1:ななしさん ] 2022/08/07(日) 11:32:31.58
立憲民主党・小川淳也
「統一教会って、私学生の頃から、例えば原理研とか色々名称を変えたり、これカルトの特徴なんですけど、正体を隠すわけです。名称変更ってのはその最たるものですから」

bandicam 2022-08-07 11-58-11-816

https://twitter.com/saitoutakao523/status/1556099713371639809

本文を読む

1:ななしさん 2022/08/06(土) 22:46:27.57
広島に原爆が投下されてから77回目の「原爆の日」を迎えた6日、広島市中区の平和記念公園では、反戦・反核を叫ぶ団体がデモ集会を開き、拡声器を使ってシュプレヒコールを上げた。慰霊の日にふさわしい環境とは言い難く、平和の希求に名を借りた一方的な政治的主張が繰り広げられた。

原爆ドーム前で午前6時ごろから始まった毎年恒例の集会には、若者から高齢者まで、幅広い年齢層の男女200人以上が参加。「人間の鎖」ともいえる人垣の中でマイクを手にした男性は、「安倍(晋三元首相)は殺されて当然だ!」と叫んだ。周囲には「国民の戦争動員への道 アベの国葬反対!」と書かれたカードを掲げる若者らの姿も見られた。

デモの主催者「8・6ヒロシマ大行動実行委員会」は、過激派の強い影響下にあるとされる労働組合などで構成。集会のそばでは、そのデモに対する抗議として民族派団体が「8月6日は過激派の晴れの日ではない」と、デモ主催者と同様に拡声器で批判し、現場は騒然としていた。

原爆の投下時刻に合わせた同8時15分の黙禱(もくとう)の瞬間だけは静寂に包まれたが、その後、集会の参加者は岸田文雄首相を「弾劾する」として、デモ行進へ出発。式典に参列した岸田氏のあいさつ中にも「岸田は帰れ」などと連呼し、式典会場にまでその声を届かせた。


これに対し、「静かな8月6日を願う広島市民の会(市民の会)」は、趣旨に賛同する約150人が行進ルートの沿道で待ち受けながら、「静かに」と書いたカードを掲げ、無言の抗議を貫いた。初めて参加したという市内の女性(29)は「(デモは)あまりに攻撃的。鎮魂の日がおとしめられた」と漏らした。

一方、デモ参加者の埼玉県蓮田(はすだ)市の男性(57)は現政権が米国に追従して戦争準備を進めていると主張。「祈るだけで平和は訪れない」と、デモは正当だとの持論を述べた。

広島市では昨年6月、式典を「厳粛の中で行う」と定めた平和推進基本条例が施行されたが、デモを規制する法的性質は伴っておらず、実効性は皆無に等しい。市民の会代表の石川勝也さん(66)は「今のままでは、祈りの朝が冒瀆(ぼうとく)され続ける。行政に毅然(きぜん)とした対応を求めたい」と語気を強めた。

bandicam 2022-08-07 06-03-48-242

産経ニュース  2022/8/6 18:38
https://www.sankei.com/article/20220806-H62YHUSIKZPHBILA4WKVIYDBAQ/

本文を読む

4f8c87251:ななしさん 2022/08/06(土) 18:37:11.50
【ソウル時事】

韓国メディアは6日、朴振外相がカンボジアでの日韓外相会談で、日本が2019年に強化した対韓輸出管理の解除を求めたと報じた。


韓国外務省高官の話として伝えた。高官は「韓国が関係改善のために望ましい解決策を探す過程で、日本が輸出統制撤回を通じて誠意ある姿勢を見せる必要がある点を強調した」と語った。

2022年08月06日17時36分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080600441

本文を読む

1:ななしさん 2022/08/06(土) 17:48:07.81
岸田首相(自民党総裁)は、10日に内閣改造と自民党役員人事を行う意向を固めた。5日、複数の党幹部に伝えた。閣僚では松野官房長官、林外相、党役員では麻生副総裁、茂木幹事長を続投させる方針だ。首相周辺は「大規模な改造になる」との見通しを示した。

首相は党役員人事について、8日に臨時の党役員会と総務会を開き、一任を取り付ける。

内閣改造では、岸防衛相は健康状態を考慮し、交代させる方向だ。先の参院選に出馬せず、民間人閣僚となっている二之湯国家公安委員長と金子農相は交代させる。

一連の人事は当初、安倍晋三・元首相が銃撃されて死亡した事件を受け、8月25日の安倍氏の「四十九日」を待ち、9月上旬に行う方向で調整が進められていた。だが、新型コロナウイルスの感染再拡大や緊迫化する台湾情勢などを踏まえ、秋の臨時国会に向け、早期に体制を整える必要があると判断した。

岸田内閣の支持率は報道各社の世論調査で下落傾向にあり、人事の刷新で局面を打開する狙いもある。

閣僚らと「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との関わりが相次いで発覚しており、首相が人事でどう考慮するかが注目される。

首相は党内の各派閥のバランスに配慮した人事を行ってきた。7月の記者会見では、「厳しい課題を前にして、党の結束は大事にしていかなければならない」と述べており、最大派閥・安倍派などの処遇も焦点となる。


touitsu
本文を読む

yun1:ななしさん 2022/08/05(金) 16:46:16.84
【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが5日発表した調査結果によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は24%だった。前週に28%と5月10日の就任後で初めて30%を下回ったが、今週はさらに4ポイント下げ就任以来最低を更新した。支持率は6月第2週の53%から下落が続いている。

 不支持率は前週より4ポイント上がり66%となった。6月第2週には30%台前半だったが、上昇が続いている。

 保守系与党「国民の力」の支持層では、支持率が52%で不支持率(39%)を上回った。保守層と70代以上では支持と不支持が拮抗(きっこう)し、そのほかの回答者属性の多くで不支持率が支持率を上回った。

 不支持の理由は「人事」(23%)が最も多く、「経験と資質の不足・無能」(10%)、「独断的・一方的」(8%)、「意思疎通が不十分」(7%)などが挙がった。

 支持の理由は「一生懸命やっている・最善を尽くしている」(6%)、「前政権の克服」「経済・国民生活」「主観・所信」(いずれも5%)などだった。

 韓国ギャラップは不支持の理由に関し、尹大統領が夏休みに入る直前の先月29日に政府が打ち出した小学校入学年齢の引き下げなど、さまざまなイシューがあったと指摘した。就学年齢の引き下げを巡っては、保護者や教職員らの間で反発の声が広がっている。

 同社によると、朴槿恵(パク・クネ)元大統領が今の尹大統領と同じくらいの支持率となった時期は就任から約3年8カ月後の2016年10月(支持率25%、不支持率64%)で、友人による国政介入疑惑が高まったころだった。

 文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は就任から約4年後の21年4月に支持率が最低(29%)を記録した。

 調査は2~4日、全国の18歳以上の1001人を対象に実施された。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220805002000882?section=politics/index

本文を読む

1:ななしさん 2022/08/06(土) 09:00:14.33 I
2022年8月5日、韓国・ニューシスによると、韓国・現代自動車(ヒョンデ)の初の軽SUV「キャスパー」に欠陥の報告が相次いでいる。

国土交通部傘下の自動車リコールセンターによると、今月に入りキャスパーの車内の水漏れに関する欠陥報告が20件ほど寄せられている。雨の日に野外に駐車していたところ水漏れが発生し、エアコンのフィルターなどが濡れたという内容で、中には助手席のフロアマットの下にひどい水漏れが見つかったケースもあったという。

キャスパーをめぐっては、先月初めから振動に関する苦情も相次いで寄せられている。エアコンとリアガラスの熱線を同時に作動させると車が前後に激しく振動するというもので、「Dレンジで走行中にブレーキを踏み停車すると揺れがさらに激しくなる」との説明もあったという。

casper

今回の欠陥報告に関し、現代自動車側は「振動現象については確認済みで、水漏れについてはこれから確認する」とコメントした。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「水漏れに激しい前後振動…。どれだけ適当に造ったらそんなことになるのか」「これがメード・イン・コリアの現実?」と驚く声が上がっている。

一方で「軽自動車に多くを求めてはいけない」「だから車は高級車に限る。軽自動車はみんなそんなもの」「現代自動車が低価格車を造ると発表したときからこうなると思っていた。高い車でも欠陥が多いのだから」との意見も。

また、キャスパーは文在寅(ムン・ジェイン)前大統領が在任中に購入し売り上げアップに貢献したと報じられていたことから「文前大統領を信じて買った人たちはがっかりだね」「文前大統領があんなに絶賛していたのに、結局は不良品だった。ひどい詐欺師だ」「文前大統領は退任してすぐ買い替えたらしい」「そういえば文前大統領がキャスパーに乗る姿は一度も見たことがない」などの声も寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b898996-s39-c30-d0191.html
本文を読む

bandicam 2022-05-22 16-12-50-6781:ななしさん 2022/08/06(土) 08:49:22.63
2022/08/06 08:02 Edaily wowkorea.jp

 日本の国会議員が“日本は韓国の兄貴分”だと発言したことが分かった。

 5日付の朝日新聞は、衆議院で副議長を務めたこともある自民党の衛藤征士郎議員が「韓国はある意味、兄弟国だ。はっきり言えば日本が兄貴分だ」と話したと報じた。

 衛藤議員は4日、自民党の会合でこのような発言をしたという。そして「韓国としっかり連携し、強調し、韓国をしっかり見守り、指導するんだという大きな度量をもって日韓関係を構築するべきだ」と付け加えた。

 発言の意味を尋ねられた衛藤議員は「日本はかつて韓国を植民地にしたことがある。そこを考えた時に、日本は韓国に対して、ある意味、兄貴分みたいなものがある」と主張した。

 衛藤議員は「日韓関係は対等ではないのか」という質問に対して「日本国民は日米関係を対等だと思っているか」と問い返した。そして、「私は思っていない」とし、日本と韓国の間の一種の上下関係が日本と米国の間の関係のように形成されていると主張した。

 衛藤議員は「同じように日韓関係は対等だと韓国が思っていると、私は思っていない」とも主張した。自分のような認識が韓国にも存在するはずだという主張だ。

 衛藤議員は「日本は常に指導的な立場に当然立つべきだ」とも述べた。その理由として、衛藤議員は「経済力、戦後日本の国際的地位、国際機関における地位などすべての面を見ても、韓国より日本が上にいると考える」と明らかにした。

 衛藤議員は韓日議員連盟の日本側パートナーである日韓議員連盟にも所属している人物だ。今年5月に日本の議員団が訪韓し、ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領を表敬訪問した際にも同行していた人物だ。衛藤議員の父親は植民地時代に巡査として朝鮮半島に渡った人物で、自らも日本統治下の全羅南道のカンジン(康津)で生まれた。太平洋戦争終戦後に日本に移住し、1970年代から政治活動を始めたベテラン政治家だ。

 韓日議員連盟の幹事長であり「共に民主党」所属のユン・ホジュン議員は衛藤議員の発言に対して「非常に遺憾な発言をされた」として遺憾を表わした。


本文を読む

perp1:ななしさん 2022/08/05(金) 20:34:39.58
中国、ペロシ米下院議長と家族に制裁へ…「中国の主権と領土の保全損ねた」

【北京=田川理恵】中国外務省は5日、台湾を訪問したナンシー・ペロシ米下院議長について、「中国に重大な内政干渉を行い、中国の主権と領土の保全をひどく損ねた」などとして、ペロシ氏と家族に制裁を科すと発表した。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20220805-OYT1T50255/

本文を読む

aho1:ななしさん ] 2022/08/05(金) 17:36:49.42
歩み寄りのはずが…日中関係、一気に悪化 声を荒らげた王毅外相

 4日、日中外相会談が突然中止になり、中国軍の弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。9月末の日中国交正常化50周年を控え、関係改善へ歩み寄りを見せていた日中両国だったが、一気に悪化。今後の見通しは立たなくなった。

 ペロシ米下院議長が台湾を訪問した直後から、軍事演習という強力な対抗措置に出ていた中国は4日、さらに段階を引き上げた。

 この日の昼、中国軍は事前に通告していた「重要軍事演習」を開始。台湾周辺部の海域に向けて複数のミサイルを発射した。東部戦区が公開した動画では、弾道ミサイルが打ち上げられる様子が映っている。

 こうした動きを食い止めようと動いていたのが、日米などの主要7カ国(G7)だった。3日、G7外相による共同声明を発表し「緊張を高め、地域を不安定化させる危険性がある」と中国の行為を非難。台湾周辺での実弾による軍事演習に懸念を示していた。

「台湾の現状、日本に責任」と指摘


 中国はこれにも猛反発で応じ…

https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ84766DQ84UTFK01X.html

本文を読む

4f8c87251:ななしさん 2022/08/05(金) 10:43:07.58 I
韓日外相3回会ったが…強制動員に対する従来の立場貫く日本に韓国外相「困惑」

 韓日外相が1カ月余りで3回も対面したが、両国間の最大懸案である日帝強占期の強制動員被害者賠償問題に対する日本側の立場が変わる兆しが見えない。韓国最高裁(大法院)に意見書を提出し、被害当事者の反発に直面した外交部の悩みは深まるものとみられる。

 パク・チン外交部長官は4日午後(現地時間)、ASEAN(東南アジア諸国連合)関連外相会議が開かれているカンボジアの首都プノンペンで、日本の林芳正外相と35分間にわたり2国間会談を行った。両長官の会談は、先月インドネシアのバリ島で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会談とパク長官の訪日に伴う会談に続き、1カ月足らずで3回目となる。

 パク長官は会談後、記者団に「先月訪日した際、林外相と今後韓日両国の外相間の『シャトル外交』を通じた持続的な対話の推進に共感したことに基づいた会談だ」とし、「今日は短い時間だったが、両国間の過去を直視し、未来志向的に関係を発展させていくための案と、両国の懸案および相互関心事について真剣に意見を交わした」と述べた。さらに「朝鮮半島の状況が厳しいため、韓国と日本、そして韓米日3カ国の協力を持続的に進めていくことで意見が一致した」とし、「ASEANとの関係増進においても韓国と日本の協力がより重要だという点も確認した」と付け加えた。

 これに先立ち、林外相は同日午前に開かれた「ASEAN+3(韓中日)」外相会談で、パク長官に先に挨拶をするなど親近感を示した。しかし、午後の2国間会談では、韓日関係膠着の主な原因である強制動員被害者賠償問題と関連し、従来の立場から一歩も引かなかったという。

 日本側のこのような態度は、3日に自民党外交部会と領土に関する特別委員会が会合を開き、今回の会談に反対するという決議を採択したことで、すでに予見されていた。ただし日本側は同日の会談で「2018年の韓国最高裁の強制動員被害者賠償判決は国際法違反だ」、「韓国側が解決法を用意しなければならない」など、これまで繰り返してきた頑強な主張は展開しなかったという。

 外交部当局者は「(パク長官は)強制動員問題と関連し、早期解決のために日本側の誠意ある措置が必要だという点を強調した」とし、「日本側もこれに真剣に耳を傾けた」と語った。

 これに先立ち、外交部は先月26日、三菱重工業強制労働被害者のヤン・クムドクさんとキム・ソンジュさんに対する商標権と特許権の特別現金化(売却)命令事件を審理中の最高裁民事2部と3部に、解決策作りのために多角的に外交的努力を傾けているという内容を骨子とした意見書をそれぞれ提出した。事実上、最終判断を先送りしてほしいという意味だ。

 だが、被害者側に何の事前説明もしなかったため、被害者代理人団側は「信頼が損なわれた」として、強制動員賠償問題解決策作りのために先月発足した官民協議会に参加しないと宣言した。外交部としては内外で身動きの幅がさらに狭くなったということだ。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44211.html
本文を読む

このページのトップヘ