kaistt



1:ななしさん 2023/12/08(金) 13:53:42.25
December. 08, 2023 08:54

韓国国内の研究チームが、一度の充電で900キロを走行できる蓄電池を開発した。ソウルから釜山(プサン)を往復しても残る距離で、電気自動車の走行距離を大幅に伸ばすことができる見通しだ。

KAIST生命化学工学科のキム・ヒタク教授とLGエネルギーソリューションの共同研究チームは7日、次世代電池として注目されている「リチウム金属電池」の性能を大幅に高めるオリジナル技術を開発したと明らかにした。研究チームが先月23日、国際学術誌ネイチャーエネルギーに発表した論文によると、今回開発したリチウム金属電池は1回の充電で900キロを走行、400回以上の再充電が可能だ。従来のリチウムイオン電池の走行距離である600キロの1.5倍の水準だ。

リチウム金属電池は、電気自動車の走行距離を大幅に高めることができるが、電池内の液体電解液により腐食が進み、寿命が短かった。研究チームは、これまで報告されていない「ホウ酸塩-ピラン」基盤の液体電解液を電池に活用して、腐食問題を解決した。また、研究チームが開発したリチウム金属電池は、駆動時に高い温度と圧力が要求されず、電気自動車の走行距離を高めるための簡素化した設計が可能だ。

キム教授は、「今回の研究は、これまで実現が不可能だと思われてきた液体電解液を利用して、リチウム金属電池の具現の可能性を示した」と話した。

https://www.donga.com/jp/home/article/all/20231208/4605988/1

40:ななしさん
>>1
実際使われてからじゃないと評価できないんだよな。
韓国の発表って。

2:ななしさん
<:.;゚;Д;゚;.:> ホンマか工藤

5:ななしさん
充電時間を書いてくれよ

6:ななしさん
そして爆発

9:ななしさん
南朝鮮ハジマタ\(^o^)/

14:ななしさん
誇らしいニダ

18:ななしさん
カタログは立派

12:ななしさん
LK99