1:ななしさん 2023/10/03(火) 14:03:33.79
中国・杭州で開催されている「アジア大会」。その男子サッカー準々決勝で起きた北朝鮮代表の“蛮行”に批判の声が止まらない。

そもそもイエローカード6枚が提示される荒れ模様の試合だった。しかし、最も物議を醸しているのは、試合終了直後の振る舞いだった。

主審が試合終了を告げる笛を鳴らすと、1-2で敗れた北朝鮮の選手たちは審判団を取り囲むようにして猛抗議。鬼の形相で詰め寄ると、ジャッジに対するフラストレーションを爆発させたのだ。このとき、数人の選手が手をあげようとしたため、大会スタッフが制止。場内が騒然となる異例の事態となった。

国際舞台で醜態を晒す形となった北朝鮮。若気の至りでは収まらない暴挙には、世界的な批判が集まった。地元・中国のスポーツメディア『捜狐』は、試合中のプレーぶりも含めて「とんでもない行為だ!」と指摘。「日本と北朝鮮の試合で非常に物議を醸すシーンがあったことは言及しておく価値がある」と問題視した。

一方で、日本と終盤まで互角に渡り合ったパフォーマンスそのものを擁護するメディアもある。スポーツメディア『新浪体育』は「北朝鮮のクレイジーなプレーで日本は終盤まで抑え込まれた。彼らはタフだった」と肉弾戦を挑んだ北朝鮮イレブンを称賛。同時刻に行われた韓国戦に0-2で敗れた母国代表を引き合いに出し、次のように続けた。

「実力伯仲の試合になると予想されたが、日本は最初の20分は北朝鮮に抑え込まれた。北朝鮮チームの果敢に戦う姿勢には“タフガイ・サッカー”が備わっており、我々のサッカー代表が見習うべきお手本でもあった。序盤から最前線からプレスをかけた北朝鮮に日本は苦戦していた。自陣ですらパスを回すのは困難な場面が見られた。間違いなく北朝鮮の選手たちは勝利のために『一生懸命』だったのだ」


たしかに北朝鮮は身体を張ったプレーで、地力に勝る相手に応戦。日本のイレブンもてこずる場面は見られた。しかし、ラフプレーやSNS上で「スポーツをする資格はない」とまで言われた審判に対する暴挙はいただけない。批判は当然だろう。

kitata

2023/10/3
https://cocokara-next.com/athlete_celeb/terrible-play-that-tried-to-cause-injury-05/
https://cocokara-next.com/athlete_celeb/terrible-play-that-tried-to-cause-injury-05/2/




2:ななしさん
カンフーサッカー

20:ななしさん
流石同レベルの蛮族w

29:ななしさん
そんなんだからいくら金かけてもレベル上がらないんだろ

50:ななしさん
とにかく中国、韓国、北朝鮮との試合は選手の怪我が心配

54:ななしさん
頭おかしい