f351



1:ななしさん
読者の皆さまは、2022年01月に韓国空軍のF-35Aが胴体着陸をしたことを記憶していらっしゃるでしょうか。

この事故はバードストライクが原因で起こりました。

年明けスグの01月04日、韓国空軍の青州基地を離陸し、射撃場へと侵入しようとしていたF-35Aはバードストライクに遭遇。体重10kgのワシが左の空気取入口に飛び込み、機体内部にまで吸い込まれました。ランディングギア作動用の油圧導管や電源供給配線などが破壊されたため、操縦・航法系統の性能低下、ランディングギアが降りないという不具合が発生。

パイロットは黄海の海岸線に沿って忠清南道瑞山基地に向かい、滑走路に胴体着陸を行いました。

このインシデントの調査には、韓国内の専門要員12人、アメリカ合衆国政府・空軍・航空機メーカーの関係者14人の計26人で構成された米韓共同調査団が当たりました。

――で、2023年12月01日、韓国空軍は胴体着陸したF-35A、1機を廃棄処分とすることを公表しました。

修理も考えたのですが、その修理費があまりに高くつくことが分かったからです。韓国空軍は「修理費用は約1,400億ウォン、修理期間も4年以上かかるびで、新しく購入する費用約1,100億ウォンよりはるかに高くつく。修理後の安全点検手続きも容易ではなく、廃棄が避けられないという結論を下した」と説明しています。

新しく1機買ったほうが早い、というわけです。

幸いパイロットは無事でしたので、それは不幸中の幸いでした。

2023.12.2