1:ななしさん
「繊細さでは日本代表が上だと素直に認めていましたよ」

 そう語るのは中国・杭州で開催されたアジア大会の男子サッカーで朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)代表コーチとして帯同した在日コリアンの申載南(シン・ジェナム)・朝鮮大学校サッカー部監督だ。

 今大会、U-24北朝鮮代表は、グループリーグを1位で突破し、準々決勝で日本代表と対戦。1点をリードされながらも後半に追いついたが、PKを奪われて失点し、1-2で敗れた。試合内容では、積極的なプレスとフィジカルで日本を苦しめたが、最後の審判への抗議が日本メディアで大きくクローズアップされてしまった。

 ただ、違和感があったのが「切り取られた」報道だ。ラフプレーと最後の審判への抗議ですべてを台無しにしてしまったチームに非があるのは確かだが、“北朝鮮なら何を言ってもいい”という揚げ足を取る集中的な報道は、少し異常とも感じられた。当事者の声を拾うメディアも皆無だった。


gwewgee

 そこで今大会にコーチとして帯同した申監督に、4年ぶりの国際大会出場となった北朝鮮代表の実力、そして今回の騒動の“真実”について語ってもらった。

以下略
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/74c7f8bd6303dcc4e88e805e7e8c10cfab3efd1f




7:ななしさん
>>1
在日のスポーツライターかよ
批判されないプレーをすれば良いだけだろ

2:ななしさん
チョッ○リには何をやってもいい、が朝鮮人の本心

5:ななしさん
たしかにひるおびとかゴゴスマとかその他各番組も大喜びで叩きまくってたな

8:ななしさん
× 北叩きが異常
〇 北の奇行が異常

14:ななしさん
北キムチが普通のプレーしてから言え

16:ななしさん
世界中で批判されただろ

17:ななしさん
キャベツニラ

29:ななしさん
ひるおびはネトウヨ