韓国サッカー

4f8c87251:ななしさん 2022/06/20(月) 21:22:29.46
韓国が来年のアジアカップ招致を正式表明 中国が開催権返上で…日本などと〝競合〟に

 大韓サッカー協会が20日、来年予定されるアジアカップの誘致を正式に表明した。

 来年のアジアカップは当初は中国で開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開催権を返上。アジアサッカー連盟(AFC)は代替開催地を模索しており、今月30日に開催意向の提出が締め切られる。そうした中、韓国が招致する方針を明らかにしたと韓国紙「スポーツ韓国」など現地メディアが一斉に報じた。

 大韓サッカー協会は「W杯10大会連続進出などアジアサッカー最強国の地位を築いているにもかかわらず、長い間メジャー大会のアジアカップを開催しておらず、優勝もしていない。2002年日韓W杯に劣らないサッカーの熱気を通じて国民統合に寄与し、大韓民国の国際イメージの向上、サッカーインフラの拡大および、経済活性化を目標としてアジアカップの誘致に乗り出すことになった」と表明した。

 韓国ではアジアカップの優勝と開催ともに1960年から遠ざかっており、アジアの盟主の座をかけて開催地に立候補したようだ。

 同紙によると、アジアカップの代替開催地は10月に開かれるAFC理事会で決定される予定。現在は「日本、カタール、UAE(アラブ首長国連邦)、オーストラリアが誘致の意思を持っており、ここに韓国が追加で参戦した」と報じた。

 来年のアジアカップは東アジアで開催の場合は6月、中東など西アジアで開催の場合は1月が有力視されている。AFCが提示したスタジアムの誘致条件は、1次リーグから準々決勝までが2万席以上、準決勝は4万席以上、開幕戦と決勝戦が5万席以上の収容規模としている。

 アジア最大の大会を巡る今後の動きに注目が集まりそうだ。


東スポWeb 2022年6月20日 18時55分
https://news.livedoor.com/article/detail/22368623/

本文を読む

「衝撃の大惨事だ」U-21日本代表に完敗のU-23韓国代表に敵国メディアは悲嘆!「惨めにひざまずいた」
6/13(月) 1:13配信 SOCCER DIGEST Web

「日本の壁を越えられなかった」

 現地時間6月12日に行なわれたU-23アジアカップの準々決勝で、U-21日本代表はU-23韓国代表と対戦。3-0で快勝を収め、ベスト4進出を決めた。

 22分に鈴木唯人のFKが壁に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれて先制点なると、63分には鈴木のシュートのこぼれ球に細谷真大が詰めて追加点。80分にも鈴木が左足のシュートを叩き込んで勝負を決めた。
 
 ライバルの日本に惨敗を喫したことで韓国メディアも衝撃を受けたようだ。スポーツメディア『Sportal Korea』は「守備が崩壊。ファン・ソンホン監督のチームが日本に0-3、衝撃の大惨事」と見出しをつけ、この結果を伝えた。

「韓国が宿敵の日本にひざまずいた。ファン・ソンホン監督が率いる韓国代表はウズベキスタン・タシュケントのパフタコールスタジアムで行なわれたU-23アジアカップ準々決勝で日本で0-3で敗れた。この結果、準決勝進出を逃し、早く荷物をまとめることになった」

 同メディアは別の記事でも、「日本の壁を越えられなかった。ディフェンディングチャンピオンがぼろぼろの退場」と糾弾している。

「すべての部分で劣勢だった。韓国は日本を相手にチャンスを作ることできず、ずっと劣勢を強いられる屈辱を経験した。結局、3ゴールを次々と奪われ、惨めにひざまずいた」

 2つ下のU-21代表に敗れたショックは、やはり大きいようだ。



▼韓国惨敗記事での韓国ネチズンの反応

bandicam 2022-06-13 10-02-07-697


▼赤線=韓国敗北を伝えるニュース

0-3
本文を読む

bandicam 2022-05-22 16-12-50-6781:ななしさん 2022/06/11(土) 14:54:47.75
2022年6月10日、韓国・スターニュースは「2022年カタールワールドカップ(W杯)で韓国と同じ組に入ったガーナが日本と対戦する」とし、「試合を前に、ガーナ代表のオットー・アッド監督が日本と韓国のサッカーの違いについて自身の見解を語った」と伝えた。

日本代表は10日、キリンカップサッカー2022でガーナ代表と対戦する。韓国代表にとってはガーナの戦力を探る良いチャンスとなる。

記事によると、アッド監督は9日に行われた記者会見で「かなり苦しい試合になるだろう」と予想し、「遠藤航(シュツットガルト)のようにドイツ・ブンデスリーガで活躍する選手をはじめ、欧州で活躍する選手が多い」と警戒感を示した。

また、日韓のサッカーを比較する質問に対しては「同じアジアのチームだが、プレースタイルは全く違う」とし、「日本は圧力も強く、ボール所有率も高く、活動量も非常に多い。また、試合中に有機的なポジション移動を見せる。よって、日本は脅威的で攻撃的なチームだと思う。そういう点で韓国と違う。日本の組織力を学びたい」と述べたという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは
「今の日本サッカーが韓国より上なのは認める」

「悔しいけど反論できない」

「ブラジル戦を見たら誰だって日本の方がうまいと思う」

「日本はボランチの守備が本当に固い」

「客観的にみて、世界は韓国より日本が上だと考えている」

「韓国はソン・フンミンが戦力の50%を占めているから(泣)」
などと嘆く声が寄せられている。一方で
「韓国はずいぶんガーナに見下されているな」

「これだけは知っておいてほしい。韓国は日本だけには強いんだよ」

「韓国には毎回負ける日本のサッカーからよく学んでおいて!」
との声も見られた。

2022年6月10日(金) 18時30分
https://www.recordchina.co.jp/b895735-s39-c50-d0191.html

本文を読む

bandicam 2022-05-22 16-12-50-6781:ななしさん 2022/06/11(土) 08:39:38.46
パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表チームは10日、水原ワールドカップ・スタジアムで行われたパラグアイとの親善試合で2-2と引き分けた。

前半23分と後半5分、ミゲル・アルミロン=ニューカッスル=に2ゴールを決められた韓国は後半21分、ソン・フンミン=トッテナム=のフリーキックで1ゴールを取り返した後、アディショナルタイムにさく裂したチョン・ウヨン=フライブルク=の劇的な同点ゴールで辛うじて敗戦の危機を脱した。

パラグアイ戦は2日のブラジル戦(1-5で敗戦)、6日のチリ戦(2-0で勝利)に続き、ベント監督率いる韓国代表の6月Aマッチ4連戦のうち3番目の試合で、南米チームとは最後の実戦だ。

パラグアイは国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位(韓国29位)で、ワールドカップ(W杯)カタール大会の南米予選では10カ国中8位にとどまり、本選には進出できなかった。

韓国とパラグアイのこれまでのAマッチ戦績は2勝1敗4分けとなった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/11/2022061180003.html

日本 4-1 パラグアイ
韓国 2-2 パラグアイ

日本 0-1 ブラジル
韓国 1-5 ブラジル
本文を読む

1:ななしさん 2022/06/08(水) 17:48:29.75
 サッカーブラジル代表のDFマルキーニョス(マルコス・アオアス・コレア)が、対戦した韓国と日本を比較し「韓国よりも日本のほうがずっと強敵 」と話した。

 ブラジル代表は6日、東京国立競技場で日本代表と親善試合を行い、1-0で勝利した。これに先立ち、去る2日にはソウルワールドカップ競技場で韓国代表と対戦し、5-1で韓国を破った。

 韓国戦と日本戦をどちらもフルタイムで消化したマルキーニョスは、試合後ブラジルメディアのインタビューに応じ「韓国と日本、どのような点が違っていたか?」という質問に「韓国戦は、よりボールをコントロールして勝利した。韓国戦よりも日本戦のほうが厳しかった」と回答。

 また「日本戦では試合序盤、ミスが多かった。僕たちにとって厳しい試合だった。日本はカタールワールドカップ本戦に出場するレベルのチームだった。今後もきょうの日本戦のようにゴールが難しい試合はあると思うが、ワールドカップに向けて良い経験になるだろう」と述べた。

 また、ブラジル代表のアデノール・レオナルド・バッチ監督は、日本との試合終了後、記者会見で「ブラジルと日本の両チームとも、高いレベルの試合を見せてくれた。日本はテクニックを重要視したサッカーで守備も硬かった。韓国は活動量が多く、フィジカルが強いサッカーをするチームだった」と比較した。

bandicam 2022-06-07 14-04-58-431

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0608/10351140.html
本文を読む

1:ななしさん 2022/06/07(火) 11:45:14.63
ブラジル代表のチチ監督が日本の競技力を高く評価した。

ブラジル代表は6日午後、東京国立競技場で日本代表と親善試合を行い、1-0で勝利した。この日、日本の密集守備を崩すのに苦労していたブラジルは、後半31分のネイマールのPKゴールで勝利をつかんだ。

ブラジルのチチ監督は日本戦の後、「高いレベルの試合だった。両チームともにレベルの高いゲームをした。ブラジルも日本もワールドカップ(W杯)レベル」と話した。また「アジアサッカーに対する懐疑的な意見は無視してもよい。アジアサッカーを批判する人はアジアサッカーのレベルと競争力を分かっていない」と強調した。

記者会見に同席したブラジル代表のシャビエルコーチは韓国と日本を比較してほしいという質問に対し、「韓国は運動量が多くフィジカルが強い。日本は技術を重要視する」とし「日本は堅い守備ラインを構築し、メカニズムがうまく作動している。日本の監督は立派な仕事をしている」と答えた。

bandicam 2022-06-07 14-04-58-431bandicam 2022-06-02 23-44-25-468

https://japanese.joins.com/JArticle/291869?servcode=600§code=610
本文を読む

1:ななしさん 2022/06/06(月) 00:30:44.74
「なんだって?」ブラジルが仰天したネイマール秘密条項

-ネイマールが競技前日の訓練中に負傷したが


「前日に公式訓練場へ行ったが、私の目の前でネイマールが足をつかんで座り込んだ。後ほどあげられた写真を見ると実際に足の甲が腫れていた。まずネイマールは“45分以上出場”条項があった。例外条件は負傷だった。ところで私が大韓サッカー協会に密かに義務条件をもう一つ提示した。『もしネイマールが韓国でプレーできなければ6日の東京で開かれるブラジル-日本戦もプレーしない』という条項だった。ブラジル側が『What?』と言って仰天した。これが一番最後の交渉だったが、結局訪韓2週間前に契約書にサインした。恐らく日本側はあの条項があるのを知らないだろう」

-その条件をつけた理由は


「韓国ファンたちにとってネイマールは絶対的な存在だ。ネイマールを見ようと来たファンたちがネイマールを見られないならばその失望感は補償ができない。また、韓国ファンたちは“ロナウド事態”で敏感だ。私たちが願う条件はシンプルに一つだ。 『韓国戦でプレーしないなら日本戦もプレーするな』」


bandicam 2022-06-02 23-44-25-468
本文を読む

1:ななしさん 2022/06/02(木) 21:57:32.16
“王国”ブラジル、韓国を圧倒

国際親善試合が6月2日に行われ、ブラジル代表が韓国代表と対戦した。

FIFAランキング1位の“王国”ブラジル。6日に日本代表との試合を控える中、韓国と敵地で対戦した。この試合では負傷が伝えられたネイマールやマルキーニョス、チアゴ・シウバといった主力が軒並み先発。またレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ優勝を達成したばかりのカゼミーロもスタメンに名を連ねている。一方の韓国では、プレミアリーグ得点王に輝いたソン・フンミンらが出場した。

■試合結果
韓国 1-5 ブラジル

■得点者
韓国:ファン・ウィジョ(31分)
ブラジル:リシャーリソン(7分)、ネイマール(42分、57分)、コウチーニョ(80分)、ジェズス(後半AT)


▼動画
韓国 0-1 ブラジル  (動画2分4秒)
韓国 1-1 ブラジル  (動画4分12秒)

ブラジルPK獲得   (動画4分52秒)
韓国 1-2 ブラジル  (動画5分29秒)

ブラジルPK獲得   (動画7分10秒)
韓国 1-3 ブラジル  (動画7分47秒)

韓国 1-4 ブラジル  (動画9分17秒)
韓国 1-5 ブラジル  (動画9分39秒)


本文を読む

yada1:ななしさん 2022/04/22(金) 17:48:09.02
韓国紙・朝鮮日報が日本、中国、韓国の3カ国によるサッカー・ワールドカップ(W杯)の開催に言及したことについて、中国のファンからは「勘弁して」と否定的な声が上がっている。

中国メディアの観察者網などが伝えたところによると、朝鮮日報の21日付記事は、韓国サッカー界の発展に言及した際、「韓国が単独でW杯を開催することも、日中韓で共催することも、どちらも素晴らしい選択だ」と述べた。

これに先立ち、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は2026年大会から出場国が48に増えることを念頭に「一つの国でW杯を開催することは過去のものになるかもしれない。多国による共催で持続性を確保できる。これは世界の流れだ」などと発言していた。

観察者網の記事は、「2002年に日韓W杯が行われたほか、2026年のW杯は米国、カナダ、メキシコの3カ国で共催する。また、2028年の欧州選手権は英国とアイルランドで開催される見通しだ」と紹介。「こうした方法は、一つの国がW杯を開催するプレッシャーをある程度緩和するものだ」としている。

ただ、中国のネットユーザーからは否定的な声が続出
しており、「勘弁してくれよ」「結構です。韓国とは嫌です」「前回の(日韓)W杯で韓国が何をしたか忘れていない。スポーツ精神の無い国と共催なんてしたくない」「金目当てで中国を抱き込もうとしてもそうはいかない」「韓国と共催するくらいなら中国が単独で開催する」といったコメントが並んだ。

また、「気まずいな」「中国が開催してどうする。金を払って恥をかくのか?」「われわれはW杯開催に値しない」「中国のサッカーレベル+日本の開催能力+韓国の道徳レベル…どうなってしまうのか」「卓球ならいいけど、サッカーは恥をかくだけだから」「女子サッカーなら良いかもしれないけど男子は無理」など、自国の代表はW杯に出場できるレベルにないと指摘する声も多数寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b893069-s39-c50-d0052.html

本文を読む

1:ななしさん
「韓国対イタリア」を担当したモレノ主審、当時の疑惑判定を伊メディアで回想

2002年日韓ワールドカップ(W杯)「韓国対イタリア」の誤審騒動として脚光を浴びたバイロン・モレノ主審が、イタリアメディアで当時を回想したインタビュー記事が反響を呼んだなか、韓国メディアは「イタリアのサッカーファンは再び激怒した」と注目している。

moreno.

moreno

日韓W杯の決勝トーナメント1回戦・韓国対イタリアの試合を裁いたモレノ主審は、イタリア代表MFダミアーノ・トンマージのゴールを取り消すなど、韓国寄りの疑惑判定で物議を醸した。

1-1で延長戦に突入すると、前半にペナルティーエリア内で10番MFフランチェスコ・トッティが故意に倒れたとしてシミュレーション判定。トッティに対して2枚目のイエローカードを提示して退場処分を下すと、試合は延長後半12分にFWアン・ジョンファンのゴールデンゴールで韓国が2-1と勝利した。

当時の“疑惑判定”について、モレノ主審はイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューで回想。

「トッティのレッドカードは最も批判された事件の1つだが、映像を見ると、韓国の選手が先にボールを取っている。トッティはファウルの真似をしてつまずき、転んだ」と正当性を主張している。

後悔しているジャッジは、後半27分に韓国代表FWファン・ソンホンがイタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタを倒した場面でレッドカードを出さなかったことだとし、「あの場面だけは、何年も前から反省している」と告白。

この試合のジャッジパフォーマンスについては「10点満点中8.5点をあげたいところだ」と自己評価を下した。

そんななか、モレノ主審の告白インタビューに韓国のサッカー専門メディア「FOOTBALLIST」が注目。

「前代未聞の準々決勝進出が確定し、朝鮮半島を熱くさせた。同時に、地球の反対側にあるイタリアもヒートアップした。トッティの退場シーンは『審判買収』となった」と当時を回想しつつ、「このインタビューが公開された後、イタリアのサッカーファンは再び激怒した。ツイッターやインスタグラムでは、モレノ主審への批判が続いている」と、韓国寄りとされたジャッジを認めなかった事実に触れている。

日韓W杯から20年の節目で公開された、モレノ主審の回想インタビュー。物議を醸したトッティの退場劇について、本人の口から改めて正当性が主張されたことが、韓国内でも話題になっていた。

2022.04.08
https://www.football-zone.net/archives/376238

本文を読む

1:ななしさん 2022/04/06(水) 12:42:08.90
no title

過去、Jリーグ大宮アルディージャでプレー経験のある元韓国代表イ・チョンス(40)が、“死の組”とも言われるグループEに入った日本の抽選結果を見て爆笑し、「W杯に出ない方がいい」と発言していた。

複数の韓国メディアによると、イ・チョンスはW杯組み合わせ抽選会がおこなわれた去る1日、自身のYouTubeチャンネルで生配信をおこなった。

抽選を生で見守っていたなか、日本が強豪スペイン、ドイツと同グループ(グループE)に入ると、画面に向かってピースサインをしながら爆笑した。

また、韓国がポルトガル、ウルグアイ、ガーナと同じグループHに入ったのを見届けると、「これぐらい(の対戦相手)なら大当たりだ」、「むしろ日本はワールドカップに出ない方がいい」とはしゃぎながらコメントしていた。

これは生配信での発言と伝えられているが、その後イ・チョンスは映像の編集過程で「日本はワールドカップに出ない方がいい」とコメントした部分をカットしたとみられる。

2022/04/06 12:22配信
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0406/10342707.html

本文を読む

nabe1:ななしさん 2022/04/03(日) 20:28:02.21
「日本はW杯に出ない方がいい!」元大宮の韓国レジェンドが森保Jの“死の組入り”に大はしゃぎ! 母国の抽選結果は「大当たりだ」 

悲喜こもごもの反応があったカタール・ワールドカップの組分け抽選会。ライバルが“死の組”に入ったとなれば、やはり嬉しいようだ。

 韓国メディア『nate』は4月2日、元韓国代表アタッカーで、大宮アルディージャでもプレーしたイ・チョンス氏が、自身のYouTubeチャンネルで、「日本の抽選結果を喜んだ」と伝えた。

 周知の通り、4月1日に実施されたカタールW杯の組分け抽選会で、日本はE組に入り、スペイン、ドイツ、大陸間プレーオフ(コスタリカ対ニュージーランド)の勝者と同居する“死の組”に入った。

 この時点で韓国とモロッコもがまだ残っていて、3分の1の確率で日本が“外れくじ”を引くかたちとなった。韓国もポルトガル、ウルグアイ、ガーナと対戦する厳しいグループ(H組)に入ったとはいえ、日本と比べれば、かなり恵まれたと考えているようだ。

  2002年W杯で4強入りに貢献したレジェンドは、韓国が入ったH組について、相対的に見て「これぐらいであれば、大当たりだ」とコメント。「日本はワールドカップに出ない方がいい!」と冗談を言って、大爆笑したという。

 記事には、大はしゃぎするイ・チョンス氏の画像も掲載されている。韓国が死の組を回避して日本が入るという状況が、相当嬉しかったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a84da2e022b8282c91fdba847e62fdaefc903c5 本文を読む

1:ななしさん
ベトナムが日本から歴史的勝ち点で朴監督の母国韓国メディアも大盛り上がり「歴史つくった」
3/29(火) 23:04配信 東スポWeb

 ベトナム代表が29日に行われたカタールW杯アジア最終予選の日本戦(埼玉)で1―1と引き分けて勝ち点1を挙げ、朴恒緖(パク・ハンソ)監督の母国韓国で大きな盛り上がりを見せている。


 朴監督は試合前日の公式会見で新型コロナの感染対策を巡って「不当な扱いを受けた」と猛烈な日本批判を展開して大きな波紋を呼んだ。

 両国の間で遺恨がぼっ発する中で迎えた試合は、ベトナムが先制するまさかの展開で、その後に追いつかれたものの格上の日本を相手に敵地で引き分けに持ち込んだ。ベトナムがW杯予選で日本から勝ち点を奪うのは史上初で、歴史的な勝ち点1となった。

 試合後、朴監督は「アジアのトップである日本チームと戦い、すばらしい1点を挙げることができた」と自画自賛。「チームの状況がいま最悪の状況だ。最悪の状況でプレーした」と前日同様に日本側の対応を皮肉る場面も見られた。

 朴監督の〝快挙〟にさっそく反応したのが、母国の韓国だ。

「スポーツ朝鮮」は「ベトナムサッカー史上、日本を相手に勝ち点を獲得したのは今回が初めてだ。朴監督がもう一つの歴史をつくった」とした上で「日本はホームのファンの前で、弱さを露呈して屈辱を味わった。批判的な世論を避けられない見通しだ」と指摘。

 また「STNスポーツ」は「本大会惨敗だね。日本サッカー恥ずかしい…。61年間守った記録も破られた」と森保ジャパンの〝赤っ恥〟を痛烈に批判した。
日本がベトナムに勝てなかったのは1961年の国際大会以来61年ぶりの屈辱と強調した。そして日本のサッカーファンの声を紹介して「不運もあるが決定力不足だ」、「このままならW杯大変じゃないか?」、「本大会惨敗ね」、「哀れだ」などの意見を採りあげて「代表チームに向かって非難を浴びせた」と断罪した。

 韓国では宿敵の日本を相手に大健闘した朴監督への評価が急上昇しているようだ。

bandicam 2022-03-30 01-21-06-579

bandicam 2022-03-30 01-21-13-679

bandicam 2022-03-30 01-21-08-758



↓数時間後

bandicam 2022-03-30 01-31-33-047

本文を読む

park1:ななしさん 2022/03/28(月) 19:37:35.73
3/28(月) 17:48配信

ベトナム代表を率いるパク・ハンソ監督が28日、翌日に控える2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第10戦の日本代表戦の前日会見に出席した。

24日に行われたオーストラリア代表戦を2-0で制してW杯出場を決めた日本は、既に最下位で敗退が決まっているベトナムと対戦する。

64歳の韓国人指揮官は試合に向けてチーム状況について、「ベトナムチームは良い状況とは言えません。コロナ感染者がいて今回は20名のみ。負傷者が続出しており、さらにコロナ感染者が出たことで戦力的には弱体化していると憂慮しています。明日は最終戦、ましてアウェーなので日本のような強いチーム相手に、我々の状況は厳しいが最善を尽くしたい」と意気込みを語った。

また、日本については、「アジアにおいて非常に強いチームと言えます。日本はシステム、選手、環境、資源すべてに恵まれていて素晴らしく、非常に強いチームです」と評価。そして、パク・ハンソ監督は「まず、ベトナムのサッカー協会と日本のサッカー協会は友好な関係であり、今後もそれが長く続くことを心から願っています」と前置きしながらも、スタッフが来日便搭乗前の検査で陰性だったものの到着した空港で行われた入国時の検査で陽性が確認されたことなどを受け、日本側の対応に不満をのぞかせた。

「私たちはアウェーに戦いに来たチーム。ホームの防疫措置を遵守するのは私たちの義務で、それは当然だと思っています。しかしながら、あまりにも行き過ぎているのではないかと思います」


「ベトナム代表として私たちはアウェーの日本に試合へ来ていますが、行き過ぎた防疫措置で不当な扱いを受けていると言わざるを得ません。プライドが非常に傷ついた。日本のホームとしての配慮やアウェーの国に対する尊重が足りないのではないかと監督として思っています。このことに対して監督として抗議をしましたが、そうしたら防疫義務違反で3日間隔離すると言われました。このような不当な扱いで抗議しただけで隔離されるのならば、いくらでも隔離されて構いませんが、チームの代表として、監督として抗議をするのはチームのためにも当然だと思います」

「防疫基準のコロナ判定の(Ct)基準値がベトナムは36、日本は40で陽性判定の基準が違います。日本が40を基準にしていることを我々は到着するまで知りませんでした。少なくとも40だと事前に知らせるべきではないでしょうか。今朝も3名が検査陽性で隔離され、その数値が38から39で、ベトナムでは陽性と判定されない数値でした。日本では40なので陽性判定ということで隔離されました」

「本日のベトナムチームの韓国語の通訳も、彼は簡易キットで陽性判定を受けまして、その後に彼と間接的に接触した方たちは、チームとは別に食事しています。通訳も正式なPCR検査を受けさせてほしいと何度も要請しましたが、ずっと断られています。私は韓国人のベトナム代表指揮官で、通訳がいないと選手たちと意思疎通できません。なので、その意味でも、もう少し配慮してくれないかと申し上げましたが、それにもノーの一点張り。我々のプライドは傷つきましたし、ベトナム代表監督として非常に残念な気持ちで一杯です」

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb0231c45131c8e4f243094476b7d3aff56696b2

本文を読む

1:ななしさん 2022/01/03(月) 20:52:44.76
韓国サッカー界に大激震だ。元韓国代表選手が強姦容疑で身柄を拘束され、韓国メディアが一斉に報道した。

同国紙「全国毎日新聞」は「江原FCに所属するA選手(27)を住居侵入と強姦容疑で拘束した」と報道。江原江陵警察署によると、江原FCの選手であるAとBが昨年9月末にSNSで出会った女性と会食後、ホテルに連れ込んで性的暴行に及んだ疑いで捜査を行っている。

警察は同じ容疑で立件したBに対しても拘束令状を申請したが、裁判所はAの令状のみ発付してBについては請求を棄却した。

AとBはこれまでのところ「合意のうえで性的関係を持った」と主張しているが、被害女性は無理やり性的暴行を加えられたと訴えており、警察は主犯格のAを拘束した。

江原FCはAとBの2人に対して、新型コロナ禍で禁止されているシーズン中の飲酒を伴う会食を行ったとして無期限出場停止の処分を下した。

同国放送局「MBC」などによると、拘束されたAは韓国代表に選出された経験のある有名選手だという。Kリーグを代表する有力選手の突然の逮捕に、韓国サッカー界に衝撃が走っている。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/3905135/
本文を読む

このページのトップヘ