1:話題のニュース 2018/07/31(火) 20:48:28.96
レコードチャイナ

2018年7月31日、韓国・ニュース1によると、韓国の裁判所が、韓国を代表する巨大ロボットアニメのキャラクター「テコンV」について、日本のキャラクター「マジンガーZ」の模倣ではなく、独立した著作物であると判断した。

no title

ソウル地裁は同日、株式会社ロボットテコンVが玩具類輸入・製造会社の運営者Aを相手に起こした損害賠償請求訴訟で、原告の訴えを一部認め、Aに4000万ウォン(約400万円)の支払いを命じる判決を下した。

テコンVの美術・映像の著作権を持つ株式会社ロボットテコンVは、Aの会社が製造し販売した玩具について「テコンVに類似しており、著作権を侵害している」と主張し、訴訟を起こした。これに対し、Aは「テコンVは日本のマジンガーZを模倣したものであるため、著作権法によって守られる創作物に当たらない」と反論していた。

ソウル地裁は「テコンVはマジンガーZやグレートマジンガーとは違う独立した創作物、またはそれらに手を加えた2次創作物にあたる」と説明。また、「テコンVは登録された著作物であり、マジンガーZなどとは見た目に明らかな違いがある。さらに韓国の国技であるテコンドーをテーマにしているため、日本文化に基づいて作られたマジンガーZなどとは特徴や個性の面でも違いがある」と強調した。その上で「一般消費者の多くがAの会社の製品をテコンVと認識している」とし、「テコンVに関する著作権を侵害したため、損害賠償する責任がある」と結論付けた。

テコンVのマジンガーZ模倣疑惑は韓国のネット上でもたびたび話題に上がってきた。そのため、この記事を見た韓国のネットユーザーからは
「マジンガーZをパクったことは誰もが知る事実」

「パクリじゃないと主張することが恥ずかしい」

「韓国の裁判所だから当然、そう言うしかないだろう」

「時代のせいとはいえ、パクリキャラを自慢したら笑いものになる」

「昔は日本のすべてをまねしていた。恥ずかしい過去を消そうとするのはやめよう。何でも初めは模倣から始まるのだから」

「子どもが見てもパクリだと感じる。もう少し独創的だったら…」
など、裁判所の判断に疑問の声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)



1日1クリックで応援してね → 



2:ネットの反応
むしろ日本が卑怯な先回りをやった
というのが世界の共通認識であり人類の総意

71:ネットの反応
>>2
今回はさすがに2コメも苦労してるなwww

3:ネットの反応
ネトウヨってマヌケだよな
くだらないことにエネルギーを使ってる

154:ネットの反応
>>3
ブーメラン頭に刺さってますよ

13:ネットの反応
それでこそ韓国司法。
納得のクソ判決だよw

20:ネットの反応
韓国ネットが普通のことを言ってる不思議

66:ネットの反応
全くマジンガーZの脅威になってないんだからいいじゃないか。フランク三浦みたいなものだよ。

67:ネットの反応
アジアナンバーワンの民主主義国家を自負する韓国の司法www

138:ネットの反応
パクリって言うレベルじゃないだろう
あんな継ぎはぎ

141:ネットの反応
法治国家じゃ無いからな

194:ネットの反応
テコンドー自体が空手のパクリなわけだが

274:ネットの反応
こんなアホな裁判するヒマがあったらラオスの被災者を助けろ

310:ネットの反応
司法が全く機能していない
ただの感情論

315:ネットの反応
すべてがパクリ

269:ネットの反応
韓国人裁判長
「韓国人への愛はないのかー!」