1:ななしさん 2021/07/15(木) 16:31:42.22
韓国首都圏に厳戒な「距離確保」第4段階が敷かれている。封鎖(ロックダウン)を除いて最も厳しい統制だ。それでも昨日は一日感染者が1615人で史上最大を記録した。デルタ株に対する安易な判断が生んだ災難だ。

唯一の対策はワクチンだ。だが「十分なワクチンが確保されている」という政府の大言壮語は嘘になってしまった。一日100万人以上のワクチンを接種するインフラを備えていても一日10万人も接種できないでいる。ワクチンが底をついたのだ。最悪のコロナ第4波の中で、今後も半月以上、ぞっとするような「ワクチン日照り」が待っている。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「短く太く」を約束したが、疾病管理庁が描くシナリオははるかに陰鬱だ。「7月末に1400人、8月中旬には感染者が2331人まで増える可能性がある」と警告した。だが、この最悪のシナリオすら、その2日後に崩れた。韓国政府の表情には、デルタ株の驚くべき拡大に一歩間違えれば統制不能状態に陥らないだろうかと当惑する色がにじむ。危険な夏「細くて長い」苦難の行軍が始まっている。

corona




先月24日は重要な時期だった。首相が本部長である中央対策本部〔中央災難(災害)安全対策本部〕と鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長が本部長の中央防疫対策本部は互いに交錯した立場を出した。

「国内のコロナ統制状態は安定的だ。デルタ株の比率も10%に至らず懸念する水準ではない。自営業・小商工人の被害が累積している」。中央対策本部は距離確保の緩和を継続して延期する必要はないと強調した。反面、鄭庁長は「デルタ株の拡大が懸念される。1回のワクチン接種だけでは安心できない。首都圏は防疫措置をもう少し強化する必要がある」と警告した。距離確保の緩和は時期尚早であり、まだ引き締める手を緩めてはいけないというシグナルを送った。

どちらが正しかったか分かるまでに1週間もかからなかった。感染者が突然790人を上回り始めたのだ。中央防疫対策本部の科学的な予測が現実として現れた。コロナ第4波を警告した金宇柱(キム・ウジュ)・チョン・ウンミ教授など民間専門家たちの警告も正しかった。これに対して、中央対策本部の予測は完全に外れた。なぜか。その直前の文大統領のK防疫「自画自賛」がその一因になったという指摘が少なくない。

欧州歴訪から帰ってきた大統領は6月21日の国務会議で「世界的な防疫模範国家としてK防疫は国際的標準になった」と自慢した。大統領は「消費クーポンなど全方向的な内需補強策を推進せよ」とまで指示した。このような雰囲気に誰も反旗を翻すのが難しかった。政治防疫に科学防疫が立つ瀬がなくなった。かえって中央対策本部は中央防疫対策本部の警告と正反対の方向に進んだ。ワクチン接種者の海外旅行を許容するトラベルバブルを予告し、首都圏には8人の集まりまで許容することにした。現場専門家の意見は反映されなかった。

政治防疫の結果は残酷だった。6月30日中央対策本部は午前に距離確保の緩和を発表して半日でこれを取り消した。10日後、感染者が1000人を突破して首都圏に「第4段階」の非常命令を下した。

野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表はコロナ大流行を「大統領の呪い」と言って非難した。険悪な表現だが、それでも完全に否定することも難しい。「コロナが流行する直前には必ず文大統領の新型コロナ終息予言やK防疫自慢があった」という批判が一定部分事実であるためだ。

昨年2月の第1波のことだ。医師協会などは中国人の入国を防いで感染源を断ち切るよう建議したが、大統領は「政府を信じて過度な不安は自制してほしい」と言った。「新型コロナは遠からず終息する」(2月13日)という楽観論も展開した。だが、5日後、新天地教会事態が起きた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)に映画『パラサイト 半地下の家族』制作チームを呼んでチャパグリを食べて破顔大笑をしたその日には、コロナで初の死亡者が出てきた。

第2波の昨年8月も同じだ。光復節(解放記念日)を3日連休にして商品券の散布とともに旅行奨励キャンペーンを張った。文大統領は8月11日、「われわれは封鎖をしないで世界で最も成功した防疫模範国になった」と自慢した。あいにく3日後から感染者が急速に増え始めた。ちょうどその時、おあつらえ向きの「スケープゴート」が登場した。保守陣営の光復節の光化門(クァンファムン)集会だった。青瓦台秘書室長はこれを「殺人者」だと責めて、責任を転嫁した。李洛淵(イ・ナギョン)当時民主党代表も国会演説でこのように述べた。「防疫の誠意と力を尽くして成し遂げたことに傷ができました。8・15光化門集会で新型コロナが再拡散しました。防疫を嘲弄し、拒否する勢力があります」。

第3波の時も同じような形だった。文大統領は昨年12月9日、「いよいよワクチンと治療剤で長いトンネルの終わりが見える」と楽観した。だが、3日後に感染者が1000人を越え、すぐに韓国に入ってくると言っていたワクチンは便りが途絶えた。病床不足で犠牲者が増え始めた。「ワクチンは安全性が立証された後に購入しても遅くない」という政府に対する民心の逆風が吹いた。青瓦台広報室は貧弱な釈明を出した。「昨秋から大統領が金を借りてもワクチンを確保しろと指示したが、実務陣の『うまく進んでいる』という報告だけが上がってきた」という面皮性の報道資料をよこした。

今回の第4波はこれ以上言い訳するところがない。政治防疫の土台がすっかり明らかになってしまったからだ。特に現政権核心支持基盤である全国民主労働組合総連盟(民主労総)の今月3日の不法集会が決定的だった。ソウル都心で8000人が集会を開いたが政府の対応は中途半端だった。第1波の新天地、第2波の時の保守陣営に対する殺伐な魔女狩りと全く違う状況だった。一歩遅れて大統領が「防疫措置違反に非寛容で対応する」と明らかにしたが、それも「民主労総」という主語を抜いてしまった状態だった。

最近、政府が裏で矛先を分からないように転じているのは2030世代だ。若者層の感染者が増加しているというのだ。だが、専門家の見解は違う。伝播力が2.7倍高いデルタ株ウイルスが優占種になっている状況で、本当の問題はワクチンがないということだ。国内外の専門家は「変異株であろうと何であろうとワクチン接種を早く終えるのが唯一の解決法」と口をそろえる。それでも政府は以前と「K防疫の核心は成熟した市民意識」という古いレコードを回している。ワクチン早期確保に失敗したためだ。

文大統領はモデルナCEOとの電話会談で4-6月期から2000万人分の供給を受けることにしたが、今まで到着したモデルナはまだ2%にも達していない。韓国政府は「今年合計1億人分のワクチンを確保した」と明らかにしたが、1次接種率は30%、2次接種率11%で横ばいだ。昨年12月末、高ミン廷(コ・ミンジョン)民主党議員が掲げた「4000万人ワクチン確保」という垂れ幕は今も笑いものとして引き合いに出される理由も同じだ。ワクチンが政治的宣伝物に変質したのだ。

ワクチン不足は今月末を超えてこそ一息つけるものとみられる。7月末~8月初め1000万回分が到着する予定だ。その時まで自営業者と庶民の阿鼻叫喚が高まるよりほかはない。半月の間、過酷な「距離確保」第4段階に史上最悪のワクチン日照りという二重苦に耐えなければならないためだ。それでも高齢者ワクチン接種がある程度進んで重症比率と致命率が第1~3波時に比べて減ったことは幸いといえば幸いだ。

第1~4波の共通分母は青瓦台が楽観論を主導したことだ。中央対策本部がその顔色をうかがって距離確保の緩和などを立案すると、青瓦台が最終承認して、必ず危機が訪れた。そして疾病庁が後始末に出て、かろうじて縫合した。このような悪循環の中で自営業者が犠牲になり、医療スタッフは魂まで入れ替えなければならなかった。

最近、翰林(ハンリム)大学医大の鄭ギ碩(チョン・ギソク)教授(前疾病管理本部長)は京郷(キョンヒャン)新聞報道を通じてこのように明らかにした。「疫学調査のような実務は疾病庁でして政策決定は他の所でする。中央政府では疾病庁がコントロールタワーではないようだ」。今年初め「ワクチン接種に関連し、疾病庁長が全権を持って全部署の指揮にあたってほしい」と述べた文大統領の指示と違う状況だ。

保守野党は今回の第4波を巡り、奇牡丹(キ・モラン)防疫企画官を精密打撃している。鄭庁長など現場専門家の意見が反映されず、青瓦台主導の政治防疫が繰り返される背景に彼女がいるとみた。

その結果、今回も民間感染病専門家と青瓦台の診断は交錯している。文大統領は「2週間、短く太く」を約束したが金宇柱、チョン・ジェフン、チョン・ウンミ教授などは悪夢の夏を占っている。伝播力が強いデルタ株に休暇シーズンの全国的な風船効果のためだ。専門家は「新規感染者が2000人を超えれば首都圏はロックダウン(封鎖)に入り、全国的にも第4段階に準ずる劇薬措置が避けられなくなるだろう」と懸念する。科学的であるべき防疫が政治的に汚染されて厳しい結果を招き始めたのだ。



6:ななしさん
キムチ(中国産)食ってりゃ大丈夫だぞ

7:ななしさん
文ちゃん保有国だから大丈夫。
文ちゃんを信じろ。

17:ななしさん
ワクチンハブとか言ってたのにどうした?wwwwwwww

32:ななしさん
瓶詰め工場から盗めば良いじゃん得意だろ

47:ななしさん
韓国政府て凄い嘘つきだね

96:ななしさん
エベンキはキムチ汁を注射しとけ。

117:ななしさん
世界中から期限切れ寸前のワクチンをかき集めればいいだろ

153:ななしさん
「ワクチン日照り」より「ワクチン干ばつ」という言葉の方が、何となく好きです
特に理由はありません!

343:ななしさん
本当に8月に1000万回のワクチン入ってくるの?

420:ななしさん
諦めてシノファームシノバック買いなさい

191:ななしさん
大丈夫、防疫の天才文ちゃんに任せておけば心配ない!