aho1:ななしさん 2022/01/03(月) 09:13:22.20
中央日報の新年世論調査で韓国与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補が最大野党・国民の力の尹錫悦(ン・ソクヨル)大統領候補を支持率で9.5ポイント上回り、誤差範囲外で優位であることが分かった。

中央日報が世論調査会社エムブレーンパブリックに依頼し、先月30-31日に全国満18歳以上の男女1010人を対象に実施した多者対決調査で、李候補は39.4%、尹候補は29.9%の支持率となった。約1カ月前の昨年11月26-27日の調査(尹候補38.9%、李候補36.1%)と比べて1・2位が逆転した。国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補は11月の調査より4.0ポイント上昇した10.1%と、初めて2けたの支持率となった。正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補は5.7%(11月の調査5.6%)、その他の候補は2.3%だった。

地域別には尹候補が嶺南(ヨンナム、慶尚道)以外のすべての地域で李候補を下回った。特に不動産問題による民心の離反が激しかったソウルでも李候補(36.3%)が尹候補(35.2%)をやや上回った。

年齢別には今回の大統領選挙のキャスティングボートと見なされている20・30代が李候補支持に移り、全体の版図を変えた。特に30代の回答者のうち44.3%が李候補を、20.1%が尹候補を支持した。尹候補は60歳以上でのみ優位だった。

それでも「政権交代」世論は依然として強い。「政権を交代すべき」という回答は48.4%、「政権を維持すべき」は39.5%だった。

党の支持率も「国民の力」が34.5%と、「民主党」(33.1%)をわずかに上回った。次いで「正義党」6.1%、「国民の党」4.0%、「開かれた民主党」3.5%の順だった。





「政権交代」世論(48.4%)と尹候補の支持率(29.9%)の乖離(18.5ポイント)は中道層とスウィンボート(無党層)の拡大とみられる。特に満18-29歳で浮動層(支持候補なし・分からない・無回答)比率が25.7%にのぼった。30代もこの比率が16.6%。大統領選挙での投票の意向を尋ねる質問では、昨年11月の調査と比較して「積極的な投票層」が小幅減少(86.0%→82.5%)した半面、投票する考えがないという「非投票層」は小幅増加(4.1%→6.1%)した。特に自身の理念性向を「中道」という回答者は、「消極的な投票層」および「非投票層」の比率(22.2%)が高かった。

「支持候補を今後も支持する」という回答は63.2%と、昨年11月の調査(64.2%)と似ていた。「支持候補を変えるかもしれない」という回答は35.6%(11月の調査35.1%)だった。候補別には李候補支持層の72.7%、尹候補支持層の75.4%が「今後も支持する」意思を表した。

一方、安候補の支持層では18.7%だけが「今後も支持する」と答えた。

昨年11月の調査では誤差範囲(±3.1ポイント)内の接戦だった李-尹候補間の差が今回は誤差範囲外で逆転したのは、得点よりも失点の影響が大きかった。李候補の上昇幅(3.3ポイント)に比べて尹候補の下落幅(9.0ポイント)が3倍にのぼった。

李-尹候補の2者対決を仮定した場合、李候補の支持率は48.0%、尹候補は35.1%と、多者対決よりも差が広がった。

https://japanese.joins.com/JArticle/286244?servcode=200§code=200

2:ななしさん
もう安心だね

3:ななしさん
もう前倒しして今選挙しようぜ

4:ななしさん
やったぜ、これで晴れて断交に向けて話が進むね

5:ななしさん
断交が捗るわ

13:ななしさん
愚民に相応しい愚かな国家元首が選ばれそうで何よりですわ

19:ななしさん
まあ誰になっても反日だし

34:ななしさん
よしよし、あの検事上がりはまともな思考で日本との友好を本気で考えてるみたいだからそんなのが次期大統領では困る

こいつならムンがぶち壊してくれた日韓関係に止めをさしてくれるのも期待できる

48:ななしさん
パヨク政権存続確定

韓国オワタ

56:ななしさん
ベーシックインカム導入なんてどう考えても出来る訳ねーのに、疑う気持ちとか無いのかよあいつらって

60:ななしさん
反日の奴がいいな