s-c304bbad1:ななしさん 2022/06/11(土) 09:56:29.64 I
■最悪となった韓日関係
■相手を説得する最善の方法は

地元のスーパーで韓国商品の販促イベントを見た。「韓国」という看板を制作して天井に設置し、韓国の飲食物を紹介する掲示物も張られていた。日本でよく目にする光景だ。

今や日本で韓国食材は日常生活に溶け込んだようだ。キンパ、ビビンパ、トッポギ、冷麺、プルコギ、チャプチェ、コチュジャン、韓国のりなど、スーパーに行けば韓国食材はいくらでもある。

テレビをつければ韓国ドラマが放映されている。台詞も韓国語そのままだ。学生たちはK-POPに合わせて踊り、カフェでは韓国の歌が流れている。韓国の歌手たちはよく日本にやってくるし、その客席は日本人でいっぱいだ。

民族の自尊心が満たされ胸が熱くなる。テーハンミングク(大韓民国)!しかしすぐ気がかりになる。日本人は本当に韓国が好きなのか。それなら日本政府はなぜ歴史問題で謝罪しないのか。なぜ徴用被害者への賠償を拒否するのか。

この矛盾を説明するためによく使われるのが「本音と建前」理論だ。「日本人は表向きは韓国が好きなふりをするが、本当は韓国が嫌い」ということだ。

本当に? 実際は好きでもないのに無理に韓国食を口にし、ドラマを見る? どう考えてもおかしい。そこから出てくるのが、「政治家-国民分離論」だ。

日本国民は韓国に友好的だが、日本の政治家たちのせいで韓日関係が悪化したというのだ。はたしてそうか。

現在、徴用問題や慰安婦問題に関して日本国内ではほぼ共通認識が形成されている。日本の5大新聞は左右のイデオロギーに関係なく、「最近の韓日関係悪化の一次的な原因は韓国にある」とどこも社説で主張している。

左派系の野党でさえ「まずは韓国側が問題を解決すべきだ」としている。世論調査の結果をみても日本国民の約3分の2は徴用と慰安婦問題については政界やマスコミと意見が同じだ。

日本人は矛盾だらけなのか。この問題の答えを探すために同じ質問を自分たちにしてみたらどうか。

韓日関係が悪いのは昨日今日の話ではない。過去十数年にわたり日本に対する好感度は最悪だった。しかし日本を訪れる観光客は多い。

コロナ前の日本への観光客は全体で年間ほぼ3000万人だったが、うち約700万人が韓国人だった。コロナによる規制が解除され日本ツアーはまた飛ぶように売れている。日本が嫌いと言いながら韓国人はなぜ日本に旅行に行くのか。

韓日関係が最悪となったここ数年の韓国の対応も日本人にはミステリーだ。国際政治の舞台で他国が韓国の言い分を聞かない場合、よく使われる手段が輸出禁止だ。通常は「制裁」といわれるが、簡単に言えば韓国の商品を使うなということだ。

太平洋戦争が起こる直前、日本に対して米国が使った手段も「輸出禁止」だった。相手に経済的な苦痛を与え、それによってこちらの言い分を聞かせる外交手段の一つだ。

ところが韓国政府の高官は「竹槍を持とう」と言いながら輸出禁止はしなかった。政府次元で日本に打撃を与えるような措置は事実上全くなかった。当時の韓国ではビールや衣料などの消費財で市民によるボイコット運動が行われただけだった。





日本のビールを飲まなければ日本経済に打撃になるのか。アサヒビールを生産するアサヒグループの年間売り上げは20兆ウォン(約2兆1000億円)だが、韓国に輸出される日本のビールを全て合計してもわずか数百億ウォン(数十億円)だ。

それでもしばらくストップしていた輸入もわずか2年で元に戻った。素材、部品、装置で独立すると言いながら、日本からのこれらの輸入は増加を続けている。

「今度こそ韓国が世界で本当に日本経済に打撃を与えるのでは」と内心緊張していた一部の日本人も、最近は「韓国で騒がしい反日は日本に対してではなく彼らが国内で争う時に使うスローガンだったようだ」と受け取っている。

全く理解できないからだ。「竹槍」を持つと言いながらそれを実際に振り回すことはなかった。

文化に対する韓国側の態度も日本人には矛盾だ。日本のテレビに韓国語が登場すると喜ぶのに、韓国の地上波で日本のドラマは見ることができない。

韓国のガールズグループに歓声を上げる日本の若者を見ればうれしいのに、韓国では日本語の一つの単語でも入った歌はラジオで聴けない。

日本で韓国語の看板を見ると気分がいいが、韓国で「おでん」「寿司」は不純な言葉で、純化の対象とされている。韓国は「韓日の文化交流を増やそう」と言っているが、日本人からすると韓国は一方的に文化を輸出するだけではないか。

今後も日本人が韓国の歌をたくさん聴き、キムチをたくさん食べたからといって韓日の以前からの外交問題に日本政府が立場を変えることはないだろう。問題の本質が違うからだ。だからといって軽々しく「政治家-国民分離論」を主張すべきでない。

日本人の大多数が韓国人と考え方が違うことを認め、日本人に直接こちらの立場を説明する積極的な姿勢を持つべきだ。

同時に韓国も心を開かねばならない。相手を説得する最善の方法はまず相手の声に耳を傾けることだ。こちらは閉じているのに「お前たちは耳を傾けよ」と言うようでは前に進まない。

交流は双方向でなければならない。韓国も日本に心を開く準備ができていなければならない。それが対等な韓日関係の基礎になるはずだ。

日本の帝国主義が滅んでからすでに77年が過ぎた。「十年一昔」を8回繰り返したわけで、これは当時生まれた赤ん坊が白髪の老人になるほどの長い歳月だ。

今後は韓国人も「日本人は韓国が好きなのか」と問うのではなく、韓国人自らに問うべきだ。「韓国人は日本人が好きなのか」、あるいは「日本を好きになる準備ができているのか」と。

張富承(チャン・ブスン)関西外国語大学国際政治学科教授  2022/06/11 08:44
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/11/2022061180009.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/11/2022061180009_2.html

3:ななしさん
んなわけない(笑)

4:ななしさん
なんで好き前提で話を進めるのか
ストーカーみたいで怖い

5:ななしさん
気持ち悪いだな

8:ななしさん
きもい、きもすぎる
なんで韓国は自分たちが好かれていると何の疑いもなく思えるのか

10:ななしさん
嫌いだって言ってんだろう

12:ななしさん
>>1
オレは大嫌いだけどな

13:ななしさん
中華料理が好きだと中国が好きなことになるのか

なんで食べ物やドラマが好きなら相手の歴史観まで受け入れなきゃならんのだ
韓国人の思考回路は意味がわからん

17:ななしさん
気持ち悪い…

20:ななしさん
本格的に狂い始めたな

23:ななしさん
こっち見るな

26:ななしさん
勘違いです

28:ななしさん
>>1
関西外大は大丈夫か?こんな民族主義の権化みたいなの教授にしてんの?

48:ななしさん
>>1
反日原理主義のキチガイレイシスト民族を嫌うのは当たり前

52:ななしさん
まず好きになる要素が何処にあるのかと