韓国人の反応

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/20(水) 18:28:45.95
Record china 2018年6月20日(水) 17時50分

2018年6月20日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本対コロンビア戦を実況した韓国の解説者の発言が物議を醸している。

韓国メディア・月刊スポーツによると、アン・ジョンファン解説員は19日、日本対コロンビア戦の実況を行った。前半開始早々に日本が相手の反則で得たPKを香川が決めると、アン解説員は「日本、これはなんという棚ぼたか!」と驚いたという。前半39分にはコロンビアのキンテロが直接FKからゴールを決めて同点に。GK川島が懸命にセーブするも、ボールはわずかにゴールラインを越えた。この時、川島は主審にノーゴールを猛アピールしていたが、アン解説員は「ゴールとボールの間に高速道路を敷けそうだ」と表現し、コロンビアのゴールを確信していたという。

試合は結局、日本が2-1で勝利。アジアで初めてW杯で南米勢を破り、16強進出に大きく前進した。後半に大迫が勝ち越しゴールを決めた際、アン解説員は「韓国と比較されることは明らかだが、元サッカー選手としてはとても悔しい。(韓国代表を)侮辱するファンが増えそうでとても心配だ」と懸念を示したという。

アン解説員は“センスある言葉選び”に定評があり、韓国では人気の解説者だというが、今回の発言には韓国のネットユーザーから批判的な声が寄せられている。「解説者があからさまにコロンビアを応援していいの?」「日韓戦なら分かるけど、コロンビアと戦っているのになぜそんな発言を?同じ韓国人として恥ずかしい」「愛国心の強過ぎる解説者はいらない」「スポーツと国同士の関係は分けて考えるべき」「彼は日本に批判的な解説をすることで有名。ライバル心むき出しで情けない」「誰がどう見ても日本がうまかったのに、なぜ皮肉ばかり言うの?」など、中立性を指摘する声が目立った。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

0bf6bcf21: たんぽぽ ★2018/06/19(火) 13:57:28.44
レコードチャイナ

2018年6月18日、韓国・東亜日報によると、韓国で「日本海が消滅する可能性がある」とする研究結果が発表された。

記事によると、慶尚大のキム・ギボム教授と江原大のソ・ビョンダル教授のチームは、朝鮮半島に近い日本海南西部の海底地殻構造についての新たな研究結果を発表した。それによると、キム教授らの研究チームは、朝鮮半島と日本海の境界で、相対的に薄い地殻が厚い地殻の下に入り込む初期段階「沈み込み帯」ができ始めている証拠を発見した。同じ現象は日本海東部の日本との境界でも起きているため、今の状態が続いた場合、日本海が消滅する可能性があるという。チームは「数百万年後には朝鮮半島が日本のように地震や火山噴火が頻繁に発生する地域となり、さらにその後、朝鮮半島と日本列島が地続きの土地になる」と予想した。

またチームは、同現象が慶尚北道の慶州地震や浦項地震など、韓国で最近起きている地質活動の根本原因である可能性も指摘した。キム教授は「朝鮮半島が安定的なプレート内にあるという従来の朝鮮半島の新期地(neotectonic)理論を再検討する必要がある」と話したという。

この報道に、韓国のネットユーザーの反応は「ずいぶん先の話だね」「その頃には人類が滅亡している」「韓国の地球物理学はそんなに発達していたっけ?適当に発表したのでは?」「百万年後に発表してくれない?」「数百万年後より、国民の明日の生活を心配してほしい」など実感が湧かない様子だ。

一方で「朝鮮半島でますます地震が増えるということ?」「遠い未来のように感じるけど、地震の増加など小さな変化はすぐにでも始まる。対策をするべき」と地震の発生を懸念する声や、「朝鮮半島が広くなるということ?日本との領土問題が解決するのはその時だろうな」と予想する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: たんぽぽ ★2018/06/12(火) 19:03:32.79
レコードチャイナ

2018年6月12日、史上初の米朝首脳会談が行われる中、韓国のネット上では金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「余裕の振る舞い」に注目が集まっている。

金委員長は同日、トランプ米大統領と首脳会談を行った。会談での金委員長の様子について、韓国・聯合ニュースは「トランプ大統領より38歳も若いが、委縮した様子は見られなかった」と伝えている。また、金委員長が握手と記念撮影を終えた後、トランプ大統領の腕に手を乗せるジェスチャーをしたことについて、「親しみをアピールする余裕まで見せた」と報じている。

また、金委員長は冒頭に「ここまで来る道はそれほど容易ではなかった。われわれには歩みを阻む過去があり、また誤った偏見と慣行がわれわれの目と耳をふさいでいたが、われわれは全てを克服し、この場所に来た」と述べた。これについて記事は「米朝対立の責任を米国だけに押し付けず、両方に過ちがあることを告白した。これは一種の自己批判であり、破格の発言」と評価している。

さらに、金委員長が過去の北朝鮮指導者らと違い、シンガポールでの会談を承諾した点にも注目。「シンガポールでの会談は、南北首脳会談が行われた板門店や、中朝首脳会談が行われた北京などに比べ、周辺環境を完全に統制することが難しい」としている。

こうした金委員長の“堂々とした外交態度”について、記事は「10代でのスイス留学で先進文物を身につけたことが影響を与えている」と分析した。

金委員長の振る舞いについては韓国のネットユーザーからも多くのコメントが寄せられている。その多くが
「若いのに余裕がある…」

「とても賢く見えるのはなぜ?」

「金正恩に対する好感度がどんどん上がる」

「トランプ大統領より余裕の表情だね」
など好意的なもの。中には
「一言も話しかけられない文大統領より頼もしい」

「朝鮮半島が統一して金正恩が大統領選挙に出たら選んであげたい。それほど堂々としている」
との声まで。また
「スイスに留学していたから通訳も必要ないのだろう」

「長いこと外国で暮らしていたから、外国人の方がむしろ気が楽なのでは?」
と推察する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/b612509-s0-c10-d0058.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

hana11: ガラケー記者 ★2018/06/09(土) 14:14:57.65
Record china  2018年6月9日(土) 12時0分

2018年6月7日、韓国のインターネット上にこのほど、「日本の市民意識がうらやましい」と題するスレッドが掲載された。

スレッド主は日本旅行の感想として「日本人は花が好きなのか、多くの人が家の前に鉢植えを置いて花を育てていた。きれいだし、さらに外に置いておいても盗まれないということがとてもうらやましかった」とつづっている。

植物が好きで家でたくさん育てているというスレッド主は、韓国の事情について「直射日光に当てようと家の前に鉢植えを出すと、小さいものはよく盗まれる。さらに、大きいものは植物だけが引き抜かれていたこともあった」と説明している。さらに掲載者の隣の家も同じ被害に遭い、それ以降は鉢植えを外に出していないという。

最後に、スレッド主は「韓国も住みやすい国だけど、市民意識は日本の方が立派」とし、「食や観光地はあまり楽しめなかったけど、日本人の親切さと高い市民意識のおかげで満足のいく旅行だった」との言葉で締めくくっている。

このスレッドに、他のネットユーザーからは「日本がうらやましい」「韓国では外に鉢植えを置いてはいけない。100%なくなる」「私も庭で花を育てていたけど、おばさんたちに盗まれて今は1つも残っていない」「どうして他人の鉢植えを持っていくのだろう?信じられない」「母が経営している店では、営業中に盗まれたこともある」など、スレッド主に共感するコメントが数多く寄せられている。

一方で「私は一度も盗まれたことないよ。地域によって違うのかな?」「韓国も田舎なら、ドアを開けて生活しても誰も盗みに入ってこない」と反論する声や、「他の国に比べたら韓国はましな方。それよりもたばこやコーヒーカップのポイ捨てが嫌」と主張する声も見られた。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

bandicam 2014-10-26 10-02-18-7371: ガラケー記者 ★ 2018/06/08(金) 14:22:24.21
Record china  2018年6月8日(金) 12時10分

2018年6月7日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の保守系最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が、慰安婦像をめぐる日韓関係について「過去は流れ去ったものであり、過去に執着することは将来的に役に立たない」と語った。

洪代表は同日午前、韓国プレスセンターで開かれた外信記者クラブ懇談会に参加し、記者からの質問に対し上記の考えを述べた。

洪代表は、日本政府がソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去を要求していることについて「日本植民地時代に私の父が徴用で連れて行かれた。幼い頃から、朝鮮半島に対する日本帝国主義の蛮行を幾度となく聞いて育ってきたが、日韓関係は過去に縛られていてはいけない」と述べた。さらに「スウェーデンはノルウェーを100年間も植民地支配していた。そのためスウェーデン政府はノーベル平和賞の指名権をノルウェーに与えたそうだ」と海外の事例に触れ、「慰安婦問題など過去の歴史に関わっていてはいけない」と主張したという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは
「慰安婦問題は全世界が知っている真実を日本が否定している問題だ。これを正そうとしているのに、なぜ過去への執着になるんだ」

「あなたはどこの国の国会議員なんだ」

「日本がスウェーデンのようなことをしているとでも言うのか?」

「心からの謝罪もないのに、なんと寛大なこと」

「誤ったことを正そうとすることが執着なのか?」
など、コメント欄は洪代表の主張への批判の声で埋め尽くされた。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

0bf6bcf21: 荒波φ ★ 2018/06/08(金) 09:05:05.28
レコードチャイナ

2018年6月6日、韓国・マネートゥデイは、就職難を克服するため海外就職支援事業を推進している韓国政府が「日本に注目する理由」について報じた。

日本の厚生労働省の「外国人雇用状況」によると、昨年10月基準の日本で働く韓国人の数は、前年同月比16.2%増の5万5926人。記事によると、日本で働く韓国人の数は、13年は3万4100人、14年は3万7262人、15年は4万1461人、16年は4万8121人と増加し続けている。15年以降は3年連続で2桁の増加率を記録した。

さらに韓国政府は「需要はもっと多い」とみているという。記事は「日本の若者人口は12年から21年までに172万人減少すると予想されており、求人難は避けられない構造」と説明している。

韓国の若者も日本に注目している。韓国政府が13年に再整備した「Kムーブ(海外就職支援事業)」を通じて昨年就職した若者は5118人。就職先は日本が最も多く、27.8%(1427人)を占めたという。Kムーブを通じた日本就職は13年の296人から、4年で4.8倍増加した。

韓国政府も3月に「海外地域専門家養成案」を発表し、「Kムーブスクール」の人員について、日本に40%以上を割り当てることを決めた。また韓国と日本の年金期間の合算を推進するなど制度の補完策も検討しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは

「政府の情けない政策に失望」
「海外就職を促すのではなく、国内に就職先を増やしてほしい」
「政府は国民より外国人労働者を大切にしている」
「安い労働力を利用して金を稼ぎたがる韓国企業は、韓国人より外国人労働者をほしがる。たとえ技術が足りなくても…」
「韓国人は日本に行き、韓国には外国人労働者があふれている。おかしくないか?」

など、不満の声が数多く寄せられている。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

wor1612280047-n61: ガラケー記者 ★2018/06/06(水) 18:19:00.99
Record china  2018年6月6日(水) 18時0分

2018年6月6日、韓国メディア・韓国日報によると、「日本大使館前への慰安婦少女像設置」について、訪韓した米国の大学教授が「慰安婦像が日本軍慰安婦のイメージを単純化させるという問題はあるが、設置自体は肯定的に評価する」との見解を述べた。

慰安婦問題が世界に注目されるようになった一方で、同問題をめぐる日韓の対立は平行線をたどっている。中でも在韓日本公館前への慰安婦像設置問題は、たびたび議論を呼んできた。

記事によると、西江大学での学術会議に参加するため訪韓した米コロンビア大学のキャロル・グラック教授は1日、日本大使館前への慰安婦像設置について「日本の否定の政治から始まった」とし「(過去を否定する)日本政府の観点は変わらず、安倍政権に入って状況はさらに悪化した」と述べた。記事は「在韓日本大使館をはじめ、世界各地に慰安婦像が設置されている理由だ」と伝えている。

グラック教授は「最初の慰安婦像は1000回目の水曜集会(慰安婦問題解決のためソウル日本大使館前で毎週水曜日に行われているデモ)を記念し、集会が開かれている場所に設置された。今もなお慰安婦被害者が集会に参加する“生きた記憶活動”が行われている場所だ」とも述べたという。これについて、記事は「大使館前の慰安婦像を『外国公館を侮辱する目的だ』と批判するのは難しいという意味」と説明している。

またグラック教授は、慰安婦像をめぐり「韓国人の犠牲者意識を強調し、政府に利用される」との指摘があることについては「慰安婦像が慰安婦問題を単純化させるとの問題はあるが、ホロコーストの記念物が世界各地にあるように、(慰安婦像も)多ければ多いほど良い」と述べた。さらに「慰安婦像を設置することと、これが国内の政府に利用されることは別の問題。現在は強力な民族主義が強調される時期で、(韓国をはじめとする各)政府は民族情緒を利用しようとする。しかし慰安婦像を設置した主体は市民社会。慰安婦像を政治に活用するのは政府に責任がある。この二つを区別するべき」と主張したという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは慰安婦像を設置する理由について「日本が過去の犯罪を心から謝罪しないから」「あんな悲劇を二度と繰り返してはならない。それを後世に伝えるため」などの意見が寄せられた。

また日本に対し「日本が慰安婦像を嫌がるのは当然。反省しない日本を苦しめるために設置しているのだから」「日本が本当に反省しているのなら、自ら慰安婦像を設置するべき」と訴える声も。

その他、韓国の最大野党「自由韓国党」の金文洙(キム・ムンス)次期ソウル市長選候補が最近、慰安婦像設置に否定的な見解を示したことに関連し「慰安婦像設置に反対する韓国人は意外に多い。その事実が悲しい」「グラック教授がソウル市長になるべき」「韓国の政治家は(グラック教授から)しっかり学んでほしい」などの声も上がった。


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/05(火) 13:59:55.18
Record china 2018年6月5日(火) 11時20分

2018年6月5日、韓国・ソウル経済によると、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像について、次期ソウル市長選挙の候補者が設置に否定的な見解を表明した。

韓国最大野党「自由韓国党」の金文洙(キム・ムンス)ソウル市長選候補は、外信記者クラブの記者会見で、日本メディアからの質問に対し「慰安婦が生きていた時には、先頭に立って仕えていた」としつつも「亡くなってからもずっと路上に少女像(慰安婦像)を設置し、日本との関係を悪くすることは望ましくない」と述べた。

さらに「路上にたくさんの少女像を設置することは、日韓関係にあまりにも刺激的であるため注意する必要がある」とし、「日韓関係に害を与えるため、それ(慰安婦像の設置)には反対する」と述べた。また「私がソウル市長になったら、誰が日本大使館前に少女像を設置したのか調べた後、会話の席を設け、話を聞いて判断する」と語ったという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「まあ確かに日本は大切な隣国だからな」「金候補の言葉に同意する。国家の安全保障と歴史は分けて考えるべきだ」「そもそもなぜ慰安婦像を設置しないといけないのだ。慰安婦像を設置したからといって慰安婦問題が解決するのか。左翼連中の出世の手段だということにまだ気付かないのか」「どれだけ多くの韓国人が日本を旅行し、日本文化を享有し、日本製品を使っている?日本は明らかに友邦だ。金候補の考えは正しい」など、意外にも金候補の見解に多くの賛同の声が寄せられた。

その一方で「日本がしたことを忘れないためにも、慰安婦像の設置は必要」といった主張や、「このような非常識な考え方を持った候補を選出するわけにはいかない」など、強硬な意見も見られた。


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

0bf6bcf21: たんぽぽ ★2018/06/05(火) 17:19:05.26
レコードチャイナ

2018年6月4日、韓国・ニューシスなどによると、訪日した韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)が、自民党に日韓通貨スワップの再開を建議した。

許昌秀(ホ・チャンス)会長ら全経連代表団は同日、東京を訪問し、経団連の中西宏明会長や榊原定征前会長らと懇談会を行った。両団体は今年10月ごろ、韓国で「第28回 日韓財界会議」を開催することで合意。韓国の若者の日本での就職問題や、未来産業と北東アジア平和時代のビジネス協力問題など、両国間の民間経済協力についても協議したという。

全経連代表団は、同日午後には自民党の二階俊博幹事長と竹下亘総務会長を表敬訪問し、日韓通貨スワップの再開を建議した。また「北朝鮮の経済開放が現実になった際、技術力に優れた日本との協力を活性化させたい」との考えも伝えたという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは
「スワップを政治的に利用する日本とは距離を置くべき」

「李明博(イ・ミョンバク元大統領)時代と同じ。韓国がプライドを捨ててスワップ締結を頼み、結局は日本の望み通りに進む」

「カナダとのスワップも始まったのに、なぜ日本とスワップ再開の話を?」

「国民の意見も聞いてほしい」
など、日韓通貨スワップの再開に否定的な声が寄せられている。一方で
「日本で就職する韓国の若者たちのことを考えると、日本との経済協力は避けられない」との意見や、

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がもたもたしているから、企業人が代わりに動き出した」
と政府に対する不満の声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

4968578i1: 動物園φ ★2018/03/26(月) 07:06:27.78
Record china 配信日時:2018年3月26日(月) 7時0分

2018年3月23日、韓国・世界日報は、南北首脳会談と米朝首脳会談の開催を取り付けた 文在寅(ムン・ジェイン)大統領と韓国政府が、国際社会で「スポットライト」を浴びていると伝えた。

記事によると、現地時間22日、米時事解説誌・ USニューズ&ワールド・レポート は「文大統領、ベトナムとアラブ首長国連邦(UAE)訪問:韓国の信じられない(unlikely)グローバルパワーで」という見出しで、文大統領と韓国が朝鮮半島を超えて国際社会の新たな「ディール・メーカー」として浮上したと報じた。 特に、朝鮮半島の軍事的問題を外交で解決しようと努力していること、非武装地帯(DMZ)に象徴的な橋を架ける努力が進められていることについて「すべて文大統領の功績」と強調したとされる。

米スタンフォード大学・ ウォルター・H・ショレンスティン・アジア太平洋研究センターのシン・ギウク所長は、同メディアに対し「韓国がますます強国として浮上している」と診断、「かつては中国、日本のようなクジラの間に挟まったエビのようだったが、イルカになった」と話したそうだ。実際に、同メディアでは「文大統領の今回の訪問日程は、韓国が同地域で『ハードパワー』と『ソフトパワー』の投資を拡大することに焦点が置かれている」と強調し、「安保と貿易分野で中国に対する依存を歴史的に避けてきた東南アジア諸国と、経済的、外交的関係を強化することにフォーカスを置いている」と伝えたという。

また、文大統領の訪問に盛り込まれた核心的な意図の一つとして「中国が同地域で影響力を拡大する状況において、似たような立場の国と静かに同盟関係を強化すること」とも指摘、「北朝鮮問題で緊張が高まる中、 文大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ米大統領間の米朝首脳会談を仲介し、今後は日中韓3カ国首脳会談を再開しようとしている」と伝えたとのこと。

これを受け、ネットユーザーからは2500件以上のコメントが寄せられるなど注目度が高まっている。
「韓国国民が選んだのだから当然のこと」

「文大統領は歴史に長く残ることでしょう」

「国を救ってくれる私たちの文大統領!これからもファイトです!尊敬しています!」

「文大統領のような素晴らしい人がいるから韓国がグローバルパワーとして認められるようになった」
など、かなり人々の共感を得ているようだ。一方で、何かと物議を醸しているこれまでの政権を皮肉って
「朴槿恵(パク・クネ)大統領の時代は国際的に恥ずかしかった」

「自らの利益のために忙しかった政権では見られなかった光景」

「外交的に後退した李明博(イ・ミョンバク)、 朴槿恵の10年を速いスピードで原点、いやそれ以上に前進させている」
とのコメントも。反対意見はあまり見られず、
「少数の保守勢力は気に食わないだろうな」

「みんな知っていたことなのに、韓国メディアだけが知らないふりをしていた」
などの声がちらほら上がった。(翻訳・編集/松村)

http://www.recordchina.co.jp/b568566-s0-c30.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

bandicam 2014-10-26 10-02-18-7371: たんぽぽ ★2018/03/24(土) 21:09:06.56
「慰安婦は自発的な売春が世界の常識」、韓国人教授の発言が物議=韓国ネット猛反発
レコードチャイナ

2018年3月23日、韓国のマルクス主義経済学派の学者 として知られる韓国人教授が、講義時間に慰安婦やろうそく集会をけなすような発言をしたとして、物議を醸している。韓国・アジア経済が報じた。

同大学の関係者によると、韓神(ハンシン)大学国際経済学科のユン・ソヨン(64)教授は、今月9日の国際経済学科1年の専攻必須科目「経済学概論1」の授業中に、慰安婦問題について「自発的な売春であり、強制連行の主張は捏造(ねつぞう)された歴史であって根拠がない」とし、「慰安婦らは日本軍に自発的に性を提供しており、これが国際社会に通用する常識」と主張したことが分かった。この他にも、ユン教授は数年前からさまざまな講義で同様の主張を繰り返したとされ、自身の発言に反対する学生らの討論の求めを一蹴したりもしたという。

記事によると、これを受けて同大学の総学生会と慰安婦問題関連サークルなどが今月21日にユン教授に対し、直接釈明や謝罪を要求。ユン教授は「発言の趣旨に対する誤解があった。誤った例を挙げてしまったようだ」とし、「慰安婦問題は韓日間の悲しい歴史であり、卑下する意図はなかった」と釈明したそうだ。しかしその一方で謝罪要求を拒否するなど、面談が結論に至ることはなかったという。記事は、「参加した学生らの所属学科を確認して該当科の教授らを非難したばかりか、ろうそく集会を主導した若者世代を集団いじめのようだと批判した」などと伝えている。


これに先立ち、同大学の総学生会は今月18日に公式声明書を発表してユン教授を批判、「慰安婦が反人間的な性犯罪の結果というのは、韓国、中国、ベトナムなど当時の植民地諸国の女性らが証言する事実であり、国連と国際社会が認めた犯罪である」とし、「名誉を毀損(きそん)された被害者と反人倫的歴史観を強要された学生全員に謝罪せよ」と要求したという。

なお、ユン教授は1980年代の運動圏の社会理論の一つである新植民地国家独占資本主義論(独占強化従属深化テーゼ)を築いた人物で、国内講壇左派の巨頭として挙げられる。

ネット上では
「非常識すぎて言葉にならない」

「こんな人が著名な教授として教壇に立っているなんて…先が見えない。学校側としても措置を取るべき」

「こんな教授から学生たちは何を学ぶの?」

「韓神大の学生だけど、同じ大学にこんな教授がいるなんて腹立たしい。元慰安婦のおばあさん、本当に申し訳ありません」
など、相当頭にきているようだ。

日本との関係性を疑って
「日本の主張そのままじゃん?まさか日本からお金をもらったとか?」

「日本から留学資金をもらって日本の思想を受け入れる人が多いというけど、この教授もその一部なのだろう」
と指摘するコメントも。

一方、「正当な反対意見を抹殺したら、健全な民主主義国家になれない」と警鐘を鳴らすユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)

http://news.livedoor.com/article/detail/14479996/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

png1: たんぽぽ ★ 2018/03/23(金) 19:37:53.23
レコードチャイナ

2018年3月23日、米国は同日に発効する「鉄鋼・アルミニウム輸入関税」に関連した交渉が継続する間、韓国や欧州連合(EU)、その他一部の国への課税を猶予することにしたが、日本はこれに含まれなかった。韓国・聯合ニュースが伝えた。

韓国産業通商資源部によると、米国はカナダ、メキシコ、オーストラリア、アルゼンチン、ブラジル、韓国と欧州連合(EU)の関税を一時停止(pause)することにした。米国は4月末まで、これらの国との関税免除交渉を継続する予定だという。

カナダとメキシコについて、米国は「現在、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を進めているが、早期に公正な結果が得られれば、この2国を課税対象から免除する」としている。さらに、ロバート・ライトハイザー米国通商代表は21日(現地時間)、米下院歳入委員会で「私たちは、米韓FTAを改正する手続中であるため、韓国も似たような状況」と語った。

EUに関して聯合ニュースは、「米国は中国を世界貿易機関(WTO)に提訴するが、EUに協力を求めるなど、中国との貿易戦争に参加する同盟を確保する狙いがあることが分かった」と指摘。さらにオーストラリアに関しては、「米国の伝統的な友好国であり、対米鉄鋼輸出の規模は大きくない」と分析した。

米国が関税を猶予すると明らかにした国に同盟国の日本が含まれていないことに関しては、「まだ交渉が進んでいなかったため」とする分析が出ているという。専門家は「日本は急いで(協定を)取り交わしたり、交渉をすぐに終了させるスタイルではない。しかし、間違いなく交渉をしているだろう」と述べているという。

記事は「日本は米国の主要な友好国である上、中国を相手にした貿易戦争に必要な国であるため、最終的には免除する可能性が高い」とする観測が出ていることも併せて紹介した。

韓国のネットユーザーからは、
「ジャパン・パッシング(無視)か?」

「日本は(いずれ)除外されるに決まっている。日本が米国に貢いだ金がどれだけ多いか」

「厳しい交渉条件を突きつけられているんだろう」

「日本はしつこいからな」

「日本の鉄鋼輸出量はそんなに多くなかったはずだが…。課税対象になっても大した影響はないだろう」
など、日本が課税猶予国に含まれていなかったことに多くの関心の声が寄せられた。

また、
「交渉おつかれさまでした」

「よくやった」

「さすが文在寅(ムン・ジェイン)大統領だ」
など、自国の政権を評価する意見がみられた。(翻訳・編集/三田)

http://www.recordchina.co.jp/b585133-s0-c10.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 荒波φ ★ 2018/03/23(金) 09:39:02.49
2018年3月23日(金) 6時50分

2018年3月22日、韓国日報によると、ドイツの航空会社が荷物を紛失した韓国とカナダの選手に異なる対応をしていたことが分かり、韓国のネット上で非難の声が相次いでいる。

記事によると、韓国の甘強燦(カム・ガンチャン)選手は19日、フィギュアスケートの世界選手権に出場するためドイツの航空会社を利用してイタリア・ミラノへ出発した。

しかしイタリア到着後、甘選手は自身の手荷物が到着していないことを知り、同社の公式ツイッターのアカウントをタグ付けして「僕の荷物を探してほしい」と訴えるツイートをしたという。

これに対し、同社は「書類にある電話番号に連絡してほしい」としたが、甘選手はさらに「当該番号を含む2つの番号に電話したが、つながらなかったので別の番号を教えてほしい」と書き込んだ。

しかし同社からは「別の番号は教えられない」との回答が返ってきたという。手荷物を受け取れなかった甘選手は予定通りに練習を開始できず、急いで新たなスケート靴を購入してトレーニングに入ったとのこと。

これをめぐり、韓国のネット上では非難の声が上がっているというが、その理由について記事は「同社が同じ状況に遭ったカナダのフィギュア選手に対しては積極的な問題解決の意思を示していたため」と伝えている。

カナダのメーガン・デュハメル選手は20日、甘選手と同じく同社の公式ツイッターに手荷物の紛失に関するツイートを残した。すると同社は「あなたの気持ちを察する」とした上で「航空便についての詳しい情報が分かれば、それを職員に伝える」と回答したとのこと。

韓国のネットユーザーからは
「人種差別だ。本当に腹が立つ」

「信じられない。試合を控えた選手にそんな対応をするなんて!」

「アジア人をばかにしている。先進国の対応とは思えない」
など航空会社に批判的なコメントが数多く寄せられている。また、
「こういう問題は(フィギュアスケート)協会が対応するべきでは?」

「韓国の協会は英語ができない。問題を認知できないし、規定を知らないから抗議もできない」

「正式に損害賠償を請求しよう」
と訴える声も。その他、
「韓国の国格が大きく下がったことを実感する」

「いつも韓国人は世界中のカモだ」
などと落胆する声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b584928-s0-c50.html
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/03/20(火) 12:24:39.58
2018年3月20日(火) 6時20分

2018年3月19日、韓国・中央日報によると、ハリウッド映画「ブラックパンサー」の撮影を記念してウォルト・ディズニー社が韓国の釜山に設置したブラックパンサーの彫像が、何者かに壊され、撤去された。

記事によると、釜山映像委員会は18日、「釜山中区光復路に設置したブラックパンサーの彫像が16日夜から17日朝の間に破損された」と明らかにした。

彫像は土台から落ちて地面に転がっている状態で市民に発見されたという。片方の足首は完全に折れ、「見るも無残な状態」だったという。ウォルト・ディズニーは釜山で映画を撮影したことを記念し、先月の公開を前に同彫像を設置していた。

db007528-e4a6-41f2-867d-a30294928ecb

bandicam 2018-03-20 14-16-34-586

f12de60d-d0d9-4a28-993b-8bb2c413a74f

同委員会関係者は「設置から数日後に足の爪の部分が破損される事件があったが、約1カ月で完全に折られるという恥ずかしい事件が起きた」とし、「酔っ払いの犯行ではないかと予想している。ウォルト・ディズニーと協議した上で捜査の依頼や法的措置を決定する」と述べた。

韓国のネット上では壊された彫像の写真が急速に広まっており、ネットユーザーからは
「残念だ」

「市民意識のレベルが低い」

「国民性の先進化にはあと100年はかかる」

「今後、韓国で撮影しようと考える映画会社は現れないだろう」
などと嘆く声が上がっている。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/03/19(月) 17:33:46.97
2018年3月19日(月) 17時20分 レコードチャイナ

2018年3月18日、韓国・ノーカットニュースは「バドミントン界で最も権威のある全英オープンで致命的なミスがあった」と報じた。

記事は「韓国バトミントン男子シングルスの看板選手であるソン・ワンホが世界で最も権威ある全英オープンで3位になったが、電光掲示板で選手を紹介する際に日本の国旗が使われる悲しいハプニングが起こった」と伝えている。

AKR20180318017500007_01_i

記事によると、ソン選手は17日、英国で行われた2018全英オープンバドミントン選手権大会男子シングルスの準決勝に挑んだ。しかしソン選手が入場する際、電光掲示板には韓国の国旗ではなく、日本の国旗が映し出されたという。

これについて、記事は「日本と韓国の特殊な関係を考えると、単純なミスで片付けられない状況だった」と指摘。

ソン選手について「現在は世界ランキング3位、昨年は1位を記録したほどトップクラスの実力を備えている」と説明した上で、「国際舞台で有名な選手であるため、国籍を間違えることは理解しがたい。世界で最も権威ある大会でのミスということがさらに残念」と伝えている。

電光掲示板に背を向けていたソン選手は気付かなかったとみられ、また競技後には掲示板に謝罪文も掲載されたというが、記事は「それにしても深刻なミス」と主張している。なおソン選手は同試合で中国選手に敗れ、決勝進出を逃した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは
「基本がなっていない」

「たとえ無名の選手でも許されない。本当に腹が立つ」

「英国は紳士の国というが、自国のことしか頭になく他国のことには無関心」

「自国に対するプライドの高さは英国が世界一。アジアやアフリカのことは国として扱ってくれない」

「ソン選手も見たかもしれない。スポーツの試合で精神面はとても大事なのに!」
など批判的な声が数多く上がっている。

また
「彼はとても有名な選手。ミスではなくわざとでは?」

「常識的に考えて単純なミスではない。故意にソン選手を侮辱したんだ」

「スポーツを政治に利用してはならない。韓国の担当者がすぐに抗議して試合を中断させるべきだった」
と主張する声も。

一方で「職員のミスだろうし、謝罪文まで掲載されたのになぜそこまで批判する?」と擁護する声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b583537-s0-c50.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ