1:ななしさん 2021/05/02(日) 08:07:59.04
文在寅の大失敗…お粗末なワクチン政策で、いよいよ国民から見放されている!
5/2(日) 8:02配信 現代ビジネス

4月17日、韓国防疫当局は、新型コロナワクチン接種に使われる予定だったドゥウォンメディテック社製の注射器70万個を回収すると発表した。事の発端は、2月27日に同社製の注射器に異物が混入されているのが見つかったこと。その後も異物混入の報告が相次ぎ、問題は21件にも上ったため、同社は自主回収に乗り出した。韓国防疫当局の判断は、それを受けてのものだ。

韓国で新型コロナワクチンの接種に使用されている注射器は、ドゥウォンメディテック社製と新亜洋行社製の2つである。韓国疾病庁は、ドゥウォンメディテック社から2750万個、新亜洋行社から1250万個、計4000万個のLDS(Low Dead Space/最小残留型)注射器の供給を、今年7月末までに受ける契約を結んでいる。

LDS注射器は、通常の注射器と比べて1瓶あたり1~2回分多く接種できるなど、貴重な新型コロナワクチンを無駄にすることがないとされている。

しかしワクチンを無駄にしない注射器であっても、異物が混入していては意味がない、それどころか、今回のこの問題は、ワクチン政策における韓国の失敗を多方面からあぶり出していると見られる。世界に向けて「K-防疫」をしきりにアピールする韓国。その実像に迫っていこう。




自分が使う注射器はちゃっかり…


文在寅大統領は3月23日に1回目のワクチン接種を受けている。最初の異物混入報告から1か月後ほど経った頃である。

文大統領の1回目の接種に使われた注射器は、新亜洋行社製だった。新亜洋行社のLDS注射器は米国食品医薬品局(FDA)とEU加盟国からお墨付きを与えられており、米国に月250万個を輸出するが、異物混入問題が起きたドゥウォンメディテック社は海外の認証を受けていない。大統領の身体に何かあってはいけないと考えたのか。万が一のことがあったら大変という意識の表れなのだろう。

no title

そもそも韓国政府は新型コロナワクチンの接種を開始する直前まで、国内企業のプンリム・ファーマテック社から注射器を購入する予定だった。文大統領が、2月18日にプンリム・ファーマテック社を訪問して注射器を視察し、「K-防疫の優秀さを改めて示してくれた」と激励した。

そのプンリム・ファーマテック社の注射器は1本当たり約78~97円前後だったが、政府が契約した2社の注射器は1本当たり約9~10円で、大幅なコストダウンとなる。実際、防疫当局関係者が「プンリム・ファーマテック製品は高くて国内の接種には使用できなかった」とコメントしたと韓国メディアが報じている。

急遽、仕入先を変更したわけだが、結果は先述の通りの回収騒動となった。安かろう悪かろうと言われても仕方のない決定が仇になった。

一方、そのプンリム・ファーマテック製の注射器も、保健当局の許可がないまま新工場の生産設備を1カ月以上も稼働させていた疑惑が4月23日に浮上した。何ともお粗末な大統領の激励になったのだ。

もっとも日本政府も同社に約8000万本の購入要請を行っているので、他人事ではない。

遅れまくりのワクチン接種計画

韓国は現状、他国と比べて思うような量のワクチンを確保できていない。

政権が目の仇にしている日本政府が4月18日に「9月までに日本の全対象者にワクチン接種が可能となるよう要請、実質的に合意がなされた」と公表したのを受けて、さらに焦っているようだ。

文在寅大統領は、4月26日の大統領府首席補佐官会議で「ワクチン問題を過度に政治利用化し、ワクチンの需給や接種に対し不安を煽るようなことがないようにしてほしい」と言及。野党がワクチン問題を過度に政治的に利用していると認識したうえでの発言だった。

文在寅大統領は会議の席上、「政府の計画どおり4月末まで300万人、上半期中に1200万人またはそれ以上の接種が施行されるかどうか、今後の動向を少し見れば分かることだ」と胸を張った。

また、「他国と比較することなく国内状況に合わせた計画を立て、計画通りに遂行していくことが重要である」と言い訳した。韓国の摂取率が世界最低レベルだと指摘して、攻勢を強める野党やメディアに手を焼いているのだろう。

韓国では4月28日時点で累計258万6769名がワクチンの一次接種を受けたが、68名が接種後に死亡し、副反応とみられる事例報告も累計1万5000件弱となっている。

一方、日本は4月18日時点で193万回余の接種が完了したが、死者は10名、副反応は88件で、韓国の報告件数がいかに多いかがわかる数値だ。

専門家で構成された新型コロナ予防接種被害調査班は、これまで死者68名のうち54件の事例を調査したが、そのうち52件はワクチン接種との因果関係が認められないとし、残り2件は判断を保留している。

愛想を尽かされた「文在寅ファースト」

新型コロナウイルスの大規模な感染を防いで、K-防疫のレベルの高さを自画自賛した文在寅大統領だったが、K-防疫やK-注射器の品質を保とうという意識はなかったのだろうか。注射器の不備やワクチン確保の不手際などで、国民の不安が高まっていることは間違いない事実である。

それにも関わらず、文在寅政権は、政策は筋書き通りだと主張し、今後も問題ないと苦しいアピールを国民に向かって続けている。

文在寅政権が、どれほど政策が計画通りに進んでいると釈明したところで、K-注射器もK-防疫も散々な結果となっている。さらには文在寅大統領自身が、国民を差し置いて安全な注射器を使用していたのでは、国民からの支持はさらに遠のくだけである。

今回の注射器の一件で、文在寅大統領の政策が、“韓国ファースト”ではなく“文在寅ファースト”だということが、ふたたび証明されたのだ。


21:ななしさん
ムンちゃんを信じろ

54:ななしさん
反日が足りないんだろ

65:ななしさん
外交の天才
内政の天才

とかホルってたのにな

83:ななしさん
ムン保有国の韓国破壊力

182:ななしさん
所詮は朝鮮人、やることなす事全て中途半端

221:ななしさん
能なしのバカ酋長ムンww

254:ななしさん
さぁ現金化で支持率回復だ!

308:ななしさん
免疫効果落ちる... 文、5週間でアストラ2次接種
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=023&aid=0003611485
良い92 馬鹿10790

通常1、2次接種間隔を11~12週間置くことが最大の免疫効果がでるとされる

354:ななしさん
日本人の支持率はうなぎ登りなのになぁ

378:ななしさん
俺はムンさんを支持するよ
牢獄行くまでは頑張ってほしい

37:ななしさん
韓米首脳会談で挽回するニダ