b11dc8aa0bb5cbe56f60d72f0cfbfa6d


1:ななしさん 2024/04/25(木) 06:30:51.65
2024.04.24 

『朝鮮日報』が「日本からの泥棒行為」を讃える記事を出しています。

記事自体は、「韓国はFTAを推進して20年、貿易額が日本のすぐ近くに迫っている」という内容で、この主張自体もばかな話なのですが、日本からパクって危機を脱したという部分があります。

以下に該当部分を引きます。
2004年、韓国初のFTA(自由貿易協定)である韓-チリFTAが発効した当時、ブドウは「熱いジャガイモ」だった。

国内5大消費果物であるブドウが関税撤廃対象に含まれると、ブドウ栽培農家からは「もう終わりだ」という声が上がった。

2003年に37万6,000tだったブドウ生産量は、チリ産ブドウが国内市場に押し寄せ、2006年には33万tに減少した。

しかし、このままでは終わらなかった。2006年、私たちの農家は日本から「シャインマスカット」の苗木を輸入して改良を開始し、2017年に中国を皮切りに輸出に乗り出した。

2010年188万ドル(約26億ウォン)のブドウ輸出は、昨年24倍の4,469万ドルまで膨らんだ。 (後略)

https://www.chosun.com/economy/industry-company/2024/04/24/UPSDUHC5ZJHSVPO6B5LRQZ73KE/

日本の農家の皆さんが33年もかけて生み出した「シャインマスカット」を、輸入して改良した――などと述べています。

韓国がパクった――というのが事実です。

『JB PRESS』は以下のように書いています。
加えて、韓国メディアは「最初に品種開発したのは日本だったが栽培技術が難しく、日本が品種登録をあきらめたところを、韓国が栽培と品質管理技術を確立させた」と嘘の情報を自国に垂れ流し、開き直っているからなおさら黙っていられない。

FNNプライムオンラインが韓国の農家を取材した時には、「日本側から見れば、盗み出したと考えるだろう。日本の農業は韓国の先を行っている。先進国の立場で大目に見て欲しい」と悪びれる様子もなかった。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72117

韓国人、韓国メディアは「韓国人には危機を乗り越えるDNAが備わっている」とよくいいます。こういうばかな主張が選民思想につながったり、外国の人を貶める発言につながったりするのでしょうが、そのDNAとやらは「日本からパクって難を逃れる」というものなのでしょうか。

日本の農家の皆さん、企業の皆さんは、決して韓国に何かを恵んではいけません。仏心を起こしても全くの無駄です。感謝もされないですし、自分たちが開発したと主張するだけですから。

吉田ハンチング@dcp
https://money1.jp/archives/126255

2:ななしさん
<丶`∀´> ホルホル

3:ななしさん
泥棒民族

5:ななしさん
誇らしいニダ