盗作・起源捏造

1:ななしさん 2021/05/11(火) 19:49:26.37
他人のものを持ってきて賢く使った例として、我々はよく高麗語のムン・イクチョム(※韓国に綿の種子を持ち込んだ人)を思い浮かべる。反対に、我々のものを守ることができず、外国へ流出して他人のものになってしまった例として、クリスマスツリー「クサンナム(Abies koreana)」を挙げる。クサンナム(※チョウセンシラベのこと、朝鮮白檜)の学名にある通り、Korea(コリアナ)はまさに韓国、我が国を指す。クサンナムという名前も済州の方言「クサルナン」から由来したという。 クサルは海の生物ウニの済州方言。クサンナムの英語名は「Korean Fir」、韓国のモミの木だ。

no title

ところで、もし「名古屋議定書」というものが100年前にも存在していたならば、どれほど稼いだだろうか? 名古屋議定書は各国の遺伝資源、生物資源の利用で発生する利益を共有する国際協約だ。 もしそうだったら、我が国は名古屋議定書をバックに担ぎクリスマスツリー使用料(ロイヤルティ)をもらっていることだろう。その金額は当然天文学的であろう.。ところが、現実はそうはいかず、我が国はクサンナムの使用料、すなわちロイヤルティを一銭も受け取れずにいる。

1910~1920年頃、我が国から西洋へ流出したクサンナムは欧州のいくつかの文献に登場し、やがて多くの国で商業的に改良されて、販売された。国立生物資源館の調査結果によると、2012年現在約90品種以上が米国、カナダ、イギリス、オランダの100以上の種苗社で販売されている。当然、これら90品種のロイヤルティを受け取る主体は、品種を改良した各国の種苗会社であって、我が国ではない。


本文を読む

akitaken1:ななしさん 2021/05/06(木) 22:46:28.21
米国には犬だけを募兵して作った部隊がある。K-9という部隊で1973年デトロイト警察局で初めて創設して以来、全国的に定着した警察犬部隊だ。米国の犬警察は厳然たる警察として、一般的な人の警察と同等の待遇を受けている。7~8年ほど働いて定年退職すればパートナーに養子に迎えられ、年金(飼料)をしっかりもらって気楽に余生を送るというから、普通の人の人生より良く見えたりもする。

10年前、米国LA警察局が珍島犬を警察犬にしようとしたが失敗したという。珍島犬があまりにも利口で訓練が難しいという理由からだ。飼料を2、3回ほど食べさせると飼い主を変えることを平気に思う他の犬と違って、珍島犬は自分に初めて訓練させた訓練士だけを唯一の飼い主として忠誠を誓うが、交替した訓練士はどうしようもなく苦労することになるのだ。(省略…)

珍島犬の起源に関する説が2つほどある。まず、中国伝来説だ。中国人は何でも良いことがあれば、自分達が元祖だと言い張る特技があるだけに、ここでも欠かせない。中国人たちはモンゴル犬と宋国の犬を珍島犬の元祖として掲げる。モンゴル犬は毛が黒くて長い。図体が大きなチベット獅子犬に似ている宋の犬はキツネのようにとがった口に、広くて長い耳を持つ。このため、どちらも外形から珍島犬との類似性はもとより見あたらない。

日本の天然記念物として縄文時代 (BC300年以前の石器時代)から存在していたシバイヌ犬(シバケン)が元祖であり得るという説は、日本から韓半島に犬が渡ってきたという古代からの記録が韓日両国に全くないから成立しない。文化は高くて強い所から低くて弱いところに流れ込む属性を有する。だから、韓半島から日本に渡った記録は容易に見ることができる。4世紀頃、百済から倭に渡った先進文物の中に犬があった。 9世紀初め、日本のサガ(嵯峨)天王名で編纂された『ヤンヌンキ(養鷹記)』曰く、「ニントク(仁徳)天王46年(359年)、百済使臣が鷹と犬を我が国に持ってきた。(中略)犬をフッパン(黒班)と呼んだ」だという。ここで、黒斑とは、まだらの犬のこと。

珍島犬の元祖は他にある。以前に珍島犬の遺伝子を調査したところ、オオカミの遺伝子と極めて類似するという結果が出たという。だから、珍島犬はオオカミの完璧な直系後裔と言えるだろう。珍島犬がオオカミの遺伝子を散らせることなく維持したのは、石器時代の頃から陸地と離れた珍島に閉ざされ生きて、品種改良をせずに固有の血統を保全できたからだという。そのような血統に、明晰な頭脳、秀でた品性気質まで備えた珍島犬をそのままにして置く理由がなかったのか、2005年、英国のケネル(Kennel)クラブが珍島犬を最終的に世界的名犬として登載した。

珍島犬には大きく分けて3種類がいる。毛色ではなく形態と特性に分けられる。まずキョプ犬がいる 。キョプ犬は低い背で胴の前が太くて後ろが細い。目は概ね丸い。嗅覚が非常に発達しているので捜索や歩哨に立たせるのに適している。やや愚直な性格を見せる。キョプ犬に比べて利口なのがホッ犬だ。高い背に曲がった背中を持つ。目は一文字に裂けた形だ。キョプ犬も狩猟をするが、ホッ犬に比べれば一枚下だ。

ホッ犬は脚が長くて速く走れる生まれ持った狩猟能力を発揮している。速く走る能力を認められて、朝鮮時代には水軍に抜擢され、連絡兵として軍生活を送った。日帝強占期当時、日本秋田県に送られ、現地の地元犬との合作で別名アキタ犬を誕生させた。
最後に、ヨクサムガク犬がいる。ホッ犬とキョプ犬の中間くらいの高さの背で正面から見た時、胴体が逆三角の形で目立ち、アーモンドのような目を持つ。嗅覚と聴覚が非常に優れている。(省略…)

http://www.mrepublic.co.kr/news/articleView.html?idxno=78102

【韓国】韓国動物保護研究会が「秋田犬は珍島犬が現地化したもの」と主張★2 [12/09]
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386664664/

本文を読む

no title1:ななしさん 2021/05/03(月) 00:41:17.45
日本の「万葉集」の秘密、新羅郷歌がカギだ
5/2(日) 12:16 中央日報日本語版

郷歌研究の新しい風が吹いている。40年にわたる「郷歌研究家」のキム・ヨンフェさんが風の主人公だ。2019年に『千年郷歌の秘密』を出版して風変わりな郷歌解釈を披露した人物だ。漠然と「古代詩歌」とされる新羅郷歌と高麗郷歌が、彼が明らかにした「郷歌創作法」により全く新たな内容で解釈された。それによると郷歌は現代のミュージカルや演劇、マダンノリのような公演の台本だった。

今回の新しい本はさらに一歩踏み込んだ。日本の『万葉集』に込められた秘密に挑戦した。新羅郷歌分析に適用した研究方法論を、『万葉集』から無作為で抽出した作品650首に適用した。その結果、ひとつの例外もなく「郷歌創作法」により作られたことを確認したという。

著者の郷歌解読法で解釈した内容は既存の日本式解釈と同じ作品とみるのが難しいほど違う。「万葉集は郷歌だった」という彼の主張が認められるならばその波紋は少なくなさそうだ。全4516首に達する『万葉集』は古代日本のアイデンティティとも見なされる。著者は4516首全体を日本の学者と共同研究したいと提案した。

彼の「郷歌創作法」が古くからの秘密を解くカギだ。彼によると、郷歌の漢字は「音」ではなく「意味」を現わす表意文字だ。郷歌の文章は中国語の語順ではなく韓国語の語順に従っている。また、文章全体が「歌詞+請言+報言」の構造で構成されている。「請言」は神に願いを祈る文字で、「報言」は演劇の台本の地文のような役割をするが、こうした構造を彼が初めて明らかにした。

『万葉集』には韓半島(朝鮮半島)と緊密な関係にあった古代日本の天皇家のよく知られていない話が含まれている。「万葉集は日本に渡った韓半島人が天皇家を中心に活動しながら韓半島語を基盤として作った作品」と彼は話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1169d8b97b94c3208812dc1d04b2011e60c3a16

本文を読む

nihonto1:ななしさん 2021/05/02(日) 13:18:15.83
美術品としても名高い日本刀、「唐の技術を学んだに違いない」=中国

日本刀は日本の伝統文化を代表するものの1つだが、中国メディアの快資訊はこのほど、日本刀は唐の時代の刀の技術をこっそりと盗んで発展させたものだと主張する記事を掲載した。

記事の中国人筆者によると、日本刀の技術は飛鳥時代に朝鮮半島で行われた「白村江の戦い」がきっかけで日本に伝わったと主張した。日本と百済の連合軍が唐と新羅の連合軍と戦ったこの戦争で日本側は敗北したが、この時唐の兵士が使用したのが「横刀」で、丈夫で切れ味のよい「横刀」が唐の勝利に大きく貢献したと伝えた。

この「横刀」は、南北朝時代の「宿鉄刀」の改良版だと記事は紹介した。当時としては最先端の鍛造技術を使用しており、その作刀工程は複雑で特殊な熱処理を施していたため、コストが高く製作に時間もかかったという。しかし、その品質は極めて高かったそうだ。
 
記事は、日本刀はこの「横刀」の弟子のようなものだと主張した。「白村江の戦い」で敗れた日本は、「唐の作刀技術を学び、日本刀を作り出した」と主張している。しかし、日本は「横刀の真髄を学ぶことはなく、簡素化した作刀方法に変えたので、日本刀はもろくて横刀ほど使い勝手が良くはなく、切れ味も横刀には及ばなかった」と主張した。

それで記事は、当時の「横刀」は世界一のレベルで「冷兵器の覇者だった」ものの、その後に銃や大砲が出てきたため廃れてしまい、その作刀技術は失われてしまったと残念そうに伝えた。
日本刀は独自の鍛冶方法で作られており、中国刀とは全くの別の発展を遂げている。中国としては、日本刀が現代にも伝わり、世界的にも美術品としての価値が認められていることに対するひがみがあるのかもしれない。

http://news.searchina.net/id/1698857?page=1

本文を読む

ryokutya1:ななしさん 2021/04/25(日) 00:13:29.06 I
よく緑茶の地元と言えば、「宝城(ポソン)」を思い浮かべるはずだ。青々とした緑の葉が茶畑を覆う今頃の春になれば、観光客が集まり賑わう。宝城郡は全国緑茶生産の40%を占めるほどの規模を備えており、世界のどこに出しても劣らない品質を誇る。特に、3代にわたって宝城緑茶産業を率いている宝香茶園のチェ・ヨンギ代表は宝城緑茶の「核心」として通じる。

■3代にわたる農夫、緑茶は「運命」

「いつごろからだと思いますか。ただ茶畑で育って、自然に農夫になりました」。「宝香茶園」は、尊い香りが漂う農場という意味だ。1937年、チェ・ヨンギ名人の曽祖父と祖父が宝城の野山を開墾して始まり、既に80年が過ぎた。幼い頃は茶畑を遊び場にし、学校に通いながら両親の仕事を手伝った。(省略…)

■茶、好んでいた私たちの文化を取り戻さなければ

「私たち民族は、茶を全ての植物の王、百草の王と呼んでいました。チャレ(茶禮)という言葉は、旧正月と秋夕の時、ご先祖様に茶を丹念にいれて祭祀を行う日でした。イルサンタバンサ(日常茶飯事)という言葉は、解釈すると、茶を飲んだりご飯を食べたりするように一般的なことという意味です。私たちは茶をご飯と同じく楽しむ民族でした。」

名人は、私たち民族が中国や日本より茶を好んで飲んでいたことを強調した。高句麗古墳で発見された茶に関連のある遺物から考えてみると、三国時代から先祖は茶を栽培して飲む文化があった。

しかし、日帝強占期を経て、私たちの茶文化が消えた。
祭祀膳の茶は酒で、食後はコーヒーを飲むのが当然とされた。私たちの茶がますます忘れられる状況で、チェ・ヨンギ名人は国内茶農家では唯一で、私たちの伝統茶であるティウム茶を保存するため、孤軍奮闘している。ティウム茶は、簡単に説明すると微生物発酵茶だ。周辺の微生物を茶に発酵させて作る。

まだ基礎研究段階だが、ティウム茶に老化を抑制する抗酸化効果が、他の茶に比べて非常に優れていることが分かった。体系的な研究を通じて国際学術誌にティウム茶の効能を立証するため、いくつかの大学と研究中だ。 しかし、まだ韓国茶産業の成長は遅れている。


本文を読む

rikyu1:ななしさん 2021/04/22(木) 21:28:22.52
哲学人類学者であるパク・ジョンジン博士が、茶の専門書籍「草庵茶と韓国茶の源流を明かした茶の人文学1」を出版した。

文献研究と直接現場調査を並行し、韓国茶文化の源流を追跡してきた著者は、韓国が日本の草庵茶が形成されることに大きな影響を及ぼしたと主張する。

著者がこの本を書くに至った動機は、京都のテドクサ(大徳寺)で韓日茶文化交流行事をしていた時、突然、日本の草庵茶の精神が韓国の伝統的な茶精神が日本に渡って花を咲かせたのではないかという疑問に駆られたからだ。 チョガ(草家)というのは韓国伝統文化の象徴ではないか。日本茶道宗家センリキュウ(千利休、1522-1591)のチョン(千)氏も、元来、韓国の氏姓であるから、一層、心証を固めるしかなかったという。

その後、人類学者として韓日茶文化交流史に関心を持ち、草庵茶の源流を追跡し始め、日本にセンリキュウ(千利休)以前にチョン(千)氏という氏姓がないことも確認した。
センリキュウ(千利休)以前に、日本茶道の宗匠といえるイッキュウソウジュン(一休宗純、1394~1481)という人物がいたが、彼も結婚同盟次元で日本に嫁いだ高麗宮女の子であったことも分かった。著者は、イッキュウソウジュン(一休宗純)は日本のテドクサ(大徳寺)に居住したが、テドクサ(大徳寺)は日本の草庵茶の本山であったから、「草庵茶の韓国源流説」が客観的資料を通して証明となっていったと話す。


本文を読む

1:ななしさん 2021/04/15(木) 23:45:49.92
◇茶の人文学

茶という字の形はサラム(人)、ナム(木)、プル(草)で成り立つ。 茶と人とは切り離せない関係だ。

茶研究家であり、『茶の世界』編集主幹のパク・ジョンジン文化人類学博士が、草庵茶と韓国茶の源流を明かした『茶の人文学1』を出版した。

著者は15年間、中国、日本、そして韓国全国の茶産地と茶人を訪ね歩いて、茶と茶文化に対する人類学的研究を開拓した。今回の本は、その結実としてこれから継続して出るシリーズの第一作目だ。

著者は、2016年12月から2019年2月まで世界日報・平和研究所の初代所長を歴任し、世界日報に「パク・ジョンジンの茶脈」を2年間66回にわたって連載した。 当時の内容を修正補完し、新しい解釈を加えて今回書籍として出した。

彼はこの本で、韓国内の茶界で茶聖として通じているチョウイ ウイスン(草衣・意恂)僧侶をを飛び越え、草庵茶を日本に伝えたメウォルダン キム・シスプ(梅月堂・金時習)をもう一人の近世茶聖として崇めなければならないと主張を展開している。 メウォルダン キム・シスプ(梅月堂・金時習)-キム・ジョンジク(金宗直)-ハンジェ イ・モク(寒斎・李穆)を朝鮮中期の茶文化中興期の3人組として挙げている。彼らはタサン チャン・ヤギョン(茶山・丁若鏞)-チョウイ ウイスン(草衣・意恂)-チュサ キム・ジョンフィ(秋史・金正喜)につながる朝鮮後期の茶文化中興期の3人組より350年以上前になる。

著者は、メウォルダン(梅月堂)の草庵茶精神が日本に伝わり、日本式に整えられ、今日の日本の草庵茶となり、今日の日本茶道の源流的性格を持たせていると考えている。千利休を頂点とする日本イエモトの茶道は極めて日本的なものであると言いながらも、韓国の草庵茶がその手本となったことを周知させる。


本2章「韓国の茶聖、メウォルダン(梅月堂)」で集中照明、分析されているメウォルダン(梅月堂)の草庵茶と茶生活の意味で、著者は「メウォルダン(梅月堂)は韓国茶復活のブラックボックス」と強調する。メウォルダン(梅月堂)の多くの茶時を分析するなど100ページ以上を割いて茶人としてのメウォルダン(梅月堂)について詳述している。
 
本で著者は、「茶文化こそ東洋精神文化の精髄」と語る。 韓国の茶道は、昔の伝統と栄光の再現を通じて東アジアの茶文化の復興において中枢的な役割を果たすべきと強調する。 コーヒーブームに陥った世界に茶文化の発展を通じて、茶と共にする未来ウェルビーイング時代を開拓して備えることを注文した。

人類学者が書いた最初の茶の専門書籍として評価されるこの本は、茶の歴史と生活、韓中日茶文化の比較などを経て、韓国茶のアイデンティティを明らかにするのはもちろん、茶人として備えるべき思想と姿勢、茶に対する国際的な情報と動向、そして茶の未来に対しても貴重な情報を提供するという点で、茶人の必読書として位置づけられると予想される。

パク・ジョンジンは1950年、大邱で生まれ、漢陽(ハンヤン)大学医学科を修了した後、国文科に移って卒業した。嶺南(ヨンナム)大学校大学院文化人類学科で修士と博士の学位を取得した。京郷新聞社に入社、主に文化部の記者として活動してから転職し、世界日報の文化部長、論説委員、初代平和研究所長を務めるなど、約40年間言論界に身を置いた。「茶の世界」440ページ。

ソース 全南毎日(韓国語)
http://www.jndn.com/article.php?aid=1618267875314888103

本文を読む

1:ななしさん 2021/04/13(火) 00:25:27.87
桜花は済州道が原産地?
2021.04.12 09:01

日本人に愛されている花として知られている桜の実際の原産地は、済州だという主張があります。チャンネルAで確認しました。


桜の原産地が済州という学説が出たのは1960年代の初頭です。当時は桜のルーツの研究が始まったところでしたが、1962年に漢拏山に自生する王桜の木3株を発見したパク・マンギュ国立科学館長が、日帝強占期時代にも発見されたという記録を根拠に、日本の桜は済州道の王桜の木が渡ったものと判断しました。

以降も、桜の木の原産地をめぐって我が国と日本の学会は論争を繰り広げました。ところが最近の研究で、「済州原産地」説は事実でないことが明らかになりました。
済州と日本の桜の木からDNAを採取し比較したところ、互いに異なる品種であったのです。 済州桜は野生種である一方、日本桜は人為的な交配種であるというのが、これまでの研究で明らかになった事実です。

ただ、桜祭りで有名なソウル汝矣島(ヨイド)や慶南鎮海(チネ)の桜などは、大部分が日帝強占期の時に植えた日本桜の木です。

日帝強占期時代は、春のポッコンノリ(※桜花遊び、花見のこと)文化が韓国内に導入された時期で、日帝は昌慶宮に桜の木1300本を植え、「ヤエン」と呼ばれる夜の桜花遊びを開催することがありました。 解放以降、昌慶宮は復元され、この桜の木の一部が汝矣島(ヨイド)に移されました。

no title


関連
【韓国】 ソウル大公園4月の植物に、「王桜」選定。日本で始まった花と勘違いすることもあるが、我が国の固有種[04/10]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1618066780/
【サクラ】 韓国で最も愛される春の花は桜...果たして『日本軍国主義』の象徴だけなのか?[04/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1617674440/
【解説】ワシントンDCの桜は韓国産?杜撰な取材で拡散する嘘 [3/31]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1617175804/

本文を読む

1:ななしさん 2021/04/07(水) 23:24:00.04
「中国が文化侵略を行っている」として韓国ネットユーザーの反発が強まる中、中国の有名なアクション俳優が「テコンドーの起源は中国武術だ」と発言し、物議を醸している。5日、韓国メディア・ヘラルド経済が伝えた。

記事によると、中国のアクション俳優チウ・マンチェク(趙文卓)が過去に中国の武術オーディション番組に審査員として出演した際、参加者の1人が「韓国のテコンドーを学んだ」と語ったところ、「一つ修正しておきたい」として「全ての武術の起源は中国にある。テコンドーも中国の戳脚(武術の一つ)から生まれた」と指摘した。それに対し、参加者も「同意する。全ての武術の起源は中国にある」と同調する発言をした。

記事は、「これには同じ中国人からも批判の声が上がった。番組の放送後、中国の格闘家である徐暁冬氏は、チウ・マンチェクの発言を非難した」とし、同氏が「韓国のテコンドーはオリンピックの正式種目なのに、そのような発言をすべきではない。あなたの発言は間違っていた」と反論したこと、「(チウ・マンチェクの発言通りなら)世界のすべての武術の起源は中国にあり、白人や黒人の起源も中国人ということになる」「とんでもない発言だ」と強調したことを紹介した。

韓国では現在、韓服・キムチ・サムゲタンなどを中国固有の文化とする一部中国人の主張に対し、ネットユーザーの間で「反中」感情が高まっている。最近では、中国料理を演出に使用したSBSドラマ「朝鮮駆魔師」が、視聴者からの抗議により、わずか2話で放送中止となる事態も起きた。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「キムチに韓服にテコンドーまで…本当に大した度胸だ」「いいかげんにしてほしい。だからチャイナタウンの建設にも反対運動が起きるんだ」「中国は自国の文化遺産によほど自信がないんだな。気の毒に」「韓国から渡った人々が中国を形成しているのだから、中国の土地と財産は全て韓国のものだ」といった不満や反発の声のほか、「テコンドーも中国のものだし、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も中国のものだ。全部譲ろう」「万里の長城は韓国にあったけど台風で飛んで行ったんだぞ」などと皮肉めいた声が多く寄せられている。(翻訳・編集/丸山)

tekondo

Record China 2021年04月07日 11時20分
https://www.recordchina.co.jp/b813610-s0-c70-d0191.html

本文を読む

1:ななしさん 2021/04/05(月) 20:48:33.57
世界最初稲作は韓半島から・・・「米の民族」の理由あったよ
2021.03.31 21:20

大邱食世界に - (9)韓国はスッカラク(※飯匙のこと)宗主国
-既存の学説を覆す
-稲作、5千年前のインドで開始
-以後、韓半島伝播信じた学界
-1994年遺跡から1万6千年前種もみ11粒出土
-以後、稲作起源韓国で規定

(…省略)韓半島を起源とする稲作、大豆、スッカラク(飯匙)という歴史的遺物が出土し、その事実が中国の歴史記録だけでなく、外国の考古学教科書にまで登録されているにもかかわらず、韓国人だけが「我々ではなく中国」といって事大道理を守っている。最近では、1940年代に皇国臣民の誓約をした子孫らしく、2019年には日本の経済報復輸出規制に、「無条件に日本に謝罪せよ」という日本事大まで備えている。 日本人がハングルを作って韓半島に教えてくれたとか、ハングルは日本の神代文字をそのまま模倣、古代韓半島南部は日本語を使ったなど、日本の歴史歪曲を信奉する人々もかなり多い。

◇世界最初の稲作は韓半島から

稲は、6500年前に多くの地域で同時多発的に栽培された。4千~5千年前、インドガンジス(Ganges) 川流域、北部ミャンマー、タイ、ラオスまたは中国南部地域で始まり、韓半島にはその後、クリル海流(Kurile Current、親潮海流)に乗って移住してきた東南アジア人によって伝播したものとされてきた。東南亜人移駐説によると、畑稲作(dry-land cultivation)は我が国にBC3500年頃、日本にはBC1200年頃に伝わった。

中国では、稲の栽培はBC5世紀またはBC11世紀前後、中国南方に広まったという南部拡散経路(southern diffusion route)学説が定説であったが、最近否定されている。およそ9千年前、中国とインドの野生稲の近接関係性がコンピュータアルゴリズム分子時計(molecularclock)技法で明らかになった。

我が国では、1990年7月、京畿(キョンギ)道金浦(キンポ)郡通津(トンジョン)面の炭化米が、BC2千100年頃と推定された。1987年、京畿道高陽(コヤン)郡一山(イルサン)邑の新石器の土層から出た12粒の種もみを、米国のベータ研究所で放射性炭素年度測定(radiocarbondating)した結果、5千年前とされ、BC2千300年頃と推定された。 ところが、1994年忠清北(チュンチョンプク)道玉山(オクサン)面小魯里(ソロリ)の旧石器遺跡から放射線炭素年代測定によって1万3千~1万6千年前と推定される種もみ11粒が出土した。

このため、2016年国際考古学会では稲作の起源を韓国と規定し、1万3千年前まで遡及して世界的考古学教科書として使われている「考古学概論書(Archaeology: theories, methods and practice)」も韓半島を起源としている。我が国は稲作の誇りを生かし、1972年から韓国銀行の50ウォン玉に稲穂を図案し、稲作の起源地(Originofricefarming)が韓国であることを記念した。以下略

著=クォン・テクソン コリア未来研究所首席研究員

ソース 大邱(テグ)日報

本文を読む

1:ななしさん 2021/03/30(火) 21:57:20.65
ある日本コミュニティでのり巻き(キンパ)の起源について以下のような質問がアップされました。(訳注:元発言は2010年のYahoo!知恵袋で、今取り上げる理由は不明)

「のり巻きって韓国から来たのですか?普通に日本のだと思うんですが、韓国の子がそれは韓国起源だって。。。。」

no title

これに対して日本人ネチズンは以下の様な反応をしました。「のり巻きは、江戸時代にヤクザが鉄火場(賭場)で、手早く手軽に食べられる物として出現したのが起源と言われてます。外国でサンドイッチが出現したのも、ポ-カ-ゲ-ムの場ですから、東西問わず人の考える事に変わりは無いようですね。
韓国説は嘘ですよ!江戸時代は日本は鎖国してた訳ですから、日本が韓国文化の影響を受けてた可能性は低いでしょう。韓国人は、日本文化の起源を韓国にする事が、しばし見受けられますので、キッパリと否定しましょう。韓国人は剣道さえも韓国発祥と言って憚らないのですから...また、朝鮮語の中には普通の日本語が入っていたりもします」

「日本が起源です。その韓国人は自国に文化がないので他国の文化を起源といいます。金管楽器、木管楽器、日本語と韓国語の話がとても似ていてびっくりしました。韓国は自国言語で表現できない日本語をハングル風に言います。それは当時、日本が朝鮮を保護して合併したので日本が日本語の教育とハングル語を教えたので、当時の朝鮮人は識字率が低くて読み書きが出来ない。それでハングル風の日本語ができました。」

「韓国起源を主張する韓国人の言葉はまともに相手にしない方が良いです。韓国起源説は韓国人の文化コンプレックスによるもので、他国文化の強奪たるや酷いものです。また、韓国の国定教科書は歴史を操作して、ほとんどの日本文化が韓国起源になっています。」

「剣道も柔道も韓国起源を主張しています。日本や中国だけでは飽き足らず、イエスキリストまでが韓国人だと言い出す始末です。しかも、大学教授などがそういった嘘を突然言い出し、本まで出版し、あたかも真実であるかのように外国でも堂々と主張しますので、手に負えません。」

「最近では2000年の歴史ある中国の無形文化財が、名称を変えただけで韓国起源として世界遺産に登録され中国で大騒ぎになり、中国人の嫌いな外国人No.1になりましたし、日本の空手の一流派でしかない、これまた名称を変えただけのスポーツが、韓国起源のものとしてオリンピック種目になっています。」

しかし、食用関連の記録は韓国が先んじていて、ご飯を海苔で包む固有文化もまた、かなり以前から存在しました。現代キンパの外形は、日本ののり巻きのレシピをキムサム(訳注:ご飯などの穀類を海苔で包んだ食べ物)の様な韓国の食習慣に合うように借用して新しく生まれた料理がキンパだと見なければならないといいます。

http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=868612

関連サイト:Yahoo!Japan知恵袋2010/10/3
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1448033734

本文を読む

1:ななしさん 2021/03/29(月) 20:31:30.08
美首都ワシントンで満開した桜、済州島漢拏山(ハルラサン)王桜花だろうか
桜は日本の国花だが世界で最も有名な桜祭りはアメリカのワシントンで開かれる

米国の首都ワシントンを横切るポトマック川周辺では、この時季になると、4000本以上の桜の木が一斉に花を咲かせる。川岸はうすい桜色の天地に変わり、恍惚の境地を演出する。桜は1912年、日本から友情の贈り物として届いた3000本以上の木々がその始まりだ。日本は自国の国花を米国の首都に大量に送り、ワシントンでは100年以上過ごし桜祭りが開かれている。祭りには毎年100万人を超える観光客が訪れる。今年は「コロナ19」の流行で訪れる人が大幅に減ったが、桜はいつもと変わらずに白いつぼみを咲かせた。

ところが、ワシントンのこの桜が済州・漢拏山で採集されたという主張がある。
東洋美術史学者ジョン・カーターコベル(1910~1996)博士は、生前に発表した文で、「日本の東京市長が1910年、荒川周辺の桜の木をワシントンにプレゼントしたが、害虫ですべて絶えた。日本は新品種の桜の木を再びプレゼントしたが、この時の桜は済州島で採集したもので、米国の風土で強く生き残ると考えた」と明らかにした。

実際に1910年1月6日、シアトルの港に到着した日本産桜の苗木は、検疫過程で病害虫に侵されたのが確認され、ウィリアム・タフト大統領の命令で全て焼却された。 ところが、わずか14ヵ月後の1912年2月14日、3020本の苗木が再びシアトルに到着し、ワシントンへ運送した。 短期間で数千本の桜の木を再び集めることができたかという問題、米国政府が日本産桜の安全性に敏感に反応した事実を考えれば、コベル博士の見解に耳を傾けるようになる。後に、米農務省で実施した桜の遺伝子検査でも、済州の王桜の花とワシントンの王桜の花が同一の塩基配列を持っているという事実が確認されている。

日本は1930年代まではこのような事実を認めていたが、解放以降、ワシントンと済州の桜の木が違う種子だと立場を変えた。1945年までは韓半島が彼らの占領地だったが、解放後には立場を一度再整理する必要があっただろう。 同様に、私たちも「ワシントンの桜は本来は私たちの地で生まれたものだ」と声を高めているのは確かだ。奪われた土地から、私たちの意思とは関係なく立ち去った花だった。

no title

ソース 中央日報(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=025&aid=0003088955

関連スレ
【韓国】 日帝残滓である桜祭りの名称を、『春の花祭り』に変えよう。ムクゲの植樹キャンペーンをすべき。ホン・ムンピョ議員 ★2 [3/24]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1616539137/

本文を読む

1:ななしさん 2021/03/25(木) 11:09:20.33
Record China 2021年3月24日(水) 22時20分

韓国SBSの新ドラマ「朝鮮駆魔師」の中で中国に関する描写が問題となり、企業が相次いでスポンサーを辞退する事態が起きている。
24日、韓国・朝鮮日報が伝えた。

記事によると、マッサージチェアブランドの「COZYMA」とベッドメーカーの「ACE BED」はすでに広告を取り下げており、「LG生活健康」や「好関元(ホグァンウォン)」、「タムナ総合魚市場」も、制作支援を見直す方針だという。

「朝鮮駆魔師」は、後に世宗となる忠寧君(チュンニョングン)らが悪霊から民を守るために戦う姿を描いた創作史劇。22日に放送された初回で、忠寧君が明との国境付近に位置する店で、外国人司祭と通訳者に中国の伝統的な食べ物である「月餅」(丸い形の菓子)や「皮蛋(ピータン)」(鶏やアヒルの卵を発酵させた食品)、餃子などを振る舞う場面が登場し、波紋を呼んだ。インターネット上では「朝鮮駆魔師」のスポンサー企業のリストが拡散され、不買運動を呼び掛ける声も上がったという。

誠信女子大学のソ・ギョンドク教授は22日、自身のSNSで「すでに中国のネットユーザーはこの場面を『当時の韓国の典型的な姿』として支持し始めた」と指摘。
また、「歴史歪曲(わいきょく)の問題につながる恐れが非常に大きい」とし、「最近中国が韓服やキムチ、パンソリなどを自国の文化と主張している中で、別のネタを提供することになる」「世界中の人々が韓国ドラマを視聴している状況で、歪曲された歴史を広めるべきではない」と危機感をあらわにしているという。

初回の放送後、掲示板には視聴者からの抗議が殺到。これに対し、ドラマの制作陣は「このような時期に誤解を招く場面をお見せして申し訳ない」と謝罪した上で、「都から遠く離れた場所であることを描きたかっただけで、特別な意図は全くない」とし、「明を経て朝鮮を訪れた『駆魔司祭』らを休ませる場であり、国境に近いため中国人の往来も頻繁だったのではないかという想像のもと、小道具を用意した」と説明しているという。

韓国では14日にも、ドラマ「ヴィンチェンツォ」第8話に中国メーカーの加熱式ビビンバが登場し、視聴者から「韓国の伝統食品のビビンバが中国製品として登場するのは不愉快」と不満の声が上がっていた。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは「すぐに制作を中止し、プロデューサや脚本家、俳優などを降板させなければSBSの視聴をボイコットする」「このドラマの脚本家は中国から金を受け取ったスパイでは?」「ドラマだから作り物だという言い訳はしないでほしい。子どもたちはこういう描写を見て、間違った歴史認識を植え付けられてしまう」「どうせ創作史劇を作るなら、完全に仮想の人物を主人公にすべき」「中国との国境付近に住む北朝鮮の人々はみんな中国料理を食べているのか?当時は交通の便も発達していないだろうに、想像力が欠如してる」など、怒りの声が多数寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b873930-s25-c30-d0191.html

本文を読む

gyoza1:ななしさん 2021/03/24(水) 18:47:36.84
「マンドゥ(饅頭)の元祖はシルクロードの入り口ウルムチ」
2021. 03. 22

-韓中日の饅頭三国志『饅頭』パク・ジョンベ
-「韓国人が食べる饅頭は饅頭ではない」
-元来は発酵を経る、そうでないのはギョジャ(餃子)
-餃子の語源も韓半島、日本に伝来

私たちが食べる饅頭は、私たちが知っている饅頭ではない。どういうことかと思うだろうが、食評論家兼作家パク・ジョンベ氏(57)の説明を聞けば理解できる。

韓国人の食卓に登場する饅頭は、小麦粉の生地に各種の具を入れた食べ物だが、元来の饅頭、正確にいえばマントーは小麦粉の生地を作った後、発酵という追加過程を経るからだ。

韓国人が楽しむ饅頭は、食品文化史ではギョジャ(餃子)に分類される。 「日本で食べる餃子だと思って、日本が元祖か」と、かっとすることはない。

パク作家が韓中日3カ国を回りながら研究したところによると、日本の「ギョジャ」という名前のルーツは韓半島だ。
数年間、歩き回って書いた『饅頭』に彼は関連内容をふんだんに盛り込んだ。  

https://news.v.daum.net/v/20210322000514439

本文を読む

1:ななしさん 2021/02/17(水) 08:54:52.49
ラッパーE-Sens、韓服の起源めぐり中国人ネットユーザーらと”舌戦”

 韓国ラッパーE-Sensが、韓服(韓国の伝統衣装)の起源をめぐり中国人ネットユーザーらと”舌戦”を繰り広げている。

 E-Sensは去る15日、自身のSNSに「旧正月、楽しく過ごされたことと思います。漢服ではなく韓服だ。この狂った盗人Xたち。図々しい。韓服をまるで中国のものだと考えている人たち、心を入れ替えろ。韓国のものだ」と投稿。


 また「今度は、ヒップホップまで米国(が起源)のものではなく、中国で始まったとか言い出すんだろう」と鋭い一言を書き込んだ。

 E-Sensは「漢服と韓服は違うと、歴史を勉強しろとか言いながら、中国人はとぼけたことを言うな。漢服という言葉は最近になって使うようになった言葉じゃないか。キムチも自分たちのものだと言っていたし、このXX」とスラングを用いながら強く牽制した。

 さらに、中国の旅行会社が韓国PR用資料に韓服を着用している男女の写真を使用していることを例に挙げて「キムチでも食べてろと暴言(?)を吐いた中国人たちが、いまではキムチが自分たちのものだと言っている」と言及。

 また「お前たちのものは、WHO機構だろ」とし新型コロナウイルスをめぐる世界的イシューをあげて怒りをあらわにした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fa933b9508114d6a1e892117fa9ad2a8c1752264
本文を読む

このページのトップヘ