北朝鮮

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/06/05(日) 12:26:44.55
新型コロナウイルスの感染拡大による北朝鮮政権の崩壊に備えるべきという米国の専門家の主張が出てきた。

米保守指向シンクタンク、ケイトー研究所のダグ・バンドウ首席研究員は3日(現地時間)、フォーリンポリシーへの寄稿で「北朝鮮で新型コロナウイルスが広がり統一問題が浮上している」としてこのように主張した。

バンドウ研究員は「北朝鮮はパンデミックにまともに備えていない状況。金正恩(キム・ジョンウン)王朝の没落を予想するのは時期尚早だが可能性に備えないこともまた愚かなこと」と指摘した。

彼は現在の状況が1990年に北朝鮮を襲った大飢饉と似ているか、さらに悪いかもしれないとした。

また、「今回はウイルスが指導層を襲うかもしれない。韓国と米国、日本は北朝鮮の不安定な状況あるいは崩壊に対し体系的で冷静な議論を始めなければならない」と提案した。

彼は危機が現実化する場合、「究極的戦略は統一に焦点を合わせなければならない」とし、韓国の若い世代の統一費用に対する拒否感と北朝鮮内部の吸収統一への反発などを克服すべきと分析した。

また「同盟が統一問題に対し団結された立場を持つならばはるかに容易だろう」と強調した。

続けて「統一で韓国が大きくなること自体は日本の立場では懸念されること。韓国と米国は日本の懸念を完全な共助を通じ払拭すべき」と助言した。

また「中国もやはり統一後に米軍が中国国境地帯まで進出しかねない点で南北統一に反対の立場を取るかもしれず、中国との疎通チャンネルを開けておくことが重要だ」とした。

中央日報日本語版 2022.06.05 10:43
https://japanese.joins.com/JArticle/291814

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/06/05(日) 11:27:04.93
【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が5日に発射した弾道ミサイルについて、韓国軍合同参謀本部は、同日午前9時8分ごろから43分ごろにかけて(日本時間同)、平壌の順安(スナン)付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイル8発が発射されたのを捕捉したと明らかにした。日本政府によると、ミサイルは、日本の排他的経済水域(EEZ)外へ落下したとみられる。

北朝鮮による弾道ミサイル発射は、バイデン米大統領による日韓歴訪直後の5月25日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定される1発を含む3発を発射して以来。今年に入って既に16回目で、年間15回で過去最多だった2016年を上回る異例のハイペースとなっている。

バイデン氏と韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は5月21日の初の首脳会談で、米韓合同軍事演習の拡大方針で合意。米韓両軍は今月2~4日、沖縄沖の公海上で米原子力空母も参加した合同演習を実施した。

北朝鮮による今回の発射は米韓に対抗し、核・ミサイル開発の加速を見せつける狙いがありそうだ。北朝鮮国内では、新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、コロナ禍でも軍備増強は揺るがないと誇示する意図もうかがえる。

https://www.sankei.com/article/20220605-3J63EKAIXNOKPOVFW2DZP5INO4/
本文を読む

1:ななしさん 2022/05/22(日) 20:10:25.97
林芳正外相は22日、新潟市内で講演し、新型コロナウイルス感染が拡大する北朝鮮への支援を検討する必要があるとの認識を示した。「あそこの国とは国交もない。だから放っておけばいいとはなかなかならない」と述べた。

北朝鮮のコロナ禍を巡り、米韓両首脳は21日の共同声明で支援意思を表明している。林氏は23日の東京での日米首脳会談を控え、日本が米韓と歩調を合わせて対応する可能性に言及したとみられる。

講演で林氏は、コロナ感染を放置すると新たな変異株が世界に広がる恐れが生じると強調。「世界全体で立ち向かわないといけない。北朝鮮の状況をよく把握する努力をしなければならない」と述べた。

hayashi

https://www.sankei.com/article/20220522-7JMIFS2VHRKZBLXYOWECHNZWGI/
本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/05/17(火) 18:59:24.80
5/16(月) 12:15配信 中央日報日本語版

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が北朝鮮に新型コロナワクチンを提供するとして統一部に北朝鮮との接触を指示した中で、北朝鮮は16日尹政府に対する非難を吐き出した。

北朝鮮対外宣伝メディア「ウリ民族同士」はこの日「尹錫悦やからが南朝鮮(韓国)の各階層の非難糾弾にもかかわらず、莫大な血税を無駄遣いして大統領事務室を龍山(ヨンサン)に移した後、新居の表札をどのようにかけるかという問題でとても苦しんでいる」と明らかにした。

ウリ民族同士は「希代の不正腐敗の親分であり、同族対決狂である李明博(イ・ミョンバク)の従者、人々をやたらに捕まえてファシズム独裁勢力の手足になってきた検察出身、ソウル市公務員スパイ事件という『北風』操作に加担した者や韓日慰安婦合意を極力称賛して日本軍性的奴隷被害者を冒とくして『暴言製造機』と非難された人々が主となっている」と伝えた。

このメディアは「このような人々が国民という看板を掲げて5年間持ち主のように振舞いをするとは真に『亡韓民国』と言わざるを得ない」と嘲笑った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1dde34ec8043ae2715e3ebeb5413edc85c2af5b

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/05/15(日) 11:51:02.34 I
北朝鮮で新型コロナウイルスが急速に拡散している中、14日の新規発熱者は30万人に迫った。

北朝鮮の国家国非常防疫司令部は13日夕方から14日午後6時まで全国的に29万6180人余りの発熱者が新たに発生し、15人が死亡したと朝鮮中央通信を通じて明らかにした。

先月末から14日午後6時現在まで北朝鮮全域の発熱者は82万620人余りで、このうち49万6030人余りが全快し、32万4550人余りが治療を受けていると通信は伝えた。累積死亡者数は42人だ。

これに先立ち北朝鮮は12日に1万8000人余りの発熱患者が発生し、13日に17万4400人余りの発熱者が新規で発生したと報道した。新型コロナウイルスの感染拡大傾向はとても急激だ。

北朝鮮は「現防疫危機が発生した時から人々がステルスオミクロン株ウイルス感染症に対する認識と理解が不足し治療方法がよくわからないことから薬品使用不注意による死亡者が多くの割合を占めている」と伝えた。

https://japanese.joins.com/JArticle/291044?servcode=500§code=500

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/05/15(日) 10:52:02.48
5/14(土)

北朝鮮の住民はほとんどワクチンを打っていないとされ、感染者や死者は今後増える可能性がある。

米国のジェン・サキ大統領報道官は12日、北朝鮮が、ワクチンを共同購入・分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」によるワクチン提供を拒絶したと明らかにした。米国は現時点で、ワクチンを供与する予定はないという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9bbc8b33aae883243444c72c2bb42e0d9258f033

本文を読む

akushu1:ななしさん 2022/05/15(日) 07:59:35.63 I
北朝鮮で新型コロナウイルスの感染が初めて発表されたことを受け、政府内の一部には北朝鮮に対してワクチンの供与を検討する動きがあります。

自民党・佐藤正久外交部会長:「私、初めて金正恩氏のマスク姿を見ました。コロナよりもミサイルと、非常識極まりない。もうめちゃくちゃだと思います」

自民党の会議では、政府側から「急に北朝鮮が発表した理由については分からず、情報収集中だ」と説明があったといいます。

外務省幹部は「北朝鮮が新しいことを発表する時には、それなりの意図がある」として、金正恩総書記の思惑を分析しています。

「支援をして下さいというメッセージだ」という見方があります。

北朝鮮に新型コロナのワクチンを供与する可能性については「人道的な支援は制裁とは別の話だ」「まずは国際機関を通じての支援になるのでは」など、日本としても働き掛ける動きがあります。


一方で「『ゼロ・コロナ』を目指し、鎖国政策を取るのでは」と北朝鮮のさらなる孤立化を懸念する声もあります。 


本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/04/10(日) 11:38:49.09
北朝鮮の官営媒体が、ロシアのウクライナ侵攻が人権問題に飛び火したことと関連し、米国とジョー・バイデン大統領を猛批難した。

朝鮮中央通信は9日、キム・ミョンチョル国際問題評論家の個人名義で「最後の敗者は米国になるだろう」というタイトルの記事を載せ、「米国と西側の国々が騒ぎ立てる『戦争犯罪行為』はロシアの政権崩壊を成し遂げようとする心理謀略戦の一環だ」とし、「ウクライナ危機はまもなく米国の危機となり、最終的敗者はまさに米国になるだろう」と主張した。

特にバイデン米大統領がウラジミール・プーチンロシア大統領を批判した点を狙って「最近だけでも米国執権者はロシア大統領を根拠のない資料を持って悪意で次々と攻撃した」とし「侵略と謀略に精通したヤンキーの末裔たちだけが吐き出せる妄言」と非難した。

すると「米国の執権者は知的能力に問題があり、ボケ老人がわめきたてる攻勢に過ぎないという結論が出ている」とし「このように情けない老人を大統領にしている米国の未来は明るくない気がする」と打ち明けた。

特に「制裁は万能の武器ではなく、米国と西側が世界の全てではない」とし「米国と西側ではなくても、世の中には平等で友好的な関係を結び、誠実で豊かな協力を進める国は数多い」と付け加えた。

https://www.yna.co.kr/view/AKR20220409041700504

本文を読む

s-画像 金正恩北朝鮮、米国のロシア制裁を非難 民間人殺害は「陰謀」と主張
4/9(土) 21:51配信 共同通信

【北京共同】北朝鮮は9日、ウクライナ侵攻を巡る対ロシア制裁を主導する米国を非難した。多数の民間人殺害でロシアへの非難が強まっていることは、ロシアの政権崩壊を狙った「陰謀の産物」だと主張した。朝鮮中央通信が「国際問題評論家 金明哲」名の論評を配信した。

論評は、米国はウクライナでの利権獲得を夢見ながら「覇権実現の障害になる国々を除去するための制裁圧迫」を必死に強めていると指摘した。

米欧以外に目を向ければ「平等に友好的な関係を結べる国」は多く、「制裁は万能の武器ではない」として効果は限定的だと強調。ウクライナでの「最終的な敗者」は米国になると唱えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ecd80d83243ec942fae6759196e85b137238f60

本文を読む

index1:ななしさん 2022/04/07(木) 19:39:31.53
ロシア国防長官が北朝鮮を訪問して軍事支援を要請したという報道が出ている。

複数の外信や、韓国紙などによると、ロシアの石油会社ユコスの元最高経営者(CEO)であるレオニード・ネフズリンは4日、ロシアジャーナリストのユリア・ラティーニナと行ったオンラインインタビューにおいて、「セルゲイ・ショイグロシア国防総省が最近、北朝鮮を行って軍事支援を要請した」と主張した。

ネブズリンは様々な信頼できる情報源をもとに、ショイグ長官が姿を消した去る3月11日から2週間、北朝鮮と中国を訪問し、戦争に必要なミサイルや弾薬などの支援を要請したと述べたという。

ショイグ長官はロシアが保有する部品と互換性のあるミサイルを得るため、北朝鮮と中国を訪問したという。(ロシアはミサイル部品の70-80%を輸入に依存しているとのこと)

ネブズリンによると、北朝鮮は支援に同意したという。しかし、中国はミサイル支援を拒否したと伝えられた。
ネブズリンは「ロシアは北朝鮮に最も長く滞在した」と述べている。

RFA(自由アジア放送)は6日、ロシアが軍事支援要請のために北朝鮮に接触した可能性があるとする米国家利益センターのハリー・カジアニス朝鮮半島担当局長のコメントを紹介した。

カジアニス局長は「最近ウクライナ侵攻で非常に切迫した状況にあるロシアは北朝鮮にまで軍事的支援を受けようとする可能性がある」とし「ロシアは小型武器と互換性のある弾薬のような基本供給品を求めるのかもしれない」と説明した。

Korea Economics 2022年4月7日
https://korea-economics.jp/posts/22040703/

本文を読む

index1:ななしさん 2022/04/07(木) 10:40:10.82
プーチン大統領、北朝鮮亡命の可能性を専門家が指摘 「極秘トンネル」を利用か
4/7(木) 7:15配信 NEWSポストセブン

 ウクライナ侵攻を続けるロシア軍が首都・キーウ(キエフ)から撤退したと報じられた。今後はウクライナ東部への部隊の投入を進めているとみられるが、この方向転換はプーチン大統領にとって想定外の事態だったと見方が多い。『プーチン 最後の聖戦』などの著書がある国際関係アナリスト・北野幸伯氏が語る。

「ウクライナ軍が健闘している理由は主に4つあります。一つ目は、ゼレンスキー大統領が逃亡しなかったこと。二つ目は、ウクライナ軍の士気の高さとロシア軍の士気の低さ。ウクライナ軍には、家族や同胞、母国を守るという絶対的正義がありますが、大義名分のないロシア軍は、命令系統の混乱もあって士気低下が著しい。三つ目は、欧米からの武器支援。特に携帯用対戦車ミサイル『ジャベリン』、携帯用地対空ミサイル『スティンガー』、軍事用ドローンの三つの武器がロシア軍を苦しめています。四つ目は、欧米からの軍事情報。ウクライナ軍は、米英軍から位置情報を与えられているようで、それによって効果的な奇襲をかけることができています」

 解放されたキーウ近郊の街で、ロシア軍による一般市民の虐殺が明るみに出たことを受け、欧米を中心にプーチン氏の「戦争犯罪」を追及する声が高まっている。窮地のプーチン氏にとって、敵はウクライナや国際社会だけではない。3月20日、ウクライナ国防省情報総局の公式フェイスブックは、ロシアのエリート層が毒殺や突然死などの方法でプーチン氏の「暗殺計画」を考えていると投稿した。

 内憂外患に陥っているプーチン氏の今後について、ロシアに詳しい筑波学院大学教授の中村逸郎氏はこう語る。

「考えられるのは国外への亡命でしょう。このままウクライナ侵攻で思うような成果が上げられなければ、ロシア国民がプーチン大統領に対して反感を持つのは必至。国内で雲隠れするのは難しくなる。

 では、どこに亡命するかといえば、可能性があるのが北朝鮮です。2013年にロシアと北朝鮮を結ぶ鉄道が開通した時は、同時に鉄道の地下にトンネルを掘ったとの噂も飛び交った。ロシアと北朝鮮はそうした秘密のルートをいくつか持っているし、金正恩はソ連時代の約110億ドルの累積債務の9割を免除にしてくれたプーチン大統領に恩義を感じている。もしプーチン大統領が亡命するとなった場合、北朝鮮は喜んで受け入れるでしょう


https://news.yahoo.co.jp/articles/8c2d7d999c80725c2f3539b2c4ca17258e5f492d

本文を読む

1:ななしさん 2022/04/07(木) 01:28:23.83
北朝鮮「核実験をするかも」と米代表
4/7(木) 1:12配信 共同通信

 【ワシントン共同】米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表は6日、
電話記者会見し、北朝鮮が今月15日の故金日成主席生誕110年の記念日に合わせて「ミサイル発射や核実験をするかもしれない」と述べた。


no title
本文を読む

no title1:ななしさん 2022/04/05(火) 09:46:05.55
金正恩妹、核兵器使用を明言 

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記の妹、金与正(ヨジョン)党副部長は4日付の談話で、韓国側が「軍事的対決」に踏み切った場合には戦争初期に核兵器を使用すると明言し、韓国軍が「全滅に近い悲惨な運命を甘受しなければならない」と警告した。


朝鮮中央通信が5日、報じた。

与正氏は、韓国の徐旭(ソ・ウク)国防相が北朝鮮による「ミサイル発射の兆候が明確な場合」に先制攻撃を行うと言及したことについて、「取り返しのつかない極めて大きな失敗だった」と改めて非難。韓国は「(北朝鮮の)主敵ではない」「戦ってはならない同じ民族」などと強調した上で、韓国側が先制攻撃などを行った場合には「戦争初期に主導権を掌握し、

長期戦を防いで軍事力を保存するため、核戦闘武力が動員される」と述べた。

与正氏は2日付の談話でも、徐氏の発言に反発し「深刻な脅威に直面することになる」と韓国側に警告していた。

この日の談話は前回同様、北朝鮮が「核保有国」であると強調。核兵器の使用は「脅しではない」と主張した。

https://www.sankei.com/article/20220405-6C4IPE7D5ZNDDIDVPUAJTGGRHU/#:~:text=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE
本文を読む

1:ななしさん 2022/04/03(日) 10:43:24.37
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が、北朝鮮に対する先制攻撃に言及した韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官の発言を猛烈に非難し、韓国側が深刻な脅威に直面することになる可能性があると強く警告した。

金与正氏は3日に朝鮮中央通信を通じて発表した談話で「1日に南朝鮮(韓国)の国防部長官はわが国に対する『先制打撃』の妄言を吐き、反共和国(北朝鮮)対決の狂気をあらわにした。南朝鮮は国防部長官という者がむやみに吐いた妄言のせいで深刻な脅威に直面するかもしれない」と警告した。

そのうえで「南朝鮮軍部がわれわれに対する深刻な水準の挑発的刺激と対決の意志を表した以上、私も委任により厳重に警告する。われわれは南朝鮮に対する多くのことを再考する」と表明した。「委任」という表現を使ったのは金正恩氏の意を受けたことを示唆している。

また、金与正氏は北朝鮮が「核保有国」であることを自称しながら、徐氏を「狂ったやつ」「ごみ」「対決狂」とののしり、「惨劇を避けたいのなら自粛すべきだ」と猛烈に非難した。


朴正天(パク・ジョンチョン)党書記(軍・軍需担当)も徐氏の発言に対する別途の談話を発表し、「万一、南朝鮮軍がわが国を相手に先制打撃のような危険な軍事的行動を敢行すれば、わが軍隊は容赦なく強力な軍事力の全てをソウルの主要標的と南朝鮮軍を壊滅させることに集中させるだろう」と警告した。

no title

https://dailynk.jp/archives/146940
本文を読む

1:ななしさん 2022/03/31(木) 23:10:14.96 I
「平壌に破片の雨」北朝鮮ミサイル爆発 2人死亡か

 映画の予告編のように凝った編集。主役は、サングラス姿の金正恩氏です。

 25日に北朝鮮が公開した、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射をアピールする映像です。

 一方、韓国メディアは、北朝鮮が先月から相次いで行った4回の発射実験のうち、失敗したとされる3回目の発射について、このように報じました。

 韓国メディア(16日のミサイル発射実験について):「ミサイルは上空で爆散し、破片が平壌市内に落下した」


 北朝鮮情勢に詳しい韓国の国会議員は、次のように話したということです。

 河泰慶(ハ・テギョン)議員:「ミサイルは数キロメートル上空、肉眼でも見えるほどの高さで爆発し、その破片が平壌に、まるで雨のように降り注いだ」

 また、韓国の一部報道によりますと、破片は北朝鮮の工作員養成機関「金正日政治軍事大学」にも落下し、2名が死亡したとの情報があり、韓国当局が事実関係を分析しているということです。

本文を読む

このページのトップヘ