kim




1:ななしさん 2023/12/08(金) 11:35:46.61
米大リーグでアジア人内野手として初めてゴールドグラブ賞を受賞したサンディエゴ・パドレスの金河成(キム・ハソン)選手が、かつて韓国の同じチームでプレーしていた後輩に当たる元選手を訴えました。金河成選手は「暴行を巡って脅され、金をゆすり取られた」と、脅迫され続けてきたと主張していますが、後輩の元選手は「金河成選手に常習的に暴行されていた」と反論しました。

チョン・ウナ記者が取材しました。

大リーガーの金河成選手が元所属チームの後輩・林恵東(イム・ヘドン)氏を告訴したのは、過去に発生した暴行事件のためです。

金河成選手は米国進出直前の2021年2月、ソウル・江南の飲食店で林恵東氏ともみ合いになりましたが、林恵東氏は暴行の被害に遭ったと主張し、数億ウォン(数千万円)を奪ったということです。

大リーグ入りを前に、事が大きくなることを望まなかったので、お金を払って示談で終わりにしたものの、このほど金河成選手がゴールドグラブ賞を受賞して以降、林恵東氏は再びお金を要求し始めたため、恐喝などで警察に告訴することにした、と明らかにしました。

ところが、林恵東氏の見解は違います。TV朝鮮に顔と名前を公開し、「かつて金河成選手から常習的に暴行を受けていたが、最近脅迫したことはない」と主張しました。

(林恵東氏 /元プロ野球選手)

「お酒を飲むと常習的に私に対して暴行しました。2年間連絡していません。金銭の要求などは一度もありませんでした」

2人は相反する主張を展開し、対立している状況です。

(警察関係者)
「必要であれば対質尋問も可能です。そのように進められるでしょう」

金河成選手に対する事情聴取を終えた警察は、関連内容をもとに近く林恵東氏を呼び、食い違っている主張に関して捜査を続けていく方針です。

(2023年12月7日放送 TV朝鮮「ニュース9」より)

https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/12/08/2023120880021.html

3:ななしさん
南チョーセンジンの日常w

7:ななしさん
喧嘩両成敗でOK

8:ななしさん
最近脅迫したことはない

はい?

19:ななしさん
これが韓国人です

21:ななしさん
あれも嘘、これも嘘、多分嘘、きっと嘘

22:ななしさん
どっちも朝鮮人だからね
どっちも嘘つきと考えれば問題ない

23:ななしさん
どっちも本当だから困るのよ

4:ななしさん
誇らしいニダ