問題です。


全画像を送信されたケースも

Samsungのフラッグシップスマートフォン、Galaxy S9やGalaxy Note 8のユーザーが、本体に保存していた画像が、連絡先に登録されている相手に勝手に送信されている、と海外掲示板サイトRedditユーザーが指摘しています。

画像は、Samsungのメッセージアプリで送信されているものの、送信履歴が残されていないため、写真を受け取った相手から指摘されるか、携帯電話キャリアの通信履歴などを確認しないと気付くことすらできません。

Redditには、同様の症状が発生したユーザーが書き込みがありますが、保存された写真全てを連絡先に登録された全員にばら撒かれたケースや、最近の写真だけが送信されたケースなどがあり、法則性は分かっていません。

原因はSamsungのメッセージアプリ?

問題の原因は、最近アップデートが配信されたSamsungのメッセージアプリの不具合ではないかと指摘されていますが、Samsungからの発表がないため、特定されていません。

仮にメッセージアプリが原因であれば、すでに報告されているGalaxy S9やGalaxy Note 8以外の端末でも問題が発生している可能性もあります。

仮に、この問題の影響範囲が広い場合、Galaxy Note 7のバッテリー爆発問題に続く社会問題になる可能性もあります。

メッセージアプリの設定変更で回避可能か

回避策としては、メッセージアプリが端末のストレージにアクセスするのを禁止するよう設定することが考えられます。

これによって、メッセージへのファイルの添付ができなくなりますが、保存された写真を知らないうちにばらまかれるのは避けることができます。

また、メッセージアプリのアップデートを行っていないユーザーは、次のアップデートまで見送ったほうが安全かもしれません。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14942706/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: (^ェ^) ★ 2018/07/01(日) 08:08:05.94
https://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/1/6/16b035cc.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/0/4/04e7b0f8.jpg

▼ネット上のコメント

・いいヤツはいいヤツなんすよね(´・ω・`)

・本当にその通りだと思います。どこの国だろうと、同じ日本人だろうと日本が嫌いな人は嫌いです。

・そうだ。その通り。韓国だけではなく世界各国も同じですね。他国人関係なく日本を好きな人は好きになる当然です。

・どの国でも、自国を嫌いな外国人を好きになる人はいないでしょう。

・高須先生、同感です!

・同じく私も韓国の方や日本に住む在日の方が嫌いな訳では無いです。反日なのに何故日本に住み続けるのか理解出来ないのです。

・高須氏は心の広い日本人です。多くの日本人は許容量を越えて疲れてしまっています!Σ(×_×;)!

・私もそうです。国籍で人を嫌いになったりはしない。誰に強要されたわけでもなく自分の意思で日本に住んでいるのに日本が嫌いで日本を貶す人はどこの国の人だろうと嫌いです。

・ほとんどの日本人は同意だと思います。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: カプチーノ ★2018/07/01(日) 10:32:08.26
6/29(金) 10:00配信

【ニューヨーク聯合ニュース】

韓国文化体育観光部傘下の海外文化広報院は28日(米東部時間)、ニューヨーク・マンハッタン32番街で「ニューヨークコリアセンター」建設のための起工式を開催した。

同センターの建設予定地で開かれたこの日の起工式には、金泰勳(キム・テフン)海外文化広報院長、朴曉星(パク・ヒョソン)ニューヨーク総領事、オ・スンジェニューヨーク韓国文化院長、現地在住の同胞、ニューヨーク市の関係者ら約130人が出席した。

2009年に敷地を買い入れてから9年越しの起工式となり、計771億ウォン(約76億円)の予算が投入される。完工は20年7月。

韓国文化を発信する役割をするのはもちろん、ニューヨーク、ニュージャージー州一帯の韓国同胞の文化人・芸術家に公演、展示、教育活動の機会を提供する予定だ。地下1階・地上7階、延べ面積3212平方メートルのニューヨークコリアセンターには、176席の公演場と展示室、図書資料室、講義室などが設けられる。またニューヨーク韓国文化院、韓国観光公社ニューヨーク支社などが入居する。

海外文化広報院は、06年から世界の主要な拠点地域に在外韓国文化院や韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院の海外支社など、文化芸術関連機関を一か所に集めてワンストップサービスを提供するコリアセンターの建立を推進してきた。

コリアセンターの建立はロサンゼルス(06年)、北京(07年)、上海(07年)、東京(09年)、パリ(18年12月完工予定)に続き、ニューヨークが6番目となる。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/07/01(日) 09:06:47.66
ソウルの小中学生に詳細な「慰安婦授業」は必要なのか
2018/07/01 05:09  朝鮮日報

「慰安婦は部屋に閉じ込められ、ひっきりなしに性的暴行受けた」
ソウル市、教職経験ない外部講師らを小中学校に派遣し「慰安婦授業」

ソウル市では来月から小中学校で旧日本軍従軍慰安婦問題の被害者に関する歴史教育をすることになった。対象は小学校5・6年生と中学生だ。
外部の人物がソウル市内の各校を訪れて慰安婦被害者に関する教育をするもので、そうした教育は今回が初めてだ。

しかし、教育を担当する講師に教職経験が全くない上、教育内容にあからさますぎる慰安婦被害の実態が含まれているため、小中学生には不適切だと指摘する声もある。

no title

同市の「慰安婦授業」の内容は、現行の教科書に出てくるものよりもはるかに詳細であからさまなものだ。教材の第1章から「旧日本軍従軍慰安婦を性奴隷とも呼ぶ」「慰安婦とは慰みと安楽を与える女性」と書いてある。さらに、残酷な被害事実もぼかすことなく書かれている。

「ベッドがやっと1台入るくらいの小さな部屋で、朝から晩までほとんど閉じ込められて過ごし、ひっきりなしに性的暴力を受けた」

「繰り返し性的暴行を受けたため、子どもを生めなくなる人も多かった」

「軍隊で使う物のように扱われた」

などの表現だ。

これに対して、今年の新学期から使用されている小学校6年生1学期の国定社会科教科書は、慰安婦被害者について「ひどい苦痛を受けた」とだけ説明している。

改訂前の教科書では、小学生には不適切だとの理由から、「従軍慰安婦」という名称すら使用していなかった。

専門家や児童・生徒の保護者らは「子どもの知的発達過程を考慮していない教育だ」と指摘している。クォン・イルナム明智大学社会科学学部・韓国青少年活動学会会長は「ソウル市の講義は性に対する価値観が確立される高校生以上でないと適当でない」と語った。

同市陽川区に住み、小学生の子を持つチョンさん(44)は「小学生に慰安婦被害者に関して詳しすぎる授業はいけない」と言った。

同市は、慰安婦関連教材の記述内容についてソウル大学人権センター所属のパク・チョンエ東国大学研究教授の監修を受けたが、各校の教育課程を管轄するソウル市教育庁や女性家族部(省に相当)とは協議しなかったという。 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

41: 名無しさん@涙目です。(公衆電話) [CN] 2018/06/30(土) 17:59:04.73 I
文大統領に重病説 米国防長官との会談まで中止、W杯独撃破もコメントなし
6/30(土) 16:56配信
夕刊フジ

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今週初めから、相次いで公式日程をキャンセルしたことが波紋を広げている。「疲労からくる風邪のため、休暇を取った」とされているが、朝鮮半島情勢が注目されるなか、同盟国である米国のジェームズ・マティス国防長官との会談まで中止となったのは尋常ではない。政界では、文氏の健康状態について深刻ではないかとの分析・憶測も流れている。


 《4日間公式席上に姿を見せない文大統領、何があった?》(中央日報、28日)

 《米国防長官との会談も中止、心配される文大統領の健康状態》(朝鮮日報、28日)

 文氏について、韓国メディアはこう報じている。

 中央日報の記事では、文氏が27日、モムサル風邪(=疲れによる風邪)で週末までのすべての日程を取り消したと報じた。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は同日、「文大統領がロシア訪問など過密スケジュールと累積した疲労により、モムサル風邪をひいた」と説明し、29日までの日程が中止、延期になったことを明らかにした。

 文氏は先週、ロシアを訪問し、22日にはウラジーミル・プーチン大統領と首脳会談を行っている。朝鮮日報によると、文氏は24日にロシアから帰国して以降、公式のスケジュールをこなしておらず、25日に予定されていた首席・補佐官会議は開催されず、翌日に釜山で開かれた26日の朝鮮戦争関連行事についても、天候悪化を理由に参加を取りやめた。

 27日には、サッカーW杯ロシア大会で、韓国が、前回優勝のドイツを相手に歴史的な勝利を挙げたにもかかわらず、文氏のメッセージは発表されなかった。28日に予定していたマティス氏との会談も中止となった。

 北朝鮮情勢が激動するなか、米国防長官との会談までキャンセルするのはただごとではない。


 朝鮮日報は、政界に「経済や北朝鮮問題など国内外で至急の懸案が山積している中、1週間も公式スケジュールをこなしていないということは、文大統領の健康状態が思ったより深刻なのではないか」との憶測が流れていると伝えている。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

no title1: シャチ ★ 2018/06/30(土) 22:46:44.46
6/30(土) 22:31配信 日刊スポーツ

 落語家の立川志らく(54)が、物議をかもしているサッカー日本代表の戦術に対する海外からの批判の声に、「他国に非難される筋合いはない」と反論した。

 日本はサッカーワールドカップ決勝トーナメント進出がかかるポーランド戦の終盤、ボール回しで時間稼ぎするかのような戦略を展開し、観客席からブーイングを受けた。日本は試合には敗れたが、勝ち点・得失点差で並ぶセネガルをフェアプレーポイントで上回り、グループ2位通過で決勝トーナメント進出を決めた。西野監督の大胆な采配が吉と出た結果だが、この消極的とも言えるプレーに対して海外メディアから批判が相次ぎ、ネット上でも賛否が分かれた。

 早々と1次リーグ敗退が決まりながらも最終戦でドイツを下す金星をあげた韓国代表と比較して日本代表を非難するメディアもあるが、志らくは29日、ツイッターで「韓国は美しい敗退で日本は醜い進出?冗談じゃない。その言葉こそあまりに醜い。韓国のドイツ戦の勝利は素晴らしい。だが勝ち負けに美しいも醜いもあるものか。サッカーファンでない私だがこういう言葉には腹がたつ」と怒りをあらわに。
「ポーランド戦の最後の戦法を非難出来るのはお金を払って見にきたあの場にいた客とセネガルの選手とセネガルサポーターだけ」と持論を展開した。

 その一方で、「ただね、日本のサポーターやファンはいろいろ言って構わないとは思う。私なんかより何倍もサッカーを愛しているのだから。負けてもいいからもっとせめて欲しかったとか。弱いチームが正々堂々と戦ってきたのだから急に弱者のやり方をするなとか」と日本のサポーターからの批判はある程度仕方のないものだとの考えを示した上で、「でも他国に非難される筋合いはないって事」と強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00254720-nksports-ent

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

Img7220_400x4001: かぜのこ ★ 2018/06/30(土) 18:00:57.53
小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント@konishihiroyuki
日本代表の他力本願に批判。
本当にがっかりは予選敗退確定のポーランドの無気力プレー。
失うものはないのだから、攻撃選手を投入し二点目を奪い、
自らの手で日本を叩き落とす気概があるべきだった。
安倍政権打倒の使命を放棄し、ソロバン弾いて闘うフリだけしている野党議員を見るようで残念だった。

小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント@konishihiroyuki
西野監督、半端ないって。セネガルが得点なら、監督は世界的批判を受け、
永遠に愚将の汚名を受けるリスクがあった。しかし、情勢を冷厳に見透し
予選突破の最良の選択として他力本願作戦を決断。己の損得を完全に超絶した真のリーダーシップ。
決断する気すらなく、責任逃れに終始する政治家に爪の垢を。

https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1012715832718135296
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1012896660261724161

※関連ツイート
安倍晋三 認証済みアカウント@AbeShinzo (18年6月29日)

決勝トーナメント進出、おめでとう!次も、頑張れ、ニッポン!

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2018/06/30(土) 19:25:36.17
【萬物相】「韓国、なんでこんなにうまいんだ?」
朝鮮日報

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で韓国対ドイツ戦の試合中、米サンフランシスコで働いている、サッカーのことをよく知らない妻の妹が妻にアプリでメッセージを送ってきた。「今、スポーツ・バー。朝起きて、前半戦が0-0だったって知って、駆け付けたの」。現地時間は午前8時過ぎ。「韓国がなんでこんなにうまいんだ」「イエローカードだなんてソン・フンミンが何をしたって言うんだ。悪い××め」「メキシコ人たちがみんな私の席に集まって来て、韓国を応援している」…。アディショナルタイムに韓国が2ゴールを決めると、「涙が出る。本当に勝ったの?」とメッセージを送ってきた。

no title

 賭けで損をしたとしても、こんなにうれしいことがあるだろうかと思う。試合前、韓国が2-0で勝つ確率よりも、ドイツが7-0で勝つ確率の方が高いと予想するブックメーカーが多かった。記者仲間同士でスコア予想をした時は、サッカー担当が長い記者ほど「ドイツが3・4ゴール差で勝つ」と言っていた。愛国心から韓国の勝利に賭けたのは、「ドイツ戦車軍団」の恐ろしさを知らない人々だった。

 「韓国人歌手PSY(サイ)の世界的大ヒット曲『江南スタイル』をメキシコ国家にすることになった」というフェイク・ニュース(うそのニュース)が飛び交っている。メキシコ国旗にソン・フンミンの顔を描いたパロディー画像・動画が多数アップロードされた。スウェーデンに負けながらも韓国のおかげで決勝トーナメントに進出したメキシコの人々は、韓国人を見つけては胴上げしたり、食事をおごったりしている。英BBCは「韓国の勝利に、ドイツを除く全世界の国々が喜んでいる」と伝えた。

 W杯予選で、中国やカタールにも負けた韓国が、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング世界1位のドイツにどうして勝てたのだろうか。韓国はシュート数など複数の指標でドイツに後れを取っていたが、「走った距離」では上回っていた。
スウェーデンとの第1節で103キロメートル、メキシコとの第2節で99キロメートル走った韓国は、ドイツとの第3節で118キロメートル走った。これはドイツの選手たちよりも3キロメートル多い。「ありとあらゆる非難を浴びたDF」金英権(キム・ヨングォン)は「チームメートが走っていけない所があれば、そこまでもっと走ろうという気持ちだった」と言った。このように、11人が前より少しでももっと走って奇跡を生んだ。

 しかし、その前に2試合負けていることについて、元韓国代表の朴智星(パク・チソン)氏は「10年・15年後を見据えて大々的な構造改善をしなければ、次のW杯でも同様の結果が繰り返されるだろう」と言った。韓国はW杯に出場している他チームに比べて基本テクニックが劣り、反則が多く、戦術能力も後れを取っている。ドイツに一度勝ったからと言って、こうした問題が自然となくなるわけではない。4年後、世界の人々が韓国の勝利を「大番狂わせ」「奇跡」と受け止めることのないよう、今から1つ1つ変えていってほしい。

閔鶴洙(ミン・ハクス)論説委員・スポーツ部次長


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

スクリーンショット-2018-06-26-15.30.461: ろこもこ ★ 2018/06/30(土) 14:57:57.27
Record China

2018年6月29日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ(GL)全試合が終了。日本を含む16カ国が決勝トーナメントに進出する。

今大会のGLでは、グループFのメキシコと韓国の試合で、韓国が24回ものファウルを犯したことが各国メディアで物議を醸した。また、日本は今大会で初めて導入されたイエローカードやレッドカードの枚数で決まる「フェアプレーポイント」でセネガルを上回り、決勝トーナメント進出となった。では、GL48試合を終えた中でラフな国、フェアな国はどこだったのか。ファウル数とフェアプレーポイントの上位と下位を見てみよう。

GL3試合の合計で、最もファウル数が多かったのは韓国の63回。以下、モロッコ(62回)、クロアチア(53回)、ロシア(51回)、パナマ(49回)が続く。一方で、ファウル数が最も少なかったのは日本の28回。
以下、ブラジル、スペイン、ドイツが29回で並び、サウジアラビア(30回)が続いた。

続いてフェアプレーポイントでは、パナマがマイナス11点でワーストとなり、韓国がマイナス10点で続いた。
以下、セルビア(マイナス9点)、モロッコ、クロアチア(共にマイナス8点)となった。逆に上位はマイナス1点でスペイン、ウルグアイ、サウジアラビアが並び、続いてドイツ、イングランド(共にマイナス2点)となった。なお、日本はマイナス4点となっている。

※フェアプレーポイント
イエローカード(警告)=マイナス1点
1試合でイエローカード2枚(退場)=マイナス3点
レッドカード(一発退場)=マイナス4点
イエローカードを1枚受けた後レッドカード=マイナス5点

もちろん、状況によっては必要なファウルやイエローカードもあるが、データからある程度その国のプレーぶりが見えてくるということもあるだろう。(翻訳・編集/北田)


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

Dgtc_KpUcAAh_vm1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/30(土) 14:53:11.14
ノーカットニュース(韓国語)

両チームとも唯一の1勝だった。2018ロシアワールドカップに出場した韓国サッカー代表チームは28日(以下韓国時間)、ロシアのカザンで開かれた組別リーグF組3次戦でドイツを2対0で撃破し全世界を驚かせた。翌日の29日にはポーランドがロシアのボルゴグラードで開かれたH組最終戦で日本を1対0で破った。

ライバル韓国と日本の16強進出がかかっていただけに、この二試合はサッカーファンの高い関心の中で行われた。よく見れば帝国主義列強に迫害された歴史を持つ韓国とポーランドが、お互いの代わりに第二次世界大戦・戦犯国ドイツと日本を順に倒したという象徴性を見出すこともできる。

ドイツとポーランドの国家対抗戦は「ヨーロッパの韓日戦」と呼ばれる。これまで韓日戦のたびによく見られた激烈な感情的衝突がドイツとポーランド戦でも競技場の内外で沸き立つ理由だ。

フットボール・リスト、リュ・チョン、サッカー専門記者は29日、CBSノーカットニュースに対し「ユーロ2008(2008年ヨーロッパサッカー選手権大会)当時、組別リーグのドイツとポーランドの試合で(ドイツ攻撃手)ポドルスキがゴールを入れた時、ポーランドの人々は『祖国にゴールを入れた』と怒った」として「ポドルスキはポーランド系ドイツ人なので、ドイツに対するポーランドの良くない感情が端的にあらわれたもの」と説明した。

リュ記者は「ポーランドは(地理的に)ドイツとロシアの間で長い間迫害を受けてきたのでこの両国と試合する時は韓日戦のように激しい反応を現わすことが分かる」と付け加えた。

第二次世界大戦当時のユダヤ系ピアニストの人生を通じてナチスドイツがポーランドで行った惨状を見せたロマン・ポランスキー監督作品「ピアニスト」(2002)。この映画でも広く知られたようにポーランドの歴史は36年間、日帝植民支配を体験した韓国と一脈通じる部分がある。歴史家シム・ヨンファンは同日、「ポーランドは分割の歴史を持った」として「絶対君主時代から帝国主義時代まで国境を接したドイツとロシアが2~3回もポーランドを分割したのでこの両国に怨恨が大きくならざるをえない」と伝えた。

シム・ヨンファンは「第二次世界大戦はヒットラー率いるナチスドイツのポーランド侵攻(1939年)から触発されたし、ナチのユダヤ人虐殺で悪名高いアウシュビッツ収容所もやはりポーランドにある」として「私たちが日本に36年間植民支配を受け、ポーランドは100~200年間、事あるごとに抑圧を受けたという脈絡上の差は多少あっても、長期的持続的な弾圧を受けたという共通点は明らかだ」と説明した。
(中略:戦犯国家ドイツと日本の異なる歩み)

シム・ヨンファンは「ドイツは戦争犯罪について徹底的に謝り、日本よりはるかに責任ある態度を堅持してはいる。しかし、ポーランドなど被害当事国の痛みが綺麗に消えることはないから私たちが日本に感じる感情と似たようなものがあるのだろう」と見た。特に「日本の場合、戦犯勢力が政権を継承したうえに、1990年代初期、社会党全盛期を通した改革政治の雰囲気が瞬間的に消えた後には極右政治が完全に位置した」として「冷静に言って、現在の総理安倍が退いても日本が改革されるかは疑問だ」と診断した。

彼は「今回のワールドカップで韓国がドイツに勝った日、ドイツ現地でこの試合を見た韓国の知人らの話を聞くと、雰囲気が良くないか心配したのと違い、ドイツの人々が『おめでとう』『うまかったよ』と話しかけてきたので『これが先進国の姿勢なのか』と考えたという。これに接しながら(徹底した自省と謝罪を通じて)文化を蓄積してきたドイツとそうではない日本の態度の差をもう一度痛感する」と強調した。

カザン(ロシア)=CBSノーカットニュース/パク・ジョンミン記者


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ