オリンピック

1:ななしさん 2022/02/19(土) 09:24:55.42
2022北京冬季オリンピック・女子カーリングで、決勝に進出するチームが決定した。日本とイギリスが決勝に進出して、優勝を競うことになった。

2チームいずれも、予選リーグで韓国の『チーム・キム』に敗れたチームである。韓国が予選の最終戦でスウェーデンに敗れたため、劇的に準決勝進出のチケットを得たチームという共通点もある。

no title

日本の女子カーリング代表チーム『チーム藤澤』は、18日に行われた準決勝でスイスを8-6で破った。 予選で4位に上がり、1位のスイスを破った日本は金メダルまで狙えることになった。日本は4年前の平昌(ピョンチャン)オリンピックでは、準決勝で韓国に敗れて銅メダルにとどまっている。

イギリスの『チーム・ミュアヘッド』は、準決勝でスウェーデンと終盤で大接戦を繰り広げ、延長の末12-11で勝利して決勝進出を収めた。

韓国は予選2回戦でイギリスを9-6で下し、6回戦で対戦した日本は10-5で制した。だがしかし、最終の9回戦でスウェーデンに4-8で敗れたため、準決勝の壁を越えられなかった。

仮に韓国がスウェーデンに勝っていれば、韓国とカナダが準決勝に進んでいて、日本とイギリスは脱落していた。韓国の敗北が確定した時、歓呼した日本とイギリスがともに準決勝を通過し、金・銀メダルを獲得することになった。

予選リーグで1~2位に上がったスイスとスウェーデンは銅メダル決定戦(19日)に追いやられ、日本とイギリスの決勝戦は大会閉幕日の20日午前10時5分から行われる。

ソース:メディアペン(韓国語)
http://www.mediapen.com/news/view/702016

本文を読む

1:ななしさん 2022/02/14(月) 13:16:07.51
 北京冬季五輪で不公平判定が物議を醸した後、SNSには「韓国人として中国に心からお詫びします」といった謝罪文の投稿が相次いでいる。

 14日、TwitterなどのSNSには「韓国人として」で始まる多くの謝罪文が掲載された。文章の作成者は、それぞれ自分が韓国人だと紹介したが、翻訳機を使ったような不自然な文章で中国を称賛している。

 中には「韓国人として本当に申し訳ございません。先日のショートトラックの競技は確実に韓国選手が反則をしたのだが、われわれ韓国人が非常に恥ずかしく、中国選手に不信を抱かせました」という投稿がある。

 また「私は韓国人として全ての中国人に心から謝罪いたします。中国のお兄さんたち、われわれ無知な同胞をゆるしてください」と書かれたものもある。

 さらに「中国チームは素晴らしすぎる!韓国人として私は彼らに喝さいを送ることを耐えずにいられない」、「韓国人として彼らは確実に反則をし、何も言えず失格も当然だ」、「みんな争わないでください。韓国人として私は中国の人たちに謝罪し、バカみたいな同胞をゆるします」といった投稿もある。

 それだけでなく、「韓国人として言うが、韓国人は人間として扱われるのが嫌いです。ハエだと思ってください。朝鮮人と言ったら発作を起こします」、「韓国人は中国人の犬だと認めます」といった中傷する文章や、「韓国人としてわれわれは中国の文化を盗んではいけない」、「韓国人としてこれは中国北方の少数民族、朝鮮族の服装だ。韓服というものではない。愚かな韓国人。韓国人として私は恥ずかしい」といった開幕式で物議を醸した中国の「文化工程」に対する言及もある。

 これらを投稿した人たちは、それぞれどの国籍の人物なのか確実なことは分からないが、それぞれのアカウントを見てみると、その前に投稿した文章から中国語を使っている痕跡が分かる。

 韓国のネットユーザーは、中国のネットユーザーが翻訳機を使って韓国人のフリをして投稿したのではないかと推測している。韓国のネットユーザーは「韓国人は、韓国人としてという言葉自体、あまり使わない」、「翻訳機を使ったのがよく分かる」、「誰よりも韓国人になりたくてやきもきしている中国人に見える」、「翻訳機の表現を直してから詐称しろ」といった批判的な反応を見せている。

no title

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0214/10335389.html
本文を読む

1:ななしさん 2022/02/12(土) 16:08:48.65
韓国選手を制したオランダの女子金メダリストに対し、韓国のネットユーザーから口撃を加えている。韓国紙はこれに懸念を示している。

11日、北京冬季五輪ショートトラック女子1,000m決勝では韓国のチェ・ミンジョン選手が2位でゴールインして銀メダルとなった。チェ選手は終盤、4位から一気に駆け上がり、先頭のスザンネ・シュルティング選手(オランダ)に迫ったが僅かに届かなかった。

しかしこの場面、シュルティング選手はインコースに入ってくるチェ選手を邪魔するために腕で阻止したようにも見えた。チェ選手は腕を振りほどこうとしているようにもみえる。そのため、韓国メディアなどからは、これは反則ではないのかとの指摘も出ているが、そのような判定は出ておらず、シュルティング選手が金メダル、チェ選手が銀メダルとなった。

aa

ここからが問題だ。韓国のネットユーザーらは、シュルティング選手のSNSアカウント対して「悪口攻撃」を行った。「チェ・ミンジョンを終盤でなぜ手で止めて金メダルを取れて良かったか?」「オランダは第二の中国」などのコメントを付けたり、嘔吐する絵文字を大量に貼り付けたりしている。詳しく報じた韓国のエックスポーツ紙(12日)によると、さすがに見かねた他の韓国のネットユーザーから、これら悪口を削除するよう要求するコメントもあったという。

同紙は、これと同じような事件として、韓国のファン・デホン選手が男子1,500m金メダルを取った際に、中国のネットユーザーらから「途方もない悪口攻撃を受けた」ケースを挙げつつ、「しかし、私たち(韓国人)もこのような行動を同じように繰り返した」とし、「韓国の人口が多ければ中国人ではないのかと思う」「まるで悪口の起源が誰なのかオンラインオリンピックをするように見えるほど」と伝えている。

シュルティング選手アカウントへの当該悪口コメントなどは現在とのところ削除された状態だ。

https://korea-economics.jp/posts/22021205/

本文を読む

1:ななしさん 2022/02/12(土) 22:44:21.75
スピードスケート男子500 ラスト2組フライングに世界的に疑問の声「スタート疑惑?」「判定おかしい」
2/12(土) 19:49 スポニチアネックス

◇北京五輪第9日(2022年2月12日)

スピードスケート男子500メートルでスタートリスト14組、15組で起こったフライングについて世界的に疑問の声が挙がった。


ラスト前の14組で滑った森重航(21=専大)とビクトル・ムシュタコフ(ROC)。しかし1度目のスタートで森重のフライングが取られてリスタート。2度目スタートは正常で森重は34秒49のタイムでその段階で3位に入った。ラストの15組で日本の新浜立也(25=高崎健康福祉大職)と昨季世界王者のローラン・デュブルイユ(カナダ)が滑った。15組目も1度目のスタートでデュブルイユのフライングが取られてリスタートになった。新浜はスタート直後にバランスを崩して持ち前のスタートダッシュを決められず35秒12で20位。デュブルイユも34秒522とタイムが伸びず森重が銅メダルで同競技の日本男子では、10年バンクーバー大会以来、3大会ぶりの表彰台となった。

ラスト2組のフライングにネットでは「最後2組に対してどこにスタートのやり直しが必要だったのか」「明らかに最後の2レースはフライングじゃなかったと思う」「スピードスケートのスタート疑惑ない?」「スロー映像でピストル光ってから動いてるようにしか見えないんだけど…」「フライング判定おかしい」などと疑問の声が挙がった。


海外のファンからも「False start」というワードで疑問の声が挙がった。「不正スタートじゃないですか?不正スタートがなければ簡単に勝ってた」「動いてないのに不正スタートの意味がわからない」などとフライングと判断されたスタート動画などとともに多くの投稿がされた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32b5ac90ba56fefebc8639a7b2aae072e31091e8


本文を読む

1:ななしさん 2022/02/11(金) 16:12:48.89
【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系市民団体が11日、ソウルにある中国大使館付近で集会を開き、北京冬季五輪のスピードスケート・ショートトラックで韓国選手が相次いで反則判定を受けて失格となったことに抗議した。

 団体は「中国はオリンピックの(中国びいき)判定に謝罪せよ」などと主張。中国国旗の「五星紅旗」を手で破るパフォーマンスを行った。

 団体の代表は「わが国の韓服、キムチを奪うだけではなく、オリンピック精神を傷つけることに腹が立った」と述べた。集会に参加した若い女性は「このような判定は若者の夢を奪うもの」として、「中国政府に何も言えないわが国の政府も糾弾する」と語った。

 7日に行われたショートトラック男子1000メートル準決勝では、韓国選手2人がそれぞれ組1位と2位でゴールしたが、失格判定を受けた。韓国選手の失格により、中国選手が決勝に進み、批判の声が広がっている。

image_readtop_2022_129141_0_140911

https://news.yahoo.co.jp/articles/21d2b61e8de189443f5931ed73d7dcd63b9fdb3d
本文を読む

bandicam 2022-02-11 01-57-23-9921:ななしさん 2022/02/09(水) 08:28:48.52
「1000年の敵」「賽は投げられた」 韓国内の嫌中感情に発展した不公平判定=北京五輪

2022年北京冬季五輪をきっかけに韓国国内で反中感情が爆発している。ショートトラックの試合で見られた中国びいきの不公平な判定が、韓国の反中感情に火を付けたのだ。

7日に行われたショートトラック男子1000メートルのレースでは、黄大憲(ファン・デホン)、李俊瑞(イ・ジュンソ)ら韓国の選手が不可解な判定で失格になった。これで利益を得たのは中国の選手たちだった。中国の選手たちは決勝でも不可解な判定で金メダルと銀メダルを獲得。ツイッターのトレンドには「フェアプレー」「不公平な判定」「町内運動会」などの言葉が並んだ。「知っていてもひどい目に遭う」という慣用句の一部を「北京」に置き換えた北京五輪のパロディーロゴも拡散された。

4日の開会式で韓服(韓国の伝統衣装)姿の女性が登場したことも物議を醸した。中国国内の56の少数民族を代表する一人として登場し、中国の国旗「五星紅旗」を手渡す役割を果たした。これをめぐり「韓服工程」との声が上がったが、政府の代表として北京五輪に出席した韓国文化体育観光部(省に相当)の黄熙(ファン・ヒ)長官が抗議をしなかったため、論争が拡大した。

韓国の20-30代は中国に対する非好感度が高い。昨年11-12月に韓国リサーチに依頼して実施した世論調査では、「中国は韓国に否定的な影響を与えている」との回答(60.2%)が「肯定的な影響を与えている」(8.4%)を大きく上回った。19-29歳では72.0%が、30-39歳では68.1%が、「中国は韓国に否定的な影響を与えている」と回答した。

北京五輪での理解できないシーンの数々は、韓国国内の反中感情を爆発させた。「公正性」に敏感に反応する20-30代の逆鱗(げきりん)に触れたという指摘もある。チョさん(29)は「これまで中国が好きだったというわけではないが、五輪を見て反中感情がより高まった」として「世界中の人々が見る五輪という場でもこんなことをするとは思わなかった」と話した。

インターネットのコミュニティーサイトでは反中感情を爆発させる書き込みが相次いでいる。ある大規模コミュニティーサイトには「今回の五輪をきっかけに、反中感情は後戻りできない道を歩み始めた」という投稿があり、5000件近い「いいね」が付いた。また「日本は100年の敵、中国は1000年の敵」という言葉も再び注目を集めている。

ある大学生コミュニティーサイトには「中国は滅亡してほしい」という書き込みがあり、数百人が「いいね」で同調した。反対意見には「お前はチャンケ(中国人に対する蔑称)か」とのコメントが付いた。中国人を名乗るユーザーが「中国人全員を恨まないでほしい」と書き込むと、「『一部』といっても『一部』が多すぎる」などと否定的なコメントが付いた。また、別のコミュニティーサイトでは「行き過ぎた反中は警戒すべき」との投稿に対し「自分の国に帰れ」「韓中関係をこじらせているのは中国」などのコメントが並んだ。

一部のコミュニティーサイトでは「中国製アプリ不買運動」も起きている。中国で制作されたアプリ一覧をシェアし、使うべきでないと主張しているのだ。SNS(会員制交流サイト)アプリのティックトック(TikTok)、カメラアプリのユーライク(Ulike)、フェイスユー(FaceU)などの名前がアプリ一覧に並んだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/08/2022020880203.html

本文を読む

bandicam 2022-01-17 17-56-52-8341:ななしさん 2022/02/09(水) 22:19:26.63
今月7日、北京冬季五輪で中国に2個目の金メダルをもたらしたショートトラック男子1000メートルの判定に韓国メディアが反発する中、新華社通信など中国の主要メディアは韓国国内の反中ムードを紹介することはなかった。ただし、愛国主義傾向の強い環球時報、観察者網など一部メディアは、韓国のネットユーザーたちが中国の選手やコーチ陣を攻撃しているという内容の記事を掲載した。

環球時報の国際評論関連のSNS(会員制交流サイト)アカウント「補一刀」は9日「韓国人の多くはショートトラックのペナルティー規定を分かっていない」として「韓国は長い間、中国・日本という二つの強大国の陰に隠れているうちにいつしか劣等感が生まれ、そのせいで(ショートトラックの)判定を中国びいきで韓国をバカにした不公正なものだと考えている」と主張した。このメディアは「ショートトラックの競技規則が厳格になったことで、短期的に見ると韓国のような伝統的な強豪が適応できないという現象が発生しているが、長期的には選手の生命と健康を守り、種目の発展に寄与するだろう」として「韓国は感情的な声を抑え、新たな競技規則に適応する必要がある」とも指摘した。

観察者網は、ショートトラック中国代表チームのビクトル・アン(韓国名:安賢洙=アン・ヒョンス)コーチに対する韓国内の批判的な世論について、「韓国は(アン氏を)批判する資格がない」という王濛・元中国代表監督の発言を紹介。アン・コーチはかつて韓国代表だったがロシア国籍を取得し、今回の五輪では中国代表コーチを務めている。王濛氏は7日、中国のテレビでショートトラック男子1000メートルの解説を務めた。王濛氏は「私は彼(アン・コーチ)をロシアから連れてきたのであって、韓国から連れてきたのではない」として「ロシアで引退を宣言し、自分のための舞台を求めていたアン氏を連れてきた」と話した。中国メディアはアン・コーチについて、韓国国籍ではないものの韓国人の末裔(まつえい)だという意味で「韓裔」と表現している。

北京晩報など多くの中国メディアは9日、韓国刑事・法務政策研究院が昨年12月に発刊した「スポーツ界の腐敗の実態および関連制度改善に関する研究」と題する報告書を引用し、韓国スポーツ界の不正が深刻で、選手・コーチの選考過程で不正・腐敗が蔓延していると報じた。

北京= パク・スチャン特派員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/09/2022020980246.html

本文を読む

bandicam 2022-01-17 17-56-52-8341:ななしさん 2022/02/09(水) 15:47:46.33
Record Korea 2022年2月9日(水) 12時50分

2022年2月8日、韓国・朝鮮日報によると、7日に行なわれた北京五輪ショートトラック男子1000メートル準決勝での韓国選手への失格判定をめぐり、国際スケート連盟(ISU)が韓国側の抗議を棄却した。

記事によると、ISUは同日、「7日の試合判定と関連して、主審に対し2回の異議申し立てがあった」「韓国代表チームから、ファン・デホン選手の準決勝失格の理由を問う抗議があった。競技場のビデオスクリーンで発表されたように、ファン選手は『接触を誘発する遅いレーン変更』でペナルティを受けた」と説明した上で、「判定に対する抗議を受け入れない」との立場を表明した。理由については「連盟規定に基づき、審判は当該抗議を受け入れなかった。競技規則違反による失格の可否に対する審判の判定には抗議できない」とし、「言及した規定と関係なく、主審はビデオ審判と共に事態をもう一度検討し、自身の最終決定を固く守った」と説明したという。

なお大韓体育会はファン選手(22)、イ・ジュンソ選手(21)の失格と関連して、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する予定だという。

これを受け、韓国のネット上では「これが五輪精神?」「こんな偏った判定はおかしい」「今後中国が主催するすべてのスポーツ競技はボイコットだ」「大統領が無能だから韓国を見くびっているのだろう」など大ブーイングが起きている。

その他にも「これがもし日本の五輪だったら?。きっとすぐ不買運動が始まったはず」「なんで反中運動はしないの?」と指摘する声や、来月の大統領選挙に関連して「今は我慢。3月の大統領選で政権交代して正常な国になってから話をしよう」「悔しいよね。でも大統領選びを間違えたから仕方ない」という声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b889169-s39-c50-d0194.html

本文を読む

1:ななしさん 2022/02/09(水) 08:14:15.42
<北京五輪>ずっと2位でも金メダルの任子威「韓国が転んだこと、一生記憶する」嘲弄
2/9(水) 7:30配信 中央日報日本語版

2022北京冬季オリンピック(五輪)ショートトラック競技で、韓国の黄大憲(ファン・デホン)と李俊瑞(イ・ジュンソ)が不公正判定で失格になった中、中国ではむしろ反韓感情が拡散している。

中国ネットユーザーは韓国ショートトラックが強い理由に「反則」を挙げて限韓令(韓流禁止令)を出すべきだと主張している。

8日午前、中国ソーシャルメディアの微博では「国際スケート連盟(ISU)、ハンガリー・韓国の異議棄却」という意味のハッシュタグ検索数が306万回を越えてリアルタイム検索語1位にランクインした。

続いて「韓国選手2人、インタビュー拒否後に競技場離れる」「韓国反則」「シャオリンサンドル・リュウ反則」「黄大憲反則」という意味のハッシュタグもリアルタイム検索語ランキングに入った。

中国ネットユーザーは黄大憲が2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪当時も反則を犯したと主張し、「手口がとても汚い」「悪意の反則は韓国だけの強み」「黄大憲は常習犯」「限韓令が復活するように願う」という批判を浴びせている。

これに先立ち7日、中国ショートトラック選手の武大靖はショートトラック男子1000メートル準々決勝1組で倒れた朴章ヒョク(パク・チャンヒョク)と衝突した。ビデオ判定後、アドバンスを取得した朴章ヒョクは準決勝に進出したが負傷で棄権した。

黄大憲の場合、準決勝1組で決勝線を一番最初に通過したが、ビデオ判定の結果、コース変更が遅かったという判定が下されて失格になった。2組で出発した李俊瑞(イ・ジュンソ)も2位に食い込んだが、最後の1周を残してハンガリーのシャオアン・リュウと接触したという理由でレーン変更判定を受けて失格となった。

このような状況のおかげで、任子威は準々決勝から決勝戦までずっと2位で決勝線を通過しても金メダルを首にかけることができた。特に決勝では、1位通過したハンガリーのシャオリンサンドル・リュウが2つのペナルティで失格となり、2位で入ってきた任子威が金メダルに繰り上がった。

金メダルを獲得した後、任子威は「(競技で)一生記憶に残る瞬間は何だと思うか」という取材陣の質問に「韓国チームが転んだこと」と答えた。取材陣が笑うと彼は「なぜ? 普通すぎるから?」と問い直した。


ハンガリー選手のシャオリンサンドル・リュウは競技後にSNSに「あと少しで五輪チャンピオンになれそうだった。2005年にスケートを始めて、特にこの4年間は精神的、肉体的な苦しみに耐えながらトレーニングしてきた。期待に沿えない結果を出してしまって申し訳ない」としながら「今日は私にとって辛い一日だった。ショートトラックは素晴らしいスポーツだ。私の友である任子威、おめでとう」と綴った。

一方、ISUはこの日、北京冬季五輪男子ショートトラック1000メートルの判定に対して韓国の抗議を受け入れないと公式発表した。

baka

https://news.yahoo.co.jp/articles/3115e72516797b12c661a6772475dc016a231519
本文を読む

1:ななしさん 2022/02/08(火) 14:13:32.96
<北京五輪>「汚い韓国、反則なしでは競技できないのか」…黄大憲嘲弄する中国

中国ショートトラック選手である武大靖はこの日ショートトラック男子1000メートル準々決勝1組でパク・チャンヒョクと衝突した後に転倒した。パク・チャンヒョクは手首の痛みを訴え競技場を出て行ったが、ビデオ判定の結果アドバンスを獲得し準決勝に進出した。

この過程で中国のネットユーザーは「韓国選手はなぜこのように反則ばかりするのか」「平昌(ピョンチャン)で悪いことをたくさんした報い」と批判した。

特にシナスポーツは公式ウェイボーに「ネットユーザーは魂の質問は次の通り。なぜショートトラックの試合で選手たちはいつもぶつかるのか。そして負傷する選手はなぜよりによって常に中国選手なのか」と問いかけた。

このほかにも「韓国ショートトラックはなぜこのように汚いのか」「韓国ショートトラック選手たちが全滅した」「(韓国は)反則なしでは競争できないのか」「北京五輪のショートトラック競技はとてもどきどきする」などの意見が相次いだ。

彼らは黄大憲選手に対し「彼はルールを破ったものと判明した。彼は中国がどれだけ科学技術で進展しているのかよく知らないだろう」としながらビデオ判定技術を称賛した。

bandicam 2022-02-07 23-53-58-803

https://news.yahoo.co.jp/articles/616562783c5c1ce0f94e544eb773c93d03c01740
本文を読む

1:ななしさん 2022/02/08(火) 10:03:09.34
  韓国選手団は7日、2022北京冬季オリンピックショートトラック男子1000メートル準決勝での偏った判定を国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することにした。

 大韓体育会は「8日午前、北京冬季五輪メインメディアセンターでユン・ホングン選手団長が緊急記者会見を開き、CASに関連事項を提訴することにした」とし「今回の判定の不当さを公式化し、再び国際スケート界とスポーツ界で韓国選手がこれ以上悔しい思いをしないよう最善を尽くす」と明らかにした。

 韓国ショートトラック代表チームのファン・デホンとイ・ジュンソは7日、男子1000メートル準決勝で1位と2位でゴールしたが、その後ビデオ判定で失格となった。レーン変更の際に反則をしたというのが理由だった。ファン・デホンとイ・ジュンソが失格となり、代わりに組3位だった中国選手たちが決勝に進出した。

 その後、決勝でもハンガリー選手が1位となったが反則で失格となり、中国選手2人が繰り上がりで金メダルと銀メダルを獲得した。まるでよく練られた脚本のように、すべて準決勝から決勝まで1位になった選手が失格となり、中国選手たちがメダルを獲得した。

 韓国選手団は競技が終わった後、ショートトラックの審判長に強く抗議し、国際スケート競技連盟(ISU)と国際オリンピック委員会(IOC)に抗議書簡を送った。

 大韓体育会は「今回の提訴決定は、これまで血と汗を流して努力した韓国選手や、偏った判定に対する韓国の国民感情などを考慮した」とし「審判の判定が国際スポーツ界の支持を受けることができず、不公正かつ透明ではない国際連盟と国際審判との関係も総合的に判断した」と提訴の理由を説明した。

bandicam 2022-02-07 23-53-58-803

Yahoo! Japan/WoW!Korea 2/8(火) 9:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b7e588cab15121e9da93b3e3b2953fe9ab72669

本文を読む

1:ななしさん 2022/02/08(火) 17:53:58.94 ID
北京五輪のショートトラックで中国勢に有利な〝疑惑の判定〟が頻発していることに対して韓国選手団が8日に緊急会見を開き、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長との直接会談の要求、そして今大会の氷上種目におけるボイコットを検討する方針を示した。

ショートトラックを巡っては5日の混合リレーや7日の男子1000メートルなどで中国選手に有利な判定が相次いで他国選手に失格が頻発する一方で、中国が続けて金メダルを獲得。世界中から疑惑の目が向けられている。

そうした中、判定を不服とする韓国選手団が緊急会見を開催。韓国紙「世界日報」などによると「スポーツ仲裁裁判所への提訴はもちろん、IOCのトーマス・バッハ会長に直接会って強く抗議する方針だ」と中国の金メダルを認めず、徹底抗戦することを明言した。

さらに韓国の放送局「テレビ朝鮮」を通じて「選手の保護及び、国民感情を考慮する観点から強硬に対処する。 〝判定被害〟が続く恐れがある中で、氷上種目に限って大会ボイコットまでも検討している」とブチ上げた。

議論になっているショートトラックはもちろん、注目を集めるフィギュアスケートやスピードスケート、カーリングなど韓国のメダルが期待される主要種目をボイコットで放棄する可能性を示した。

韓国が大会途中でボイコットを断行すれば前代未聞の事態で、北京五輪に激震が走りそうだ。

bandicam 2022-02-07 23-53-58-803

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21642512/
本文を読む

1:ななしさん 2022/02/07(月) 23:08:47.84
【北京聯合ニュース】衝撃的な結果だ。北京冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子1000メートルで、韓国のエース黄大憲(ファン・デホン)と期待のホープのイ・ジュンソが不可解なジャッジで失格となった。

前回平昌五輪の銀メダリストの黄は1000メートル準決勝1組で1位につけたが、レース後の審議で失格となった。黄の失格により、2位と3位だった中国の2選手が決勝に進出した。

ショートトラックの準決勝では各組上位2人が決勝に進む。

一方、2組でもイが2位につけたが、失格となった。イの失格により、中国選手が2位となって決勝に進んだ。

韓国選手2人が失格となり、中国選手2人が決勝に進出する結果となった。

bandicam 2022-02-07 23-53-58-803

Yahoo! Japan/聯合ニュース 2/7(月) 22:39
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b27a8336623f56c5ca03647d878cc4b1bdb5767

本文を読む

1:ななしさん 2022/02/06(日) 16:22:38.04
2/6(日) 5:20配信 コメント1451件

「初日以降は一度も行っていない」という選手も


 2月4日の開会式とともに本格的なスタートを切った北京五輪で、“ある問題”が浮上している。選手村での食事に関するものだ。

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が世界的に猛威を振るうなか、今大会は現地の至る所で厳格な感染対策がとられている。それは選手村も同様で、周囲はフェンスで厳重に囲われ、警備員も配置されている。

 昨夏の東京五輪では一部の外国人選手が無断で外出して問題となった。だが、厳戒態勢が敷かれた今大会は、ほとんど“自由”が許されていない。そうしたなかで、小さくない問題となっているのが、選手たちに振舞われている食べ物だ。

 現地時間2月5日に、日刊紙『朝鮮日報』など複数メディアは、韓国代表チームの一部選手たちが、世界各国の計678種ものメニューが提供されている食事に「苦しんでいる」と報じた。

 とりわけ、3つの選手村のうち北部にある延慶はひどいようで、韓国のポータルサイト『MK Sports』によれば、かなりの不満が噴出しているという。同メディアの取材に応じたショートトラックのチーム関係者は、「グルメな国として知られる中国でのオリンピックだっただけに、期待をしたが、これまで行ってきた国々の中でも、食べ物の質は一番良くない」と語っているという。

 また、男子スピードスケートのチョン・ジェウォンは「おいしくはない。北京に到着した日の夕方に食堂を訪問したけど、それ以降は一度も行っていない」とキッパリ。さらにスピードスケート女子マススタートに出場するキム・ボルムは「すべての料理が“中国式”という感じ。この食事を見てると『家に帰りたいな』とさえ思う」と嘆いた。

 こうした不満の声を受け、急きょ、韓国選手団は大韓体育会が支援する給食センターに弁当の手配を依頼。今後は主催側の許可を得たうえで、14人の栄養士と調理人を現地に派遣するとしている。

aho

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7e94c3be61c41704f88b292f91b7edda88f3e69
本文を読む

1:ななしさん 2022/02/06(日) 21:12:39.50
北京五輪開幕式に韓服が登場した件について

ファンヒ文化体育館後部長官
「(公式的な抗議など)そうすることまでは現在考えていない」

「戦おうと飛び掛かって、果たして実益が何かあるのか。どうぞご理解いただきたい」

no title

いい0 怒り452
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=011&aid=0004015529

本文を読む

このページのトップヘ