index1:ななしさん 2022/04/07(木) 10:40:10.82
プーチン大統領、北朝鮮亡命の可能性を専門家が指摘 「極秘トンネル」を利用か
4/7(木) 7:15配信 NEWSポストセブン

 ウクライナ侵攻を続けるロシア軍が首都・キーウ(キエフ)から撤退したと報じられた。今後はウクライナ東部への部隊の投入を進めているとみられるが、この方向転換はプーチン大統領にとって想定外の事態だったと見方が多い。『プーチン 最後の聖戦』などの著書がある国際関係アナリスト・北野幸伯氏が語る。

「ウクライナ軍が健闘している理由は主に4つあります。一つ目は、ゼレンスキー大統領が逃亡しなかったこと。二つ目は、ウクライナ軍の士気の高さとロシア軍の士気の低さ。ウクライナ軍には、家族や同胞、母国を守るという絶対的正義がありますが、大義名分のないロシア軍は、命令系統の混乱もあって士気低下が著しい。三つ目は、欧米からの武器支援。特に携帯用対戦車ミサイル『ジャベリン』、携帯用地対空ミサイル『スティンガー』、軍事用ドローンの三つの武器がロシア軍を苦しめています。四つ目は、欧米からの軍事情報。ウクライナ軍は、米英軍から位置情報を与えられているようで、それによって効果的な奇襲をかけることができています」

 解放されたキーウ近郊の街で、ロシア軍による一般市民の虐殺が明るみに出たことを受け、欧米を中心にプーチン氏の「戦争犯罪」を追及する声が高まっている。窮地のプーチン氏にとって、敵はウクライナや国際社会だけではない。3月20日、ウクライナ国防省情報総局の公式フェイスブックは、ロシアのエリート層が毒殺や突然死などの方法でプーチン氏の「暗殺計画」を考えていると投稿した。

 内憂外患に陥っているプーチン氏の今後について、ロシアに詳しい筑波学院大学教授の中村逸郎氏はこう語る。

「考えられるのは国外への亡命でしょう。このままウクライナ侵攻で思うような成果が上げられなければ、ロシア国民がプーチン大統領に対して反感を持つのは必至。国内で雲隠れするのは難しくなる。

 では、どこに亡命するかといえば、可能性があるのが北朝鮮です。2013年にロシアと北朝鮮を結ぶ鉄道が開通した時は、同時に鉄道の地下にトンネルを掘ったとの噂も飛び交った。ロシアと北朝鮮はそうした秘密のルートをいくつか持っているし、金正恩はソ連時代の約110億ドルの累積債務の9割を免除にしてくれたプーチン大統領に恩義を感じている。もしプーチン大統領が亡命するとなった場合、北朝鮮は喜んで受け入れるでしょう


https://news.yahoo.co.jp/articles/8c2d7d999c80725c2f3539b2c4ca17258e5f492d




4:ななしさん
ねーよw

6:ななしさん
プーチンが黒電話の下僕に成り下がるのか

10:ななしさん
そんなことするぐらいなら自決するだろ

11:ななしさん
文在寅も亡命w

14:ななしさん
ロシア国内では支持率高いんだろ?
逃げる必要あんのかね?

15:ななしさん
中国に逃げるだろうな

16:ななしさん
なぜ偉大な祖国を去るんだ?

18:ななしさん
せめてベラルーシ

19:ななしさん
黒電話「指導者は二人も要らない」

24:ななしさん
妄想だけで記事書くなよ

33:ななしさん
どこの与太話だよ

41:ななしさん
いくら落ちぶれてもそこはないだろ

43:ななしさん
ワロタ、プーチンが北朝鮮で満足するわけ無いだろ

47:ななしさん
手間が省けていいな

55:ななしさん
プーチンが北に到着した頃には…
no title

63:ななしさん
教授?専門家?アホだろこいつ

89:ななしさん
字面が笑える