index





1:ななしさん 2024/07/09(火) 17:59:21.66
現代(ヒョンデ)自動車がアメリカで電気自動車の販売台数を不正に操作したとして訴えられた。ディーラーと共謀して販売数を人為的に増やし、この行為に加担しない場合は不利益を与えたという。

現代自動車グループチョン・ウィソン会長の「電気自動車へのオールイン戦略」の実績のため、無理をした可能性と、現代自動車と契約解除訴訟中のディーラー社からの反撃である可能性が同時に提起されている。

ロイター通信などの海外メディアが9日に報道したところによると、Napleton Aurora Importsを含む現代自動車ディーラー連合が、最近イリノイ州北部地方裁判所に現代自動車アメリカ販売法人(HMA)を相手取り訴訟を起こしたとのことだ。

HMA側がディーラーに対して「レンタル(loaner)」コードを操作し、レンタル車を販売車としてコーディングし、電気自動車の販売実績を水増しするように圧力をかけたという。訴訟の番号はNo. 1:24-cv-05668。
原告側は、訴状で「HMAの指示に従って販売実績操作に加担したディーラー社は、レンタル車が実際に販売される場合、コードを撤回する手法で、人為的に販売数を操作した」と主張し、「その代わりに車両供給価格の割引や人気モデルの割当量拡大、インセンティブなどの特典を提供していた」と主張した。

また、「しかし、このような行為に加担しなかったディーラー社には不利益を与えた」とし、「これまでの売上や収益などを考慮し、損失が補える損害賠償金を支払うべきである」と付け加えた。

なお、原告側は、この主張を裏付ける録音ファイルも提出した。

録音ファイルには、現代自動車の営業管理者の電話内容が収録されている。営業マネージャーの電話内容では「私たちは、メディアと韓国の人々のために数字を作らなければならない」と話している。

今回の訴訟内容は、HMAがロビンソン・パットマン法を違反しているかが要点である。ロビンソン・パットマン法は、メーカーがすべての購入者に平等な価格で商品を提供しなければならないと定めた連邦法である。例えば、コカ・コーラやペプシが大手小売業者に、より安い価格で商品を供給する行為が、法律違反に当たるとのことだ。

HMAはすぐに対応に取り掛かった。

今回訴訟の申立てについて公式発表を行い、直ちに調査に着手した。HMAは「販売データを操作した行為は黙認しない」と強調し、「セクハラの疑いがあるNapleton系列のディーラー2社を閉鎖するため、フロリダで訴訟を進めていた」と明かした。

Napletonは、この訴訟を主導しているディーラー社の一つである。この訴訟が反撃戦略である可能性を示していると解釈される。

Napletonは、2016年にクライスラーに対しても、販売数の操作に関する訴訟を申立てたことがある。当該の訴訟は、3年後の2019年にクライスラーとの和解で終わり、和解の条件は公開されていない。

https://www.kangnamtimes.com/ja/report/article/79237/

2:ななしさん
誇らしいニダ

4:ななしさん
捏造の国

7:ななしさん
モルゲッソヨ

8:ななしさん
バレたニダ

10:ななしさん
南朝鮮オワタ\(^o^)/