北朝鮮

1:ななしさん 2023/01/24(火) 09:37:27.52
北朝鮮は氷点下40度も 「01年以降で最低」予報

【北京共同】北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは23日夜、強力な寒気の襲来で24日は首都平壌の最低気温が氷点下20度、北部の白頭山では氷点下40度まで下がるとの予報を発表した。

同テレビは21日には、大寒(今年は1月20日)前後の最低気温の全国平均は氷点下24.8度と見込まれ、これは2001年以降最も低いとの予報を伝えていた。

kima

共同通信社 2023/01/23 22:01
https://nordot.app/990236050547195904

本文を読む

bandicam 2022-05-22 16-12-50-6781:ななしさん 2023/01/21(土) 13:36:31.57
北朝鮮が、数十万~数百万人の餓死者が発生した1990年代のいわゆる「苦難の行軍」以来の最悪の食糧難に見舞われているとの見方が示された。

米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は19日(現地時間)、北朝鮮の穀物の需要や供給量、食料価格などをもとに分析した結果、穀物の在庫量が最低必要量以下に下がっていると伝えた。最低必要量は、食糧均等配分を前提に社会維持に不可欠な食糧の下限をいう。北朝鮮は、国連食糧農業機関(FAO)基準の最低必要量の80%水準と測定された。

38ノースの分析によると、2021年上半期の北朝鮮のコメ価格は、国際価格比1キロ当たり0.5ドル以上の差を記録した。09年に38ノースが測定を始めて以来、北朝鮮の穀物価格は国際穀物価格を上回っていたが、今回のように大きな差が出たのは異例のこと。北朝鮮の食糧供給網が崩壊したことを意味する信号だと、38ノースは明らかにした。

北朝鮮の食料価格は、新型コロナウイルスの感染拡大で中朝国境を閉鎖した20年1月、そして紙幣を刷る紙とインクの不足で貨幣代用証書を発行した21年秋に急騰した。特に、トウモロコシの価格がコメよりも大幅に上昇した。主食のコメが不足し、代替作物に依存するほかない状況が原因のようだと、38ノースは説明した。

38ノースは、数十年にわたる北朝鮮経済の失政に加え、パンデミックやウクライナ戦争などで世界の食料需給事情が不安定になり、より大きな打撃を受けたと分析した。また、中国が最近「ゼロコロナ」政策を撤回したことで世界の食料需要が増えれば、北朝鮮の食料不足の事態はさらに深刻になる可能性があると見通した。

Posted January. 21, 2023 09:55, Updated January. 21, 2023 09:55
https://www.donga.com/jp/home/article/all/20230121/3907651/1

本文を読む

1:ななしさん 2023/01/22(日) 09:15:51.99
金正恩TikTokerが親バレで修羅場「区役所勤めはどうした?」「ふざけるな!」

〝北の将軍様〟のそっくりキャラでブレークしている人気TikTokerのぷりん将軍(34)が親バレで、父親から説教されてしまった。

ぷりん将軍はこの数日、父親からの電話が鳴りやまない状況を報告。実は〝北の将軍様〟のそっくりキャラで活動していることを隠していたようで、意を決して、電話をした動画を21日にSNSで公開した。

 父親は「お前、金正恩のニセモノやっているよな?」の直球にぷりん将軍は「やってない」としらばくれた。すると父親は「ネットで調べたら本名も住所とかも同じなんだけど、これお前だよ。そんなくだらないウソをつくな」とすでに裏を取られていた。

 さらに怒り心頭の父親は「区役所勤めはどうした? 新宿の区役所で働いているんだよな?」と問い詰められ、ぷりん将軍は「働いてはないです」と平謝りするしかなかった。

 父親はよもや息子が芸人、それも〝北の将軍様〟のそっくりキャラになっているとは知らなかったとあって、「ちゃんとした人間になれって言ったよな。まっとうに働けって言ったよな」と呆れるばかりだ。

 ぷりん将軍は「応援してくれる人もいて」と会社を立ち上げたことを報告。会社名を聞かれ「KIIM(キーム)」と答えると父親は「ふざけてるんじゃねえよ!」と激高。「金正恩だからKIIMか? そんななめた名前でうまくいくワケねえだろ! まだ間に合うから。今からでも公務員やれって!」と完全に説教モードだ。

 続けて「俺はお前を日本男児、九州男児として、日本国民として育ててきたんだよ。それを金正恩のニセモノだ? 日本国民、九州男児としてのお前を取るのか? 金正恩としての北朝鮮を取るのか? どっち取るんだよ? 言ってみろ!」と迫ったが、ぷりん将軍は10秒考えた後に「き、北」と答えた瞬間に通話は途切れた。

no title
本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2023/01/01(日) 03:04:48.74
【速報】北朝鮮が発射 弾道ミサイルか 防衛省
1/1(日) 3:05配信テレビ朝日系(ANN)

防衛省によりますと、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射され、すでに落下したとみられています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a6f34bd10d5701134f471d4c645fd9a3102cbbc

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん
北朝鮮ミサイル 北東に発射 今年は過去最多の73発 防衛省
12/31(土) 10:16配信 毎日新聞

 防衛省は31日、北朝鮮が同日午前8時1~15分ごろ、平壌近郊から弾道ミサイル3発を北東方向に向けて発射したと発表した。いずれも最高高度約100キロで約350キロ飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)外の朝鮮半島東岸付近に落下したとみられる。これまでに航空機や船舶の被害は確認されていない。

 1発目の発射は8時1分ごろ。その後、14分ごろ、15分ごろに2発目と3発目が相次いで発射された。

 岸田文雄首相は発射を受け、情報収集・分析に全力を挙げる▽航空機、船舶などの安全確認を徹底する▽不測の事態に備え万全の態勢をとる――との3点を関係省庁に指示。日本政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重抗議した。

 防衛省のまとめでは、北朝鮮によるミサイル発射は2022年の1年間で、巡航ミサイルなどを含め37回、少なくとも73発に上り、いずれも過去最多だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79d0ea9cb54ab0788cafc6c7246e1202b663f398


本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん
北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるもの発射と発表 防衛省
2022年12月31日 8時09分

防衛省は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるものが発射されたと発表しました。防衛省は日本への影響がないか情報の収集を進めています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221231/k10013938801000.html

本文を読む

1:ななしさん 2022/12/23(金) 16:42:45.13
北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるもの発射 防衛省
2022年12月23日 16時40分
防衛省は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるものが発射されたと発表しました。防衛省は日本への影響がないか情報の収集を進めています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221223/k10013932791000.html

本文を読む

shijimi1:ななしさん 2022/12/21(水) 11:56:44.43
北朝鮮産シジミを国産と偽装か 山口の商社など警察が一斉捜索

北朝鮮から日本に不正に輸入したシジミを国産と偽って全国各地で販売
したとして、警察は、不正競争防止法違反の疑いで山口県の商社などを一斉に捜索しています。捜索先は福岡や埼玉などを含む、異例の数十か所に上っていて、警察は、国内のネットワークを通じて北朝鮮に資金が流れている疑いもあるとみて実態の解明を進める方針です。

捜索を受けているのは、山口県下関市の商社「アイコー」や福岡や茨城、埼玉、東京の水産会社などです。


21日朝から、山口県警察本部など各地の県警の捜査員が一斉に捜索を始めていて、捜査関係者によりますと、これらの会社は、北朝鮮から日本に不正に輸入したシジミを、各地の水産会社などを通じて国産と偽って販売したとして、不正競争防止法違反の疑いがあるということです。

日本政府は、北朝鮮に対する独自の制裁措置として輸出入を全面的に禁止していますが、シジミは北朝鮮から中国や韓国などをう回する形で日本に不正に輸入されたということです。

シジミは北朝鮮で取れたものとみられていますが、不正輸入の過程では、原産地をロシア産などと偽って、制裁をかいくぐっていたということです。

捜索先は異例の数十か所に上っていて、捜査関係者によりますと、捜索を受けている商社や水産会社などでつくる国内のネットワークを通じて北朝鮮に資金が流れている疑いもあるということです。

警察は、押収した資料を分析するなどして実態の解明を進めることにしています。 以下略

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221221/amp/k10013929641000.html

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/12/20(火) 15:08:29.41
【速報】北朝鮮が日本の安保関連3文書閣議決定に反発「果敢かつ決定的な軍事的措置を断行する権利を保有」談話発表

日本で「反撃能力の保有」が記載された新たな安全保障関連3文書が閣議決定されたことについて、北朝鮮外務省は「どれほど不快に思っているかを実際の行動で示す」などと反発する報道官談話を発表しました。

談話は20日に発表されたもので、文書に記載された「反撃能力」について、「他国の領域を打撃するための先制攻撃能力」であり、「日本の再武装化は国連憲章に対する乱暴な侵害だ」と主張。

さらに、「我が国の合法的自衛権行使を口実に再侵攻のための軍事力増強を行おうとしている日本の愚かな行動は決して正当化できず、容認できない」と批判したうえで、「日本の不当で欲深い野望実現に向けた意図に対し、どれほど懸念し不快であるかを実際的な行動として見せ続けるだろう」と警告しました。

一方、金正恩総書記の妹・与正氏も20日、北朝鮮メディアが公表した衛星撮影写真とされるものが韓国側で「粗悪な水準」と評価されていることについて、「傀儡たちがしゃべる声を聞いていると、退屈でうんざりする」などと反発する談話を出しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e5cbfb8d27942a82fd382fe68c91631ae8198b2

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/12/13(火) 22:44:36.87
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が今年行ったミサイル発射にかかった費用で、全住民が46日間食べられるコメを購入できることが19日、分かった。韓国政府関係者が明らかにした。

一方で、北東部の咸鏡道では食糧不足による餓死者が続出したことが確認された。


政府関係者によると北朝鮮は昨年、金正恩(キム・ジョンウン)政権発足後で最悪となる食糧難に陥った。増産に力を入れたものの、気象悪化と肥料不足で今年の収穫量(451万トン)は前年より18万トン減少したという。

例年と同程度の穀物を輸入するとしても、来年も80万トン程度が不足すると推計された。

咸鏡道は北朝鮮内でも経済的に立ち遅れた地域。新型コロナウイルス感染拡大により封鎖が強化されたことで中央から遠い地域の食糧事情が特に悪化したものとみられる。

韓国の農村振興庁の発表によると、今年の北朝鮮の食糧作物生産量は昨年より18万トン減少した451万トンだった。

食糧難が深刻な状況であるにもかかわらず、今年のミサイル挑発には莫大(ばくだい)な費用が投じられた。

政府関係者は「北は今年ミサイル71発を発射し、西側より生産費用が低い北の生産単価を適用しても約2600億ウォン(約270億円)を浪費したと推計される」と説明した。

特に高コストの大陸間弾道ミサイル(ICBM)8発の発射だけで1430億ウォンを使い、短距離弾道ミサイル(SRBM)43発の発射にも500億ウォンを使ったと試算された。

ミサイル発射の総費用はコメ50万トンを購入できる額で、これは北朝鮮のすべての住民が46日分をまかなえる量。また来年の北朝鮮の食糧不足分(約80万トン)の60%以上を補うことができる規模と政府関係者は説明した。

北朝鮮はロシアとの貿易が再開されてから、生活必需品ではなく、最高指導者の一族が使用する「白馬」を真っ先に輸入していたことも分かった。

11月初めに北朝鮮とロシアを結ぶ列車が約2年ぶりに運行を再開した際、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党総書記)の一族や高官が乗る馬数十頭が搬入されたという。

金正恩氏は2019年10月に中朝境界にある朝鮮半島最高峰の白頭山に登った際や、今年4月の朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年記念の閲兵式(軍事パレード)参加者との記念撮影でも白馬に乗った姿を公開した。

金正恩氏は「人民大衆第一主義」を強調しているものの、実際には住民を犠牲にして大量破壊兵器の開発に全力を投じているとの指摘も出ている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e2162fc4a33c83e1de1020b724e306283deb417


本文を読む

1:ななしさん
 【ソウル=中川孝之】韓国軍合同参謀本部は18日午前、北朝鮮が日本海方向に弾道ミサイルを発射したと発表した。

読売新聞 12/18(日) 11:29配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/991643cf041a41ed6eb3fe752c5fd220fc402a81

本文を読む

1:ななしさん 2022/12/05(月) 17:15:24.58
北朝鮮が東西海上へ130発砲撃 韓国軍「南北合意違反」

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は5日、北朝鮮が同日午後3時ごろ、南東部の江原道金剛郡付近と南西部の黄海南道長山串付近からそれぞれ東西の海上に130発余りの砲弾射撃を実施したと発表した。

 着弾地点は2018年9月の南北軍事合意によって設定された海上の緩衝区域で、韓国軍は南北軍事合意違反だとして数回にわたり即時中止を求める警告通信を行った。

 合同参謀本部は「海上緩衝区域内への砲撃は明白な南北合意違反」とし、韓米間の緊密な連携のなか、関連動向を追跡・監視するとともに、万一の状況に備えて対応体制を強化していると説明した。

 北朝鮮は先月3日の深夜に江原道金剛郡付近から朝鮮半島東の東海に向けて約80発の砲弾射撃を実施している。

baka

聯合ニュース 2022.12.05 17:21
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20221205004700882

本文を読む

1:ななしさん 2022/11/20(日) 15:54:50.86 I
 大阪芸術大学客員准教授の谷口真由美氏が20日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、北朝鮮のミサイル発射に対して「日本政府がすべきこと」を提言した。

 北朝鮮からのミサイル発射が続いている状況について「日本政府がすべきことは内と外と2つある」とコメント。「外」については「外交とかもすごく大事」と短く説明した。

 「内」については「朝鮮学校の子どもさんとかが、この間『お前“ミサイル飛ばすな”言うとけ』みたいな感じで、電車の中ですごく怖い目に遭ったりだとか、そういうヘイトスピーチであるとかが出てきていて」と事例を挙げ「子どもに抗議してたところで、解決すると思ってるんですか」と怒りをにじませた。「日本政府もそういう“ヘイトスピーチ”に対しては断固として許さないという態度は表明しないといけないんじゃないですか、と申し上げたいですね」とあきれるように語った。

 ネットでは、心ない言葉に対しての批判がある一方で、「朝鮮学校もミサイル発射に抗議すれば」「どこでそんなこと(ミサイル飛ばすな発言)あったの?」「なぜか北のミサイルに日本批判」「ミサイル飛ばさなかった言われないのでは」というコメントも見られた。一部では北朝鮮の「朝鮮中央通信」が「日本で朝鮮学校の生徒への脅迫や暴言などが相次いでいる」と伝えているとされている。

ultrabaka

https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc59e97a5e026570a5e135ebde040745f9cda52
本文を読む

unnamed1:ななしさん 2022/11/20(日) 05:25:30.88
 北朝鮮の発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)が、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。日米韓の安全保障協力をけん制する狙いと分析されるが、危険なミサイル発射を止めるには国際社会の協調が不可欠だ。北朝鮮の伝統的な友好国である中国も役割を十分果たすべきである。

 ミサイルは過去二番目という長時間の飛行をしており、米本土を射程に収めるICBMとみられている。国連安全保障理事会の決議に違反するのは明白だ。

 発射に先立ち北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)外相は、日米韓三カ国がカンボジアで開いた首脳会談について「朝鮮半島情勢をさらに予測不可能な局面に追い込むだろう」と非難する談話を出していた。

 首脳会談では、米国が同盟国の日韓両国を核戦力で守る「拡大抑止」を強化するなどとした共同声明を発表した。崔外相の談話はこれに反発するものであり、今回のミサイル発射にも日米韓を揺さぶる狙いがあるのだろう。

 北朝鮮は今年に入ってすでに三十回以上、ミサイル発射を繰り返しており、過去に例のない高い頻度だ。近く七回目の核実験に踏み切るともみられている。

 日米韓とカナダ、オーストラリア、ニュージーランドはバンコクで首脳級会合を緊急に開き、北朝鮮に無用な挑発をやめるよう求めるとともに、対話に応じる用意があることも表明した。北朝鮮は国際社会のメッセージを誠実に受け止めるべきである。

 バイデン米大統領は中国の習近平国家主席との会談で、北朝鮮の挑発行動への懸念を伝え、習氏に影響力を行使するよう求めた。習氏は北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記と複数回会談するなど意思疎通できる関係だ。挑発行動を慎むよう説得する責務があるのではないか。

 北朝鮮では食糧難が深刻化しているとの見方もある。ミサイルの連日発射には北朝鮮国民の不満をそらす狙いもありそうだが、このまま北朝鮮が暴走を続ければ偶発的な衝突が起きる恐れもある。

 ただ、北朝鮮のミサイル発射に対抗して日米韓が軍事演習などで圧力を強めれば、北朝鮮が反発して再びミサイルを発射する悪循環に陥りかねない。


 断固たる姿勢は必要だが、一方的とも思える北朝鮮の主張にも耳を傾け、常に対話を呼びかける冷静さを忘れてはならない。


https://www.tokyo-np.co.jp/article/214875?rct=editorial


本文を読む

このページのトップヘ