1:ななしさん 2021/07/30(金) 19:41:48.72
2021.07.29

供給に支障が生じたモデルナの代わりにファイザーワクチンを接種する医療機関が増え、一部の病院では医療センターから直接ワクチンを受けるよう案内が出て医療陣が反発しています。

コールドチェーンの維持がうまくいかない可能性があるという批判が出ているが、疾病庁は迅速な供給のためには仕方がなかったとし、問題のないよう管理すると説明しました。

シン・ジュンミョン記者がお伝えします。

(記者)

アイスボックスを持った医師が保健所から出てきます。

ボックスに入っているのは、ファイザーワクチン9バイアル、約50人分です。

温度計を取り付けていますが、35度を行き来する猛暑の中、2度から8度の間の適正保管温度を維持できずにワクチンが破損されるのではないかと懸念されます。

no title

医師A氏
「個数と関係なく、病院から直接配送してくれたらいいですね。私が直接来ればいいですが、一般職員が来ればどうしてもずさんになります」

ワクチンを受け取りに来た別の病院の看護師も不安な表情です。

看護師B氏
「ご覧のようにポータブルで温度チェックをしていますが、連絡を受けた時はとても呆れました」

no title




温度維持と衝撃保護が必須であるコロナ19ワクチンは、低温流通、いわゆるコールドチェーンを維持することができる専門業者を通じて委託医療機関から直接配送するのが原則です。

しかし、最近、メーカーの供給支障が生じたモデルナの代わりにファイザーワクチンを急いで追加供給しなければならないと防疫当局が迅速に出荷するために9バイアル、約50人分以下を受ける全国の委託医療機関6000ヵ所余りは、管轄保健所からワクチンを受け取るようにしました。

医療機関が直接受領しなければならない物量は19万7000回分。

医療機関は、検証された機器もなくワクチンを移送する過程で破損した場合の責任は誰が負うのかと反発しています。

医師C氏

「温度計持ってきて、箱に入れて持っていけとするから困惑します。輸送で少しでも間違えば場合、私たちが責任を負うが、どうすればいいのか…」

ワクチン接種過程全体に対する信頼を落としかねないという指摘も出ました。

チェ・ジェウク|高麗大学医学部予防医学教授

「製造から生産、流通、配送、実際の病院で接種及び事後管理監視までが(ワクチン接種)システムですね。そこで一つ間違っても全体的な信頼が落ちるわけだし。

防疫当局はコールドチェーンの維持に困難があるという指摘を受け入れながらも迅速な供給のためにはやむを得なかったと釈明しました。

ユン・ジョンファン|コロナ19予防接種対応推進団流通在庫管理チーム長

「迅速発送が必要な時です。それで、やむを得ず保健所を通じて、いくつかの委託医療機関に出荷されたことをご了承お願いいたします」

ただし温度計とアイスボックスの使用など移送時の注意事項を事前に案内したとし、問題が発生しないように徹底的に管理すると付け加えました。

10:ななしさん
ケンチャナヨ

12:ななしさん
冷蔵庫の電源抜けててもそのまま使うんでしょ韓国は

17:ななしさん
>>1
さいたま市なんか2~8度で保存しないといけないファイザーワクチンが、
冷蔵庫の温度が1度になってたからとの理由で廃棄処分にしたのに、
レベルが違いすぎてワロタ

29:ななしさん
なーに、かえって免疫がつく

39:ななしさん
アホだから仕方ない

56:ななしさん
お前ら自慢のキムチ冷蔵庫はどうしたんだよ

64:ななしさん
韓国は冷蔵庫のコンセント抜けていても普通に使いそう

70:ななしさん
インフルワクチンでも多数の死者だしてる奴らだからワクチンの管理なんて無理だろ