nidar1:ななしさん 2022/02/28(月) 16:27:36.59
韓国経済の「日本依存」が改めて浮き彫りになった。屋台骨の半導体産業は、2019年に日本政府が半導体素材などの輸出管理を強化して以降、「脱日本」にかじを切ったはずだが、逆に依存度が高まっていると報じられた。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟を申請して半導体分野のさらなる強化をもくろむ韓国だが、道のりは険しそうだ。

「サムスン半導体もLGバッテリーも…日本製の素材・装置がなければ生産ストップ」


衝撃的な見出しで日本への深刻な依存に警鐘を鳴らしたのは、朝鮮日報(日本語電子版)だ。

さらに同紙は、韓国が昨年、日本から輸入した半導体素材や部品、装置が395億ドル(約4兆5600億円)と、19年より66億ドル(約7600億円)増えたとも報じた。

9年7月に日本政府が安全保障上の理由により、韓国向け半導体素材の輸出管理強化したことを受けて、韓国は日本製品の不買運動にまい進するとともに、半導体素材などの国産化に踏み切ったはずだった。

文在寅(ムン・ジェイン)政権は20年4月、「日本の措置を克服できた」などと国産化をアピールしていた。21年5月には「K半導体戦略」として企業への技術投資を行うと約束。文大統領は「半導体メモリー世界1位の地位を強固にする」と大見えを切っていた。

朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「これまで基礎研究に興味を示してこなかった韓国が、仮に国産化できたとしても品質や価格を安定させ、商品化することは至難の業だ。結果として文政権の政策は口だけに終わったといえる。半導体産業の競争力を高めるためには日本を欠くことができないはずだが、自ら関係を悪化させ、不必要にリスク要因を肥大化させている」と指摘する。

K半導体戦略では、30年までに「総合半導体強国」になるとの目標も掲げており、その鍵を握るのが、TPPへの加盟だ。

半導体産業で韓国と競う台湾は、福島など5県産の一部食品について輸入禁止の解除を決め、TPP加盟に着実な歩みを進めている。

一方、文大統領は20年12月、「貿易の体力をさらに堅固に育てていかなければならない」などと半導体分野におけるTPP加盟の重要性を認めているが、韓国は現在も8県産の水産物輸入を禁じている。

TPP加入の可否は日本を含む11カ国の全会一致で決まる。そのため韓国は、関係が戦後最悪ともいわれる日本の了承を得る必要がある。

前出の松木氏は「TPPに加盟したいのであれば、福島県産などの水産物の輸入禁止措置の解除に加え、半導体素材における貿易管理体制の透明化が最低条件になる。それらができたとしても、反日感情を持つ国民と輸入依存度の高い中国の顔色をうかがいながら決断することになるため、次政権のかじ取りは困難を極めるのではないか」との見方を示した。

https://www.zakzak.co.jp/article/20220228-Q6ZPINESXBOYLF4TIDHVBTHARE/




2:ななしさん
はい

10:ななしさん
流石は後退国www

15:ななしさん
これまで何度も国産化の報道があったがまさか嘘なのか?

18:ななしさん
脱日本したらもっと依存していた
何を言ってるかわからねーかもしれねーが

31:ななしさん
月刊 国産化成功
創刊号はムン・ジェインのサイン付き

26:ななしさん
国産化成功とは?

36:ななしさん
この3年間で何回国産化に成功してるんだ

60:ななしさん
(^◇^)ワラウ

77:ななしさん
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 NO JAPAN!NO JAPAN!
 ⊂彡

83:ななしさん
日本が反対するのでTPPには絶対に入れない