在日コリアン

1:ななしさん 2022/06/24(金) 08:16:41.30 I
 「川崎市の条例は、私たちと子どもたちの未来を守る盾です。この地域社会で『ヘイトスピーチ』(特定集団に対する公共の場での差別・憎悪発言)を許さず、被害者を守ると宣言したものですから」

 在日コリアン3世の崔江以子(チェ・カンイジャ)多文化総合教育施設「ふれあい館」館長(49)は、川崎市の「差別のない人権尊重のまちづくり条例」を作った主役の一人だ。川崎市民の長きにわたる闘争の末、2020年7月1日から全面施行されたこの条例は、人種・国籍・民族・性別などすべての種類の差別を禁止している。特に「ヘイトスピーチ」に対しては、最高50万円の罰金を科せるよう明示していることが最大の特徴だ。公共の場でなされたヘイトスピーチに対して処罰規定を設けたのは、日本の地方自治体では川崎市が初めて。条例施行2周年を控えた17日、神奈川県川崎市にある「ふれあい館」で、崔館長に話を聞いた。

 「条例が施行されてから、これまでに罰金刑が科された事例はありません。条例が非力なのではなく、それだけ(ヘイトスピーチが)抑えられているからです」。条例の制定後、日本国内で在日コリアンが集まって住む地域のうちの一つである川崎市内では、極右団体の集会や差別・嫌悪発言は大幅に減少した。

 もちろん、差別と嫌悪が完全に消えたわけではない。街頭に出られなくなった者たちは、匿名を武器にネット上に投稿したり、脅迫の手紙などを通じて、いっそう露骨かつ執拗な攻撃を始めた。昨年3月、崔館長宛に「ぞっとする」郵便物が到着した。「A4の紙に『死ぬ』という言葉が14回も書かれていました。当時日本では新型コロナが猛威を振るっていましたが、新型コロナウィルスが付いているという菓子袋も同封されていました」

 今でもその時を思いだすと、鳥肌が立つ。崔館長は「その日以来」、極度の恐怖感に苦しみ、刃物で刺されることを防止する「防刃チョッキ」を着始めた。「これを着ないと、家の外に出ることが難しいです。急に誰かが飛び出してきそうなことへの恐怖感が強いです」。郵便物については警察に脅迫罪で告訴したが、犯人は捕まらなかった。

 崔館長は、ネット上での差別と憎悪を無くすため、積極的に乗りだしている。2016年から6年以上にわたり執拗に崔館長を脅迫する文章を投稿した茨城県に住む40代男性を特定し、昨年11月、305万円の損害賠償訴訟を起こした。この男性が書いた文章のなかから深刻なものだけを選び抜いても、70件を超える。この男性は、裁判の過程で自身が書いた差別と憎悪の文章について「個人的な見解にすぎない」と述べた。

 崔館長は、この男性が投稿した書き込みのなかでは、「祖国に帰れ」という言葉が非常に苦しかったと語った。「戦争が終わり70年以上が経過したのに、(在日コリアンが)日本社会の一員であることを認めないのです。親、私自身、子どもの人生がすべて否定されたと感じました。帰らなければ何でもするという脅迫でもあります」

 自らが受けた被害を思いだし証明する裁判の過程は大変だが、「最後まで戦う」と述べた。
彼女の闘争は、すでに個人の戦いではなくなっている。裁判闘争を行っているという事実がメディアを通じて知られ、一回も会ったことのない日本全域の在日コリアンから電話がかかってきた。数十年間、自分たちの国に「帰れ」という言葉を聞き、諦めたまま暮してきた人たちだった。在日コリアンたちは、戦ってくれて「ありがとう」「傷が回復した」と語った。「その気持ちが分かる気がします。在日コリアンだから、外国人だから、差別を受けながらも耐え抜いてきましたが、時が流れても傷と痛みは忘れられません」 (略)


本文を読む

1:ななしさん 2022/06/16(木) 08:51:39.49
母子からかばん奪おうとし転倒 容疑で韓国籍の男逮捕
2022/6/15 20:00

大阪市住吉区のマンションの駐輪場で3人乗り自転車からかばんを奪おうとして転倒させ、幼児用座席の男児(2)らにけがをさせたとして、住吉署は15日、強盗致傷の疑いで愛知県岩倉市大山寺本町、韓国籍の建設作業員金利広容疑者(54)を逮捕した。

https://www.sankei.com/article/20220615-JNKLO4BB2BOAVFJP5DMRPRXJNQ/

no title

本文を読む

1:ななしさん 2022/06/11(土) 16:16:10.31
朝鮮学校@koreans_school

今日も多くの日本人の方が朝鮮学校差別に反対

消費税増税分を幼保無償化に充てるも、朝鮮学校は除外

高校無償化制度、コロナ禍で困窮した学生向けの学生支援緊急給付金制度も除外

とにかく朝鮮学校には何一つ保障したくない日本政府

https://twitter.com/koreans_school/status/1535218213512163328

no title

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2022/05/29(日) 10:48:44.
北韓(北朝鮮)のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に送った書簡で、ウリマル(我らの言葉)の使用と北韓式のチマチョゴリの着用、国旗掲揚式の定例化を強調し、在日同胞に対する思想の団束(取り締まり)および教育強化を注文した。

朝鮮中央通信は28日、総連の第25回全体大会を迎えてキム委員長が参加者たちに対し、「各階各層の同胞群衆の無窮の力で、総連復興の新たな時代を切り開こう」という題下の書簡を送ったと報道した。

キム委員長は書簡で、『民族性は祖国の人民たちも強くなければならないが、海外に住む同胞たちの方が更に強くなければならない』とし、『在日同胞社会の民族性を固守するための風を起こしていくこと』が総連の課業であると強調した。

本文を読む

1:ななしさん 2022/05/28(土) 10:50:08.02
長らく阪神で代打の神様と崇められた桧山進次郎選手は、2004年、韓国系の『統一日報』のインタビューに、こう答えています。

「日本のプロ野球には帰化している選手も含め韓国人は多い。一線で活躍している人のほとんどが韓国人って話もある。食生活の違いもあって、体がもともと強いって事情もあるんですかね。そのうえ負けん気も強い」

準決勝ではついに日本が韓国を破り、そのまま初代優勝を手に入れるわけですが、金城選手は大会後の朝日新聞のインタビューで、「日本代表の一人として世界の舞台で戦えることがうれしかった」と語りつつ、「血はやっぱり韓国人だから」と複雑な心中を明かしています。

週刊現代
本文を読む

images1:ななしさん  2022/05/21(土) 06:57:10.73
 大阪・読売テレビは20日、同社グループ会社の社員や協力会社スタッフを対象に『在日コリアンをめぐる諸問題』と題した全社人権研修会を4月18日から4週間にわたって実施したことを報告した。

 同研修会は、人権に関する幅広い知識を得て理解を深めることを目的に2019年から行っており、これまで「西成問題」「同和問題」「LGBTQ」「人種問題」「ジェンダー」がテーマとなった。第6回となる今回は「在日コリアン」を取り上げ、大阪市立大学名誉教授の朴一(パクイル)氏が「在日コリアンをめぐる諸問題」と題した講演を行った。

 研修会は事前にビデオ収録され、オンラインで実施。その後、虎谷温子アナウンサーが、テレビをはじめとするメディアが番組制作をする上で特に留意すべき点を聞く対談パートも設けた。

 朴氏は、兵庫県生まれの在日コリアン3世で、大阪市立大学で長年「在日コリアンに関する人権問題」について教鞭(きょうべん)をとってきた。一方、同局の『かんさい情報ネットten.』や『そこまで言って委員会NP』のコメンテーターを務めるなど、メディアでも積極的に発信している。講演では、普段はあまり語ることのない幼少期からの生い立ちに触れ、自身が実際に経験してきた差別や辛かった思いなどを、時に声を詰まらせながら明かした。

 朴氏は「歴史的な経緯から、関西、特に大阪には多くの在日コリアンが生活している。その昔に何らかの差別を受け、苦労をして現在に至っている人もたくさんいる。自分自身も入居差別や就職差別を経験してきた。今の若者たちは、BTS は知っているが在日コリアンの問題は知らないという人も多い。しかしながら、今もなおヘイトスピーチが存在し、差別が行われているのも事実である」と伝え、「差別があるのは、誤解と偏見が原因。こんな人と関わりたくないから関わらないで済まそうとする心の距離があるからで、話せば分かりあえることが多い」と指摘した。

 その上で、メディアが特に留意すべき点として「誤った発信をしないために正しい知識を得ることはもちろん大切だが、人間は差別をしてしまうもので、重要なのは差別に向きあう姿勢。すなわち差別をしてしまった時に、簡単にごまかして済ますのではなく、どこが不適切だったのか? どうすれば良かったのか? を掘り下げて考え、実際にどう対応するのかということではないか。また、番組作りについては、日々の番組の中に在日コリアンのようなマイノリティーが普通に存在していることが大切。ジェンダーバランスが言われる時代だが、マイノリティーバランスも重要であり、マイノリティーの意見を尊重する番組作りをしていってほしい」と意見した。

 同局では、時代とともに変容する人権問題への意識を高めるため、今後もこうした研修会を適時開催していく。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a09ba8c04493d0865492be4c441d6c6a897a062f

本文を読む

chosen1:ななしさん 2022/05/12(木) 10:14:16.89
「朝鮮学校差別やめて」補助金再開求め、県庁前で訴え

朝鮮学校に通う子どもたちだけ補助金の支給を停止している県に抗議するスタンディング行動が9日、横浜市中区の県庁前で行われた。国や自治体の差別政策をやめるようアピールする毎月1度の「月曜行動」。保護者や大学生、在日コリアンと日本人の支援者ら約50人が集まった。

参加者は庁舎に向かって「神奈川県は朝鮮学校を差別するな」「補助金を再開せよ」とシュプレヒコールを繰り返した。元保護者の1人は「もう限界。全ての子どもに平等に…

https://www.kanaloco.jp/news/social/article-909274.html

本文を読む

1:ななしさん 2022/05/09(月) 14:42:38.02 I
"韓国籍女優・玄理「日本生まれですが日本名はありません」
中央日報日本語版

「日本名を持たずに育ちました。両親に堂々と生きなさいと言われ、隠すことなく育ち、一層強くなることができました」

4日に公開された日本映画『偶然と想像』(監督・濱口竜介)で来韓した在日韓国人女優の玄理(ヒョンリ、本名イ・ヒョンリ、36)の言葉だ。日本生まれの玄理は、日本の芸能界では珍しく韓国国籍、韓国名で活動した。


本文を読む

zainiti1:ななしさん 2022/05/03(火) 20:54:03.06 I
在日3世・鄭雅美さん…きょう宇治でコンサート

 太平洋戦争中から在日コリアンらが暮らしてきた宇治市のウトロ地区出身の歌手、 鄭雅美 さん(44)が3日、地区のウトロ平和祈念館前でコンサートを開く。鄭さんが歌うのは「ライオンキング」の劇中歌「サークル・オブ・ライフ」。生命の連環という意味に、自分は何者なのか、探し続けた半生を重ねる。

 在日3世。幼い頃から歌うのが大好きで、朝鮮学校で声楽部に属していた鄭さん。朝鮮大学校(東京)卒業後の2001年に偶然、見た劇団四季の「キャッツ」の迫力に圧倒された。

 2年後に団員に応募し、志望動機に「在日の世界で歌ってきた実力を試したかった」と思いをぶつけた。合格し、「ありのままの自分を受け入れてもらえた」と喜んだ。

 稽古を重ねて動物や草原を表現する群舞を任されるようになり、06年、「ライオンキング」の主要キャラクター・ラフィキ役に起用された。ラフィキとして約1500回舞台を踏み、「ライオンキング」の総出演回数は3000回以上になった。

 「私はいったい何者なのだろう」。
舞台で活躍し、在日社会を離れた暮らしが長くなる中、違和感が強くなっていた。名前を見た人から「関西弁がうまいね」と言われ、韓国人に韓国語で話しかけると、日本なまりを「かわいい」と言われ、ばかにされたように感じた。「韓国で自分のルーツを見つめよう」と決心した。

 11年間籍を置いた劇団を辞め、16年に韓国へ渡ったが、別の違和感に直面した。立ち居振る舞いから「日本人?」と尋ねられ、日本育ちを意識するようになった。


 ある日、祖父母の出身地である韓国南東部の村をたずねた。宇治市まで700キロ。何もない地域に田んぼが広がる中、坂を上った先に、祖父母が暮らしたらしい空き家があった。「よく、こんなところからウトロにたどり着いたな」。自分の根っこを見つけた気持ちだった。「ここから生命を紡がれてきた『在日コリアン』として、前を向けばいい」と確信した。

 コンサートは午後1時から。無料。「歌うことで、私やウトロで暮らしてきた人々、その歴史を知ってもらいたい」と願う。

ウトロ地区  戦時中に進められた京都飛行場建設で集まった朝鮮半島出身の労働者ら約1300人の一部が、戦後も家族らと住み続けた2.1ヘクタールの地域。現在は約60世帯、90人が暮らす。4月30日に日本人との共生を目指す「ウトロ平和祈念館」が開館した。

https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20220502-OYTNT50077/

本文を読む

s-c304bbad1:ななしさん 2022/05/04(水) 21:47:57.77
マイクを必死で握る両手は、小刻みに震えていた。勇気を振り絞って話をしているのがわかった。

「私たちはいま、生きるか死ぬかの瀬戸際にいると思っています。今の時代は、個人情報を簡単に渡せるので、突然いろんな人がやってきて、連れ出されて殺されるってことも想像しています」

「それは私だけじゃなくて、在日の人みんなが少しは考えていることです」

「そんな時代に、マスコミの人たち、日本人の人にお願いがあります。私は殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、これから生まれてくる子どもがこの国で安全に生きていけるようにしてください」

日本人の人みんなに言いたいこと

「日本人の人みんなに言いたいこと」。そう切り出すと、彼女は次のように願った。

「お友だちとか家族とかで『韓国って危ないよね』『謝罪、謝罪言い過ぎだよね』と言われた時に、『そうだよね』と流すことがあると思うんです」

「私も今まで、『中国人って声が大きいよね』と言われた時、『まあまあ』と適当に流した時がありました。でも、そういうのをやめませんか」

「『韓国人ってなんとかだよね』と言われた時、あなたがそう思わないんだったら『私はそう思わない』って言ってください。それで友だちと喧嘩になっても、別によくないですか」

「社会が崩壊しようとしている時に、そんな友だちいりますか?私たちの社会は急には変わらないけれど、ちゃんとそうやって一人一人が言うことで、半径5メートルは変えていくことはできる。いきなり人が変わったり、マスコミが明日から嫌韓報道をやめたりしません」


本文を読む

1:ななしさん 2022/04/15(金) 18:09:47.51

キムテヨン候補

「子供のころから両親や兄弟が在日韓国朝鮮人であるということで苦しむ姿を見て育ちました。

私はこう言いたい。あんたに、この苦しみが分かるのか。あんたに、この私の置かれた境遇が、そして、底辺に生きざる得なかった人間の痛みが分かるのかと」

bandicam 2022-04-15 19-59-49-633

http://video.twimg.com/ext_tw_video/1514836105346285572/pu/vid/640x360/16fgZeWb9ZJgcnaY.mp4
本文を読む

このページのトップヘ