1:ななしさん 2022/06/22(水) 22:55:56.18
―寿司とは次元が違う大韓民国のキムパプ

日本は自分たちの最も誇らしい食文化の一つを「寿司」だと考える。それもそのはずで、寿司は既に全世界3大グルメの中で最高の地位に上がって、これは全世界を回りながら筆者の目で確認することができた。筆者は、国を広報する観光博覧会に招かれ、我が国を代表しながら長い間常に日本館、中国館と向かい合って競争するように、互いの食文化を比較してきた。日本は、常に最も代表的な食文化として寿司を掲げている。したがって、キムパプの形態が日本のものだと考えることもできるだろう。しかし、韓国のキムパプと日本のキムチョパプは、色々な食べ物を海苔で包むという形式は似ているが、これにアプローチする方式と活用方式はかなり違う。

※キムチョパプ=日本の「海苔巻き」を指す。キムは海苔・チョパプは酢飯(寿司)。

我が国のキムパプは実用性を強調するが、日本のキムチョパプは装飾性中心だ。関西地方で初めて作られたキムチョパプは、今の生鮮寿司の形をはじめ、海苔1枚を半分に切って、ご飯の中に薄いキュウリを入れた単純な形の「ホソマキ」と、切り身の生鮮と材料を入れ作った「フトマキ」を通称する日本式キムパプだ。別名「ノリマキ(キムマリ)」と、超大型国際舞台で数多くの競争をしていると、これらの限界を完全に発見することができる。寿司を彼らの主な食文化と表現する公式舞台では、日本式キムパプを見つけることが難しいからだ。あるとしても、単に寿司を作り余った端くれで、寿司の一種としての存在感だけがある。それが、日本式キムパプの現実だ。したがって、現在、我々が食べている一般的なキムパプが日本のキムチョパプに由来するという主張は説得力に欠ける。

大韓民国のキムパプは、韓国料理の伝統的なご飯と飯饌(※おかず)を集めた一品料理(A la carte)だ。韓国人の主食であるご飯が主な材料で、包装しやすくて、色々な飯饌を一度に食べながら、適度な満腹感をもたらして、最近は広い世代にわたって充分なプレミアム一料理として愛されている。

長いので以下略

・世界の美食を凝縮させた融複合プラットフォーム
・名実ともに大韓民国農林畜水産物輸出1位 大韓民国の海苔
・大韓民国の海苔 国際食品規格委員会アジア地域標準規格として採択
・グローバル教育として昇華させた韓食広報の新しいパラダイム ロックシェフのキムパプ(KIMBOP)
・大韓民国キムパプ世界化の再跳躍 大韓民国キムパプフォーラムの始まり
…など

no title

ソース ホテル&レストラン(韓国語)




4:ななしさん
🤣🤣🤣

17:ななしさん
良く分からんが、
また朝鮮人がホルホルしてるのか?

21:ななしさん
壁画に描かれてたのか

23:ななしさん
まぁたコリエイトしてやがる

125:ななしさん
キムパプwwwww🤣🤣🤣

131:ななしさん
20年くらい前に韓国行った時はノリマキって言ってた

134:ななしさん
違う次元で良かったよほんと

157:ななしさん
歴史ある寿司と最近考えた創作(笑)料理じゃ次元が違うわな

181:ななしさん
確かにキムパプとか言う劣化パクリは低次元すぎて日本のものとは比較対象にすらならんな

211:ななしさん
キムチワルイ

218:ななしさん
>>1
グーグル検索量(全世界)

Sushi = 100
Gimbap = 0

no title

246:ななしさん
>>218
たしかに異次元だ