s-c304bbad




1:ななしさん 2024/04/05(金) 10:41:27.25
西洋文明の風が東アジアに吹いて大きな波を起こしてからすでに1世紀半が過ぎた。天地が開闢して生活様式が変わった。新しい文明の海で浮き沈みがあった東アジア3カ国は、時差があったものの文明の波に乗って今日に至った。それぞれ堂々とした姿で文明国に到達した。

押し寄せる激しい風を正面から受けて先進の旗を翻したのは日本だった。日本は新文明に接した後、旧体制を一新して新しい国家を建設していった。その過程で頭角を現したのが福沢諭吉だった。啓蒙思想家だった福沢諭吉は1885年3月16日付の時事新報に掲載した「脱亜論」というコラムで新文明に向かって先頭に立つ日本の決断を注文した。

また「旧習」から抜け出せない隣国の朝鮮を遺憾を感じたように、日本が朝鮮と共に進むためこれ以上は待てないという論理を展開した。そして荷物になると考えた「長い友」を捨てた。捨てながら彼は「友人」の姿を蔑んで歪曲した。その後、彼の主張に従う後えいは朝鮮の歴史と正体性まで否定した。 (略)

私は1月、新しい世の中に対応するために歴史問題をめぐる韓日両国の立場と見解を調整・仲裁しながら妥協を作っていく主体として和解委員会を提示した。和解委員会の任務は2つだ。一つは政治的和解の時代を終えること、もう一つは社会的和解の時代を開くことだ。天皇の訪韓と韓日新条約を企画し、歴史問題の小波を管理すると同時に、被害者の傷を治癒して記憶の事業を推進することが前者の任務だ。後者は社会的和解レベルで堂々たる文明国である韓国市民と日本市民が交流・協力を実現する機会の場を作ることだ。

もちろんこうした交流と協力は政治的和解の時代にもあった。それ自体は新しいものでなく、今まで浮き沈みを繰り返す歴史和解の過程で大小の役割をしてきたのも事実だ。では、いかなる違いがあって政治的和解の時代から社会的和解の時代に移行するべきということなのか。昨年実現したシャトル外交の復元は尹錫悦政権が断行した政治的和解措置の一つだった。今年も両国首脳の和解の意志を固め、その結実に向けた努力を見せる必要がある。日本の民間放送は先月14日、「岸田首相が3月20日にソウル高尺(コチョク)ドームで開催される米プロ野球メジャーリーグ開幕戦を参観し、(韓日)首脳会談を行うことを検討している」と報じた。これは岸田首相の政治的意図がある訪韓企画とみられた。岸田首相が4月の総選挙に臨む尹大統領を支援すると同時に、日本国内で自身の支持率を高めることができる機会にしようとした可能性があるからだ。このイベントが実現すれば政治的和解を主導する「2人の主役」にフォーカスが合わされただろう。岸田首相の訪韓は不発に終わったが、政治が抜けたそこでLAドジャース所属の大谷翔平選手が新しい和解の風を起こした。

◆大谷が起こした和解の風


大谷は昨年、LAドジャースと1000億円を超える契約を結んだ。これは世界プロスポーツ史上最高額であり、広告など付加的な収入も100億円を超えると推定される。彼のソウル訪問に同行して世間に知られた配偶者が見せた謙虚な姿も韓国ファンの関心を集めた。韓国人が熱狂したのは彼が普段から見せてきた韓国に対する愛情も作用したはずだ。彼はインスタグラムのアカウントに「韓国は最も好きな国の一つ」というコメントを載せた。韓国ファンは仁川(インチョン)空港で、高尺(コチョク)ドームで「日本人大谷」を歓迎した。韓国人と日本人が互いに相手が好きだと公開的に表現して交流し、その言葉がメディアに乗って社会に広がる時代になった。「大谷現象」が韓国社会に及ぼした影響は、両国首脳の政治的イベントよりもはるかに深くて大きかった。「時代の移行」を見せる場面だった。

私はここから暗い過去を背負って重い責任の荷重に耐えて進めてきた政治的和解の時代が終わりつつあることを確認した。そして実力と謙遜という普遍的価値を認め、一般の人たちが相手が好きという原初的感情を素直に表す姿に、明るい未来に向かって前進する社会的和解の時代の開幕を感じた。和解委員会の任務は今後、社会的和解の網をきめ細かくしていくことだ。

日本は我々と遠い過去から付き合ってきた。西洋文明が東アジアに伝わった時、新文明に心酔した福沢は我々を「悪友」として拒否した。その後えいは我々に悪行を加え、深い傷を与えた。しかしいま東アジアにまた文明の風が起こり、デジタル革命の時代が開かれている。私は心の底から日本を包容する。「善友」の関係になって韓日共同体に向かって共に進んでいこう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9b51aca2b3cc02add46e8bd027b731cd130ad4e6

2:ななしさん
お断りします

6:ななしさん
またこの手の記事か

韓国紙「韓国と日本は良き隣人となり共に勝者になる旅に出よう。時間はあまりない」

9:ななしさん
鳩山「心の友よ」

17:ななしさん
お断りどす